漫画の地球儀

Chromeの新しいタブをカスタマイズする方法!【拡張機能、ダウンロード、アクティブ、現在の時刻】

スポンサーリンク

Chromeで新しいタブの設定をカスタマイズするには

f:id:rick1208:20200324214453p:plain
Google Chromeで新しいタブを起動したとき、デフォルトではGoogleの検索欄のあるページが開きます。検索欄の下には最近よく開いているベージの一覧が表示されているはずです。

こうした機能性の高いトップページは確かに便利ですが、新しいタブをもっと自分自身の使用に合わせてカスタマイズできた方がより便利な場合もあると思います。

効率的なインターネット作業を考えるとき、どういう環境が自分自身にとって最も望ましい環境か、条件を良く吟味して絞り込んでみましょう。ただ単に機能性が高いことが自分自身のニーズに合っているとは限らないことが良く分かるはずです。

自分自身の見ることページの履歴が表示されるトップページが、自分自身のニーズに合っていないと感じたら、設定の変更を試みるのが賢明です。

変更の方法はたくさん用意されていますが、Google Chromeの場合は拡張機能を使用するのが良いと思います。

Google Chrome拡張機能は、Chrome ウェブストアからダウンロード可能です。無料でダウンロード可能な有用な拡張機能が揃っています。

新規タブの設定変更は、可能なだけ多くのシチュエーションをフォロー可能な条件で設定しましょう。あまりこりすぎるとかえって不便な結果になってしまいます。

ここでは、Google Chromeの新しいタブで開くページをカスタマイズ可能な拡張機能、方法を解説します。拡張機能をダウンロードすることで、自分自身のニーズに合わせて新規ページを表示可能です。

拡張機能New Tab Redirectが便利

f:id:rick1208:20200324214646p:plain
まず、初めに解説する拡張機能は「New Tab Redirect」です。Google Chrome拡張機能「New Tab Redirect」を使えば、Google Chromeの新しいタブで開くページを自分自身好みに変更可能です。

新しいタブで開くページの設定を、自分自身好みの特定のページに変更すると、パソコンワークがスムーズになります。例えば、仕事で良く使う特定のページを設定しておけば、新しいタブを作るだけですぐに仕事にとりかかれます。

デフォルトの設定では、新しいタブを起動させた後に「ページを指定する」作業が必要ですが、自分自身の指定した特定ページが初めから開いていれば、「ページを指定する」作業が省略可能なので効率的です。

ツイッターでの口コミ

ツイッターの口コミにも、この拡張機能「New Tab Redirect」が話題にされていることがあり、「新規タブはNew Tab Redirectで好きなページを設定している」というツイートが挙がっています。

Google Chromeで1回見たページをもう1回チェックしたいときには、履歴をチェックして見ると、、、

Chromeで新しいタブをNew Tab Redirectに設定

f:id:rick1208:20200324214515p:plain

Google Chrome拡張機能「New Tab Redirect」を利用して、新しいタブのページを特定ページに変更する方法を説明します。

Google Chromeウェブストアを開く

f:id:rick1208:20200324214704p:plain
まず、Chromeの新規ページの画面右上にある「アプリのアイコン」を押します。

変わった画面で「ウェブストア」を押します。

Chromeウェブストアの画面が表示されるので、検索枠で「New Tab Redirect」を検索します。

「New Tab Redirect」が検索で表示されたら、ページを開いて画面右にある「Chromeに追加」を押してダウンロードします。

拡張機能追加のチェックウインドウが開くので、「拡張機能を追加」を押します。

拡張機能が追加されると、英語の仕様説明が表示されます。これでダウンロード終了です。

新規のタブを起動


新規のタブを起動すると、デフォルトで「New Tab Redirect」のオリジナルページが設定されています。自分自身で特定のページに変更するには画面右上の「三点マーク」を押します。

開いたウインドウから「その他のツール」→「拡張機能」を押します。

拡張機能設定のページが開くので、「New Tab Redirect」を探して「詳細」を押します。

次の画面で「拡張機能のオプション」を押します。

URLを記入する画面が表示されます。新規タブのページに指定するページのURLを記入して「Save」を押します。ここではテストで「chrome アプリストア」のサイトを記入してみます。

URLが保存されると「Options saved!」というメッセージが画面右上に表示されます。

新規タブを起動すると、先ほど変更した「chrome アプリストア」のページが表示されます。

Chromeで新しいタブを空白ページで表示する設定

f:id:rick1208:20200324214724p:plain

Google Chromeで、新規タブを空白ページで表示するように変更することも可能です。拡張機能「Empty New Tab Page」をGoogle Chromeにダウンロードすれば、新規タブのページが空白の状態で表示されます。

Empty New Tab Page


拡張機能「Empty New Tab Page」も同様に、Chromeウェブストアで検索してダウンロードページを開きます。「Chromeに追加」を押します。

拡張機能追加のチェックウインドウが開くので、「拡張機能を追加」を押します。これでダウンロード終了です。

新規タブを起動すると空白のページが表示されます。ページ機能としては無効化されています。

新規タブのページが空白のページであれば、個人情報の漏洩防止にもなります。他人が一時的に自分自身のパソコンを使うことがあった場合、特定のページを新規タブのページに設定していると、普段自分自身が使用しているページを他人に知られる可能性もあります。新規タブのページが空白であれば、そうしたリスクも回避可能です。

デフォルトのGoogleのトップページでは、画面下方に見ることサイトの履歴アイコンが表示されます。これもある意味、個人情報です。空白のページを新規タブのページに設定しておけば、他人が偶然横から自分自身のデスクトップをのぞき込むことがあっても、空白ページなので履歴が他人の目にさわることはありません。

セミナー会場などの沢山の聴衆がいる前で、パソコンの画面をプロジェクターでスクリーンに映し出してパフォーマンスするときなどは、特にこうした配慮が必要と思います。

公演中は新規タブは起動させないように気を付けていたとしても、普段とは異なるシチュエーションなのでケアレスミスも起こりやすいはずです。


うっかり新規タブを起動させてしまい、自分自身がプライベートで見ることしているサイトのアイコンが、聴衆にさらされる可能性もあります。

同じことは、Skypeなどのインターネットを介したビデオ通話にもいえます。

パソコンを使ったアクティブなコミュニケーションのときは、いつでも新規のタブを起動させる可能性はあるので、そういうときこそ空白ページに設定しておく意味はあります。

また、新規タブの起動時にいつも特定のページが表示されるのが、煩わしいと感じる人もいるかもしれません。

新規タブは空白の方がかえって煩わしくなくて良い、という人にはぴったりの拡張機能です。


新規タブのページが空白ページであるとさみしい印象もありますが、空白である分、起動時にメモリを消費しないので通常よりも早く新規タブが起動します。

検索はアドレスバーを使用すると割り切ってしまえば、新規タブの起動が早いという利点で、空白ページを設定する意味はあります。

Chromeで新しいタブを自動的にアクティブにする設定

Google Chromeでリンク先を新規タブで開くとき、ページがアクティブ(前面)にならないという現状があります。


バックグラウンド処理されるので、いつも自分自身でページを切り替えるというひと手間がいります。

しかし、こうした状況もGoogle Chrome拡張機能を使えば、リンクページが自動的にアクティブ(前面)になるように変更可能です。

Tabs to the Front

拡張機能「Tabs to the Front」を使います。ダウンロード手順は他の拡張機能と同様に、Chromeウェブストアで検索してダウンロードページを開きます。「Chromeに追加」を押します。

拡張機能追加のチェックウインドウが開くので、「拡張機能を追加」を押します。これでダウンロード終了です。

拡張機能をダウンロードすることで、既に機能しているので特に設定することはありません。

リンク先を新規タブで開けば、ページがアクティブ(前面)で表示されます。

Chromeで新しいタブに現在の時刻などを表示する設定

拡張機能を利用して、Google Chromeで新規タブを起動したときに、現在の時刻などを表示するページが開くように変更することも可能です。拡張機能「Currently」を使います。

拡張機能「Currently」を使うと、新しいタブに時刻・日付・天気・気温が表示されます。


日々パソコンで仕事する中で、新規タブを起動したときに大きい画面で時刻や天気予報が表示されると、ちょっとした気分転換になるかもしれません。

Currently

拡張機能「Currently」のダウンロード手順は他の拡張機能と同様に、Chromeウェブストアで検索してダウンロードページを開きます。ページを開いたら「Chromeに追加」を押します。

拡張機能追加のチェックウインドウが開くので、「拡張機能を追加」を押します。これでダウンロード終了です。

新規タブを起動すると開いたページにオープニングの画面が表示されるので「OKAY,GOT IT」を押します(次回以降は表示されません)。

新規タブのページに時刻・日付・天気・気温が表示されます。気温は華氏(°F)表示です(アメリカで利用されている温度表記です)。

画面左上の「三マーク」をクリックすると、画面の背景色や文字色を変更可能です。

設定画面では右側のメニューでカラーテーマを選び、メニューの隣の欄で「Text Color」(文字色)「Background Color」(背景色)を変更可能です。

カラーテーマは無料と有料があるのでよくチェックしましょう。

また、同じ画面で上方にあるメニューバーから「Options」を選ぶと、各種設定が行えます。表示時間を12時間表示か24時間表示か選べ、表示言語も選べます。日本語に変更することも可能です。温度も日本人になじみのある摂氏(℃)に変更することも可能です。

画面左上のロゴマークをクリックすると、より詳細な天気・温度が分かる画面が開きます。

英語表記ですが、時間ごと・10日ごとの天気や、天気のカレンダー表記も見ることが可能です。

Chromeで新しいタブを表示しないようにする設定

Google Chromeを起動したときに開くページを、新規タブ以外のページに変更する方法を説明します。前回開いていたページが起動するように設定するか、今開いているページの中から特定のページを指定して設定可能です。

Chrome起動時に新しいタブページを表示しない

f:id:rick1208:20200324214748p:plain
Google Chrome画面右上の三点マークを押し、開いたウインドウから「設定」を押します。

開いた設定画面を下にスクロールすると「起動時」の項目があります。デフォルトは「新しいタブページを開く」に設定されています。これを「前回開いていたページ」もしくは「特定のページあるいはページセットを開く」に切り替えます。

中断した箇所から続ける場合は「前回開いていたページ」をオンにします。

特定の1つのページあるいは複数のページを開く場合は、「特定のページあるいはページセットを開く」をオンにします。下の行に「新しいページを追加」と「現在のページを使用」の選択肢が表示されます。

「新しいページを追加」を選択すると、起動時に開くページのURLを指定可能です。

URL記入のポップアップが表示されるので、自分自身が指定するURLを記入して「追加」を押します。

「現在のページを使用」を選択すると、今開いているページから設定可能です。

「現在のページを使用」の行をクリックすると、今開いているページの一覧が表示されます。次回からこの一覧で表示されているページが起動時に立ち上がります。

ページの一覧を編集する場合は、行の右端の「三点マーク」を押します。「編集」「消去」のポップアップが表示されます。「編集」をクリックするとURLを編集可能です。「消去」をクリックすると一覧から消去可能です。

Chromeで新しいタブの設定をカスタマイズしてみよう


Google Chromeの新規タブのページをカスタマイズしてみましょう。

事でいつも利用している鉄板のページを設定したり、時間が表示されたページに変更したり、選択は色々です。

空白のページに設定するやり方も新規タブの起動が早くてお勧めです。新規タブのページ設定が、スムーズなパソコンワークをサポートします。