漫画の地球儀

存在しているホームグループが見つからないときの対処法!【Windows10、ファイルの共有、複数のパソコン】

スポンサーリンク

ホームグループ

f:id:rick1208:20200502212717p:plain
ホームグループとは、ホームネットワーク上のパソコンのグループでファイルやプリンターを共有して使用することが可能な機能を言います。

Windowsの複数のパソコンで共有が可能になる機能

f:id:rick1208:20200502212820p:plain

ホームグループを使用することで、データの共有をより簡単に行うことが可能です。ホームグループはパスワードで保護する為、共有フォルダの所有者が許可しない限りは他のユーザーは共有ファイルの内容は変更することが可能でせん。

ホームグループで可能なこと

f:id:rick1208:20200502180701p:plain
ホームグループを設定することで可能な機能をご説明していきます。

ファイルの共有

f:id:rick1208:20200502180711p:plain
1つ目はファイルの共有です。ホームグループを設定することで、画像や音楽、ビデオ、ドキュメントのデータを共有することが可能です。

プリンターの共有

2つ目はプリンターの共有をすることが可能です。プリンターの共有とは、パソコンに繋がっているプリンターを同じネットワークに接続してる別のパソコンから共有して使用することが可能です。

ライブラリの共有

f:id:rick1208:20200502191942p:plain
3つ目はライブラリの共有になります。ライブラリとは、色々な場所に保存している複数のファイルを1つの仮想的なフォルダーでまとめて管理することを言います。

存在しているホームグループが見つからない症状

f:id:rick1208:20200501012802p:plain
存在しているホームグループが見つからない症状が発生した場合のチェック方法をご説明していきます。

症状のチェック手順

f:id:rick1208:20200501012736p:plain
既に誰かがホームグループを作っているネットワーク上で見つからない場合のチェック手順をご説明していきます。
スタートメニューから歯車マークのシステムを選びます。

スタートメニューからシステムを開きます。
システムを開くとネットワークとインターネットを選びます。

システムを開きますと、ネットワークとインターネットがありますので押します。有線で接続されている場合はイーサネットを選びます。無線の場合はWi-Fiを選びます。そうしますと、下のほうにホームグループという項目があります。

このときにホームグループにアクセス可能な場合はホームグループに参加するよう招待されていますと表示されていれば、ホームグループにアクセス可能ですが、できない場合は現在、ネットワーク上にホームグループはありませんと表示されます。

存在しているホームグループが見つからないときの対処法

f:id:rick1208:20200501010412p:plain
存在しているホームグループが見つからない時の対処法をご説明していきます。

対処手順

f:id:rick1208:20200501005943p:plain
ホームグループが見つからない場合の対処手順を順番にご説明をしていきます。

コルタナの記入個所にサービスと記入します。

スタートメニューを開き、サービスと記入します。

サービスの選択項目を押します。

スタートメニューから表示されたサービスを押して開きます。

サービスを押しますとサービス一覧が表示されます。

押しますとサービスの一覧が表示されます。

Peer Networking GroupingとPeer Networking Identity Manager表示します。

サービスを開きますと、サービス一覧の中からPeer Networking Grouping、Peer Networking Identity Managerの項目が表示されています。

右クリックでメニューを開きプロパティを選びます。

右クリックでプロパティを選びます。

プロパティ表示後、全般タブを選びます。

プロパティを開きますと、全般タブがありますので、全般タブを選びておきます。

プルダウンメニューから自動を選びます。

全般タブからスタートアップの種類のプルダウンメニューから自動を選びます。

自動に変更を押したら適用を押します。

これらの項目それぞれ自動を選びて適用させます。

適用を押したら再起動を行います。

スタートアップの種類から自動を選び、最後に適用を押します。全部同じ手順通りに自動を選びて適用させた後に再起動を行って頂いて、ホームグループが表示されれば問題ありません。

以上が、ホームグループが見つからない時の対処法になります。

設定のコツ

f:id:rick1208:20200501005858p:plain
プロパティを開いて、スタートアップの種類を自動に入れるときのコツとして、開始がクリック可能なかのチェックを行ってください。問題なくクリック可能なようなら、パソコンの再起動を行って、ホームグループが作成可能なかどうかのチェックをします。

今回の対処法以外にも、Windowsを再起動しただけでホームグループを検知する場合があります。ホームグループは手軽にファイル共有が可能な反面、挙動がおかしくなることもあります。

存在しているホームグループが見つからないときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200429073346p:plain
存在しているホームグループが見つからないときの気を付ける点をご説明していきます。

Version 1803でホームグループが消去

f:id:rick1208:20200429073131p:plain
ホームグループはWindows10のVersion1803から消去されています。ただし、ホームグループは消去されてもWindows10に組み込まれている機能を使用することで、引き続き、プリンターやファイルを共有することが可能です。

パソコンをWindows10(Version1803)に更新をした後はエクスプローラーからホームグループが表示されなくなります。また、コントロールパネルからもホームグループは表示されなくなります。

要するに、ホームグループの作成及び参加や参加の終了ができなくなります。ホームグループを使用して新しいファイルやプリンターを共有することができなくなります。

以前に、ホームグループを使用して、共有フォルダーやファイル、プリンターを設定されていた場合はすべて引き継ぎが可能な為、引き続き共有することが可能です。

要するに、共有ネットワークフォルダーは引き続き使用が可能です。パソコンで1つのユーザーアカウントを共有用に設定されていた場合は、その1つのアカウントを引き続き共有用に使用することが可能です。

共有設定でプリンターを使用していた場合もすべて、共有のプリンターに引き続きアクセスすることが可能ですのでご安心ください。

まとめ

f:id:rick1208:20200429073116p:plain
ホームネットワークのグループ機能を使用してファイル共有自体はWindows10のVersion1803には消去されてしまっておりますが、使用されている方も多いかと思います。そのときの参考にして頂ければ幸いでございます。