漫画の地球儀

Googleフライトの使い方!【航空券、予約、検索、チケット、オンライン旅行代理店、費用】

スポンサーリンク

Googleフライト

f:id:rick1208:20200408211150p:plain
Googleといえば、検索エンジンGoogleマップGoogle翻訳など何かと便利なインターネット関連のサービスや製品を提供するアメリカの会社ですが、2011年に航空券の検索サービスが開始されましたのがGoogleフライトです。

短時間で航空券を検索可能

f:id:rick1208:20200408211205p:plain
Googleフライトを使うと、希望通りの航空券を短時間で検索することが可能です。なぜならGoogleと提携している航空会社やオンライン旅行代理店は300社以上にのぼるため、あっちのサイト、こっちのサイトと探し回る必要がないからです。

また、検索方法も空港のコードを調べて記入する必要がなく、片道・往復・複数都市の検索、カレンダーと費用グラフを利用しての費用検索、航空会社・経由地の数・座席クラスによる絞り込み検索も可能です。

Googleフライトの使用方法

f:id:rick1208:20200408211228p:plain
では実ときにGoogleフライトの使用方法を説明していきます。Googleフライトは下記リンクからサイトにアクセスして下さい。

Google フライトでは、格安フライトを数秒で見つけたり、目的地を地図で指定したり、 費用のアラートを設定したり可能です。

飛行機のフライトを検索する方法

f:id:rick1208:20200408211247p:plain
Googleフライトは他の航空券検索サイトと比較した場合、航空券検索サイトに不慣れな人でも迷わず操作可能なシンプルな作りで使用方法も簡単です。

Googleフライトはサイトを開いた最初の画面がすぐに飛行機のフライト検索の画面になっています。赤枠のとおり、「往復」「大人1名」「エコノミークラス」がデフォルトの設定になっていますが、それぞれクリックするだけで希望の条件に変更可能です。

次はフライトの出発地と目的地、そして往路の出発日と復路の到着日の選択になります。例として、東京↔香港間の飛行機のフライトを検索してみます。

出発地の箇所でクリックすると「出発地を記入」と表示されます。他のサイトでは通常羽田なのか成田なのか選択が必要な場合が多いですが、Googleフライトでは「東京」と記入すると、Google検索のように検索結果が下に表示されます。

ここでも本来ならば「羽田空港」か「成田空港」のどっちかを指定しますが、羽田でも成田でもどっちでも構わない、という場合の操作方法を解説します。

「+」をクリックすると□が表示され空港の選択が可能なようになります。ここで羽田空港と成田国とき空港のどっちにもクリックで✔を入れ、右上の「✔」を押します。そうすると、出発地の設定が「東京都 HND NRT」となりました。HND羽田空港、NRT=成田国とき空港の空港コードです。

続いて目的地の指定をします。「目的地を記入」に「香港」と記入するとGoogleの検索結果が表示されます。

香港は空港が一つなので、検索結果も「香港国とき空港」のみが表示されましたが、もし日本のように空港がいくつもある場合、目的地に「日本」とだけ記入すると日本にある空港すべてが検索結果として表示されます。東京都のみ、大阪府のみ、福岡のみなどエリアから選択することも可能です。

次に出発日と復路の到着日を設定します。日付のあたりをクリックするとカレンダーが開きますのでまず出発日を押します。そうすると自動で復路の到着日の指定に移動しますので、往路の日付を押し、カレンダー右下にある「終了」を押します。

これで飛行機のフライト検索のための基本的な条件設定は終わりです。

設定した飛行機のフライト条件に従って、まず最初は往路のフライト検索結果が表示されます。先頭に「おススメの往路便」が表示されます。

おススメ以外の飛行機のフライト検索結果はおススメの下に表示されているので下スクロールでチェック可能です。

検索結果が沢山表示されるのは選択肢も多くなって良いことですが、それぞれの飛行機のフライトの詳細を1つずつチェックしていくのはとても大変です。そこで是非活用したいのがフィルター機能です。Googleフライトのフィルターは上画像の赤枠の箇所にあります。

Googleフライト検索結果のフィルターは全部で7つ用意されています。左から順に説明していきます。まず「手荷物」では、安い航空券の落とし穴である手荷物制限についてのフィルター、「経由地数」は直行便から経由地2か所までを指定してフィルターがかけられます。そして「航空会社」はアライアンスのみの指定から、各航空会社まで細かく指定してフィルターをかけることが可能です。

続いてのフィルターは「費用」です。予算内の範囲で航空券を検索するのにとても役立ちます。「時刻」では往路・復路あわせて離着陸の時間帯をフィルター設定可能なようになっています。「乗継地」では乗り継ぎ地の指定以外にも、乗り継ぎ地での待ち時間まで指定可能です。

最後の「その他」では飛行時間と複数チケットの設定です。複数チケットとは、往復が同一の航空会社ではないことです。往復バラバラで航空券を買った方が安くなる場合があります。この往復の航空会社が違っても良い場合は「複数チケット」を選びます。

「複数チケットを表示する」を選び、実ときに検索条件に該当する飛行機のフライトがあった場合は、上のように赤字で「複数チケット」と表示されます。

飛行機のフライトを検索するときの優先順位は費用なのか、出発・到着時刻なのかは人それぞれ違います。そこで並べ替えを使えばより自分自身の条件に沿った飛行機のフライトを、時間をかけずに探すことが可能です。

時間について:並べ替えの一番下にある「時間」とは、飛行時間のことです。同じ直行便でも日中のフライトの方が飛行時間は短く、夜間の方が長くなります。

条件・フィルターを駆使して絞り込みを終えたら、フライトを選びていきます。右端にある「v」をクリックするとフライト詳細と「フライトを選択」が表示されますのでクリックすると、その飛行機のフライトが選択されます。

往路のフライト選択が済むと、次に復路の設定条件に沿ったフライト検索結果が表示されます。こちらも右端にある「v」をクリックするとフライト詳細と「フライトを選択」ボタンが表示されます。

これで飛行機のフライト検索とフライトの選択が終わりました。航空券検索サイトの使用方法が難しいと感じていた人も、Googleフライトなら条件検索の候補が挙げられるので簡単にフライト選択までたどりつけます。

航空券を予約する方法

f:id:rick1208:20200408211403p:plain
選びた飛行機のフライト航空券の予約・購入手続きに移動します。

冒頭で解説した通り、Googleフライトは300社以上の航空会社とオンライン旅行代理店と提携しています。ここでは、フライト検索の結果から選びた航空券を取り扱っているのは全部で4社でした。緑枠が航空会社(香港エクスプレス航空)、赤枠がオンライン旅行代理店(Expedia、Trip com、Skyticketの)となります。

航空会社(香港エクスプレス航空)を選びてみます。右端にある「選択」をクリックすると、航空会社(香港エクスプレス航空)のサイトが開きます。

Googleフライトから香港エクスプレス航空のサイトへ飛んだ場合、Googleフライトから引き継ぐデータは日程だけですので、往路のフライトを選び、旅行者情報・オプション設定、と通常の航空会社サイトでのチケット予約・購入と同じ手順を踏みます。

Googleフライトの検査結果からオンライン旅行代理店を選んだ場合

次に、オンライン旅行代理店での航空券の予約方法です。赤枠、Expedia(エクスペディア)で予約を取る場合は、Expediaの行の右端にある「選択」を押します。そうすると、Expediaのサイトにジャンプします。このときGoogleフライトでの設定条件がそのまま引き継がれており、わざわざ日程など記入し直す必要はありません。
Googleフライトに注意書きされているエクスペディアのカード手数料

GoogleフライトのExpediaの箇所に「クレジットカード使用手数料¥1,300を含む」と記載されています。これはExpediaの手数料ではなく、航空会社が要求しているクレジットカードの手数料です。

また、カードの種類(master・VISA・JCB)によって香港エクスプレス航空が設定している手数料が違います。Googleフライトで飛行機のフライトを検索している時点では、検索者がどのカードで支払うかが不明なため、一番高いカード手数料を航空券代金に含めて表示してあります。

Googleフライトのヘルプを参照してみると、Googleフライトから航空会社や旅行代理店のサイトを経由せずに航空券の予約が可能なように書かれています。ですが、よく見てみると、「場合によっては」「可能な場合」と書かれています。実とき国内・国外色々とフライトを検索してみましたが、直接Googleで予約可能なフライトは見つけられませんでした。(2019年2月20日現在)

表示される費用について

f:id:rick1208:20200408211603p:plain
オンライン旅行代理店での費用表示はクレジットカード手数料までちゃんと含まれた費用となっていますが、実は航空会社の費用には最後の最後まで手数料が加算されないことがあります。
香港エクスプレス航空のカード手数料加算

上の例として検索を行った「香港エクスプレス航空」はGoogleフライトでも、香港エクスプレス航空のサイトでも手数料の表示がされていません。ですが最後の支払いの時点で手数料が加算されました。しかも日本人が可能な支払い方法はクレジットカードのみです。こういうパターンもあるということは知っておきましょう。

Googleフライトで表示される費用は、最新の費用とされています。ですが時間やタイミングによっては費用の更新に多少時間がかかってしまうことがあります。Googleフライトから旅行代理店のサイトにジャンプしたら費用が違っていた、ということはあり得る事です。また、格安航空券は費用の変動が頻繁に起きますので、そういうものだという認識が必要です。

Google との提携がない航空会社は検索できない

f:id:rick1208:20200408211620p:plain
Googleと提携していなければ、Googleはその社から情報を得ることは可能でせん。要するに提携していない航空会社の検索は可能でせん。ですがGoogleフライトの提携会社は年々増加しています。

例えば2015年3月の時点ではLCC(ローコストキャリア)は検索可能でせんでした。ですが、2019年2月には日本人がよく使用するLCC(ローコストキャリア)エア・アジアやノックエアなどどの航空会社の情報も検索結果として表示されます。

ですので、もし今表示されていなくても、今後提携し検索可能な可能性は限りなく高いと思います。

複数の航空券を予約する場合

f:id:rick1208:20200407233820p:plain
航空券には直行・乗り継ぎ以外にも周遊チケットというものがあります。これは到着した空港とは異なる空港から日本へ戻る航空券です。日本→カナダ→アメリカ→日本といった旅程の場合、どれも片道のチケットを複数枚予約・購入することになります。

予約方法

f:id:rick1208:20200407233845p:plain
まず最初はGoogleフライトのチケットの種類は「複数都市」を押します。全部片道でも「片道」ではありません。「片道」を選びた場合、「フライトを追加」ができないからです。

ここでは、東京→香港→台湾→東京という複数の航空券(周遊チケット)を検索・予約する場合のGoogleフライトの使用方法を説明していきます。「フライトを追加」をクリックするとフライトの数が一段追加されました。ここで目的地をそれぞれ選びていきます。選択方法は基本の使用方法で解説した方法と変わりありません。

出発地・目的地・復路の到着地、すべて設定が終了しました。まず東京→香港、続いて香港→台湾(台北)、最後に台湾(台北)→東京で日本に戻ってくる旅程です。全部で3枚の航空券を検索・予約することになります。

続いて日程を設定します。カレンダーを開くとどの日にどこへ行くのか一目で分かるようになっているのが便利です。日程の設定もGoogleフライトの基本的な使用方法と同じく、それぞれクリックするだけです。日程の設定が終わったら、カレンダー下の「終了」を押します。

まず最初は東京→香港の航空券の費用が表示されます。解説したフィルター機能や並べ替え機能を利用して希望の飛行機のフライトを見つけましょう。

東京への復路の飛行機のフライトを選び終えると、航空券の合計が比較表示されます。上画像の結果ではExpediaで一括で予約・購入するのが一番安くて一回で済むので手間もかかりません。

他のフライトでは、上画像のように日本航空とTrip Comとキャセイパパシフィック航空をそれぞれ予約しなくてはいけません。また、キャセイパシフィック航空に電話をしなくてはいけないという検索結果がでています。

予約する気を付ける点

f:id:rick1208:20200407233621p:plain
色々な航空会社のチケットをそれぞれのサイトで購入する場合、予約のときにGoogleフライトでは集めきれなかった情報に出くわすことがあります。例えば、クレジットカードの使用手数料や、空席情報などです。また、「表示される費用」の項でも説明しましたが、データの更新に多少のタイムラグが起きることがあります。

残念ながらGoogle=100%完璧ということはありませんので、ダメならすぐ次と切り替えて、別の候補の詳細をチェックした方が希望に沿った航空券を手に入れることが可能です。

Googleの便利な機能

f:id:rick1208:20200407233422p:plain
Googleフライトでは、Googleの特徴を生かした便利な機能が沢山用意されています。

フライトのインサイトでオススメを表示

飛行機のフライト検索結果では「〇〇行きのおススメフライト」が一番先頭に表示されます。これはGoogleが設定された条件の中で価格と利便性のバランスが良いと判断したものが表示されます。これは300社以上の航空会社と旅行代理店と提携しているGoogleならではの機能とサービスと言えます。

予算のみで旅行を検索可能な

f:id:rick1208:20200407232955p:plain
例えば旅行に行きたいけれど場所が決まっていない、けれど予算と期間だけは決まっているという事もあります。Googleフライトでは予算と期間のみで行ける候補地を教えてくれます。

Googleフライトの最初のページで出発地と期間を設定し、「目的地を見る」を押します。

地図が表示されました。地図の上部にある「費用」を押します。
Googleフライトのチケット費用設定

自分自身で決めている予算にポインタをドラッグして合わせます。

費用を5万円以内に設定した場合の検索結果が地図上に表示されます。そのままポインタで地名をクリックすると航空会社各社の費用が表示され、そのままフライト情報を表示することが可能です。

マップからの検索が可能

f:id:rick1208:20200407232913p:plain
予算を決めていなくても、地名を正確に覚えていなくても、地図上で場所や航空券の費用を調べることが可能です。Googleフライトの地図の使い人はGoogleマップと同様に、ドラッグ(マウス左ボタンを押したままの状態でマウスを動かす)させます。

費用の変更をメールでお知らせ

f:id:rick1208:20200407230403p:plain
Googleフライトで検索したフライト費用に変更があった場合、メールで受け取れる機能があります。
Googleフライトの費用変動をメールで受け取るための設定

メールで受け取りたい場合、忘れずに「費用のチェック」をオンにしておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200407230531p:plain

飛行機のフライトの検索方法が自由自在で使用方法も簡単なGoogleフライトは、旅行をもっと気軽で身近なものにしてくれるはずです。次の連休に何をするか決まっていないなら、Googleフライトで旅行の計画を立ててみましょう。