漫画の地球儀

Outlookの「pstは見つかりません」の原因、対処法!【エラー、検索、pstファイル、削除、移動】

スポンサーリンク

Outlook起動時の「pstは見つかりません」のエラー表示の原因

f:id:rick1208:20200501010151p:plain
Outlookを起動したとき、「pstは見つかりません」というエラー画面が表示されて、Outlookを開くことができないことがあります。

pstファイルが所定の場所にない

f:id:rick1208:20200502174817p:plain
上記のような画面が表示された場合、Outlookのpstファイルが所定の場所――Outlookを開くためのフォルダの中にないことが原因です。

この場合の原因の対処法として、Outlookのpstファイルを「移動して原因の解消」「消去したうえで改めて作成」「消去せずアカウントに対して新規作成」という3つの方法が存在していますので、それぞれのやり方の説明をしていきましょう。

移動

f:id:rick1208:20200502174623p:plain
Outlook起動時に「pstは見つかりません」というエラーが表示された場合の対処法の一つ目は、Outlookのpstファイルを元の場所、要するにOutlookを開くためのフォルダへ移動させることになります。

Outlookのエラー画面は「OK」を押し、「Outlookデータファイルを作成、開く」の画面は「キャンセル」で閉じ、Outlookも1回閉じましょう。

pstファイルを検索する方法

f:id:rick1208:20200501011718p:plain
Outlookのpstファイルを移動した場所を覚えているのであれば、「C:\Users\ユーザー名\ドキュメント\Outlook ファイル\~~~、pst」という形式になるように保存場所を元に戻してください。

Outlookのpstファイルをどこへ移動したか分からない、という場合は、1回パソコン内に残っていないかどうか探してみましょう。エクスプローラーを開きます。

「パソコン」を選びて、「パソコンの検索」に探したいpstファイルの名前(先ほどのエラー画面に表示されたpstファイル名)を記入してください。パソコン全体を検索するので、時間がかかる場合があります。

pstファイルを所定の場所に戻す

f:id:rick1208:20200501010412p:plain
pstファイルが見つかったら、それをもとの場所へ戻してください。先ほども表示した「C:\Users\ユーザー名\ドキュメント\Outlook ファイル\~~~、pst」となるよう元の場所へ戻します。

その後、再度Outlookを起動し、問題なく開くことができればエラーは解消したことになります。

消去

f:id:rick1208:20200429073116p:plain
Outlook起動時の「pstは見つかりません」のエラーが表示されたときの対処法2つ目はそのOutlookファイルの消去を行う方法になります。こちらは該当するOutlookのpstファイルが検索しても見つからなかった場合の対処法です。

Outlookのエラー画面は「OK」を押し、「Outlookデータファイルを作成、開く」の画面は「キャンセル」で閉じ、Outlookを開きましょう。

エラー表示されているpstファイルの消去

f:id:rick1208:20200429072958p:plain
Outlookを起動したら、「ファイル」を開いてください。

「アカウントの設定」を押します。

再度「アカウントの設定」を押してください。

「データファイル」タブを押してください。

先ほどエラーが表示されたアカウントを選びてください。

「消去」を押し、エラーが表示されたOutlookのファイルを消去します。

チェックのダイアログが表示されますので、「はい」を押しましょう。

新しいpstファイルを設定

f:id:rick1208:20200426224048p:plain
続いて、新しいpstファイルを設定しましょう。「追加」を押します。

分かりやすいようにメールアドレスなどでpstファイルを新規作成します。これで再度Outlookで使用することが可能になります。できれば消去したpstファイルと同じ名称で作ることをおススメします。

新規作成

f:id:rick1208:20200426165707p:plain
Outlookで「pstは見つかりません」というエラーが表示されたときに新しいファイルを作成することも可能です。こちらも、検索しても該当するOutlookのpstファイルが見つからなかった場合の対処法です。

エラー画面でデータファイルを新規作成

f:id:rick1208:20200426165651p:plain
Outlookのエラー画面は「OK」を押して閉じた後、表示される「Outlookデータファイルを作成、開く」の画面で新しいOutlookデータファイルを作ってください。

Outlookののpstファイルの名前は変更しても構いませんが、基本的にそこで表示されているファイル名のままが望ましいかと思います。

Outlookのデータファイルを間違えて移動してしまったり消してしまった場合、「pstは見つかりません」というエラーが生じます。とはいえ、どこかにファイルがあればそれを戻し、なければ新しく作成すれば何ら問題ありません。

なお、pstファイルを新規作成した場合、Outlookで作成したフォルダは残念ながら消えてしまいます。Outlookを起動して再設定する必要がありますので、その点留意してください。