漫画の地球儀

Windows Ink ワークスペースのボタン設定方法!【Windows10、メモ、絵、ボタン表示、パソコン】

スポンサーリンク

Windows Ink ワークスペース

f:id:rick1208:20200501011701p:plain

「Windows10」Windows Ink ワークスペースとは付箋やスケッチパッド、画面スケッチなどの機能をまとめたものです。

手書きでメモや絵を描くことが可能な機能

f:id:rick1208:20200501011718p:plain

「Windows10」Windows Ink ワークスペースを起動すると付箋やスケッチパッドなどの一覧が表示されます。使いたい機能を押して手書きでメモや絵を書くことが出来ます。また手書き使用時のフォントを変更できたり、ご自分自身の好みに可能です。

Windows Ink ワークスペースのボタン表示方法

f:id:rick1208:20200429073346p:plain

「Windows10」Windows Ink ワークスペースのボタン表示方法をご解説します。

タスクバーでボタンを出しる手順

タスクバーでボタンを出しる方法をご解説します。

タスクバーで右クリックするとコンテキストメニュー(右クリックメニュー)が表示されるので「Windows Ink ワークスペース ボタンを表示(w)」を押します。

タスクバーにWindows Ink ワークスペースのアイコンが表示されるのでクリックすると起動可能です。

Windows Ink ワークスペースの設定方法

f:id:rick1208:20200429073116p:plain
ここからは「Windows10」Windows Ink ワークスペースの起動方法や設定方法をそれぞれご解説します。

「ペンとWindows Ink の設定」の起動方法

f:id:rick1208:20200429073103p:plain
「ペンとWindows Ink の設定」の起動方法にはいくつか方法があるのでご解説します。

Windows Ink ワークスペースの画面1番下に「ペンとWindows Ink の設定」があるのでこちらを押します。

「スタートメニュー」から「歯車」アイコンを押します。

'Windowsの設定から「デバイス」をクリックすると「ペンとWindows Ink」の設定画面が開けます。

「ペンとWindows Ink」の設定

f:id:rick1208:20200429072930p:plain
「ペンとWindows Ink」の設定で可能な内容をご解説します。

画像にはありませんが本来であれば「手書き」の下に「手書き使用時のフォント」という項目があるのでそちらからフォントを変更します。

(筆者はペンとパソコンを接続していないため、「ペンとWindows Ink」の設定画面に「手書き使用時のフォント」欄がありません。)

「手書きパネルで指先を利用して書く」にレ点を入れると「オン」状態です。

「おススメアプリを表示」にレ点を入れると「オン」状態です。

Windows Ink ワークスペースの設定ができないときの対処法

f:id:rick1208:20200426224100p:plain
こちらでは「Windows10」Windows Ink ワークスペースの設定ができないときの対処方法をご解説します。

ペンとデバイスの接続をチェック

f:id:rick1208:20200426165720p:plain
Windows10デスクトップの右下にある「アクションセンター」を押し「接続」を押します。

接続デバイス一覧にペンが無い場合はペンとパソコンの接続方法をチェックしましょう。(Bluetooth接続や無線LAN接続など)

パソコンを再起動

f:id:rick1208:20200426165618p:plain
接続できていても動作しない時やデバイス一覧に表示されない時はパソコンを再起動させましょう。手順は「スタートメニュー」→「歯車」→「再起動」の順に押します。

再起動後、「アクションセンター」→「接続」の順に押し一覧に機器が表示されているかチェックしましょう。

ここまで「「Windows10」Windows Ink ワークスペースのボタン表示、設定方法!」をご説明してきました。とても便利な機能が標準で搭載されているので是非使用してみてはいかかと思いますか。