漫画の地球儀

DAZNのデータ通信量を解説!!【通信速度、Wi-Fi、4G、データセーブ機能、モバイルネットワーク】

スポンサーリンク

DAZNを見るときの通信速度や画質は?

f:id:rick1208:20200405180644p:plain
DAZNは年間10,000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの色々なデバイスでお楽しみいただけます。まず最初は1ヶ月の無料体験をお試しください。

DAZNをみなさんご存知と思いますか?DAZN(ダゾーン)とはスポーツ専門の有料動画サービスです。月額費用は1,750円(税別)、またDoCoMoユーザーは980円(税別)で使用することが可能です。

月額費用を支払えば、130種類以上のスポーツ試合を年間10,000試合以上見ることが可能です。配信しているスポーツのジャンルも幅広く、Jリーグをはじめ、JPBA(プロ野球)、ヨーロッパサッカー、メジャーリーグ野球、UFCをはじめとする総合格闘技など、その他沢山のスポーツコンテンツを配信しています。

DAZN(ダゾーン)には番組表があり、ライブでスポーツコンテンツを配信しているため、いつでもオンタイムで世界中のスポーツコンテンツが見ること可能、徐々に人気を高めていきます。

ここではこれからDAZN(ダゾーン)を使用する予定の方が気になる、DAZN(ダゾーン)を見る上でのパケット通信量についてご解説します。ここでは実ときにDAZN(ダゾーン)を見ることし、どれくらいのデータ通信量が必要かを検証しました。

またDAZN(ダゾーン)には、"データセーブモード"と呼ばれる、パケット通信量を節約することの可能なモードが搭載しています。データセーブモードを使用した時の画質やデータ通信量などもここ後半で説明していきます。

動画の画質・おススメ通信速度

f:id:rick1208:20200405180751p:plain
まず最初はDAZN(ダゾーン)を見るときの動画の画質からご解説します。DAZN(ダゾーン)のストリーミング動画配信の画質は下記の通りです。

ストリーミング配信の画質 DAZNおススメネット通信速度環境
標準画質(720p) 5、0Mbps
HD画質(1080p) 9、0Mbps

DAZNの画質は自分自身で調整・落とすことはできない

f:id:rick1208:20200405180550p:plain

上記で解説したDAZNのストリーミング配信の画質は、自分自身自身で調整(落とす)することができないので注意が必要です。ご自身が使用しているネット通信環境によって、DAZNのネットストリーミング配信の画質は自動で調整されるので、4G(LTE)回線クラスの通信環境の場合は、自動的にHD画質に切り替わる仕組みになっています。

この数値からもわかるように、外出先でWi-FI接続がない状況であれば、かなりのパケット通信量がかかるということがわかります。自分自身自身で画質を落とすことができない状況で、なおかつパケット放題プランに未加入の場合は、DAZNを見るときは十分に気をつける必要があるということです。

DAZNのデータ通信量はどのくらい?

f:id:rick1208:20200402203116p:plain
実ときにDAZNを見る上でのデータ通信量(パケット通信量)はどのくらいかかってしまうのかを検証してみました。これらのデータは、一概に全部のユーザーと同じ条件というわけではありませんが、1つの目安として憶えておくと、パケット通信量の節約に繋がります。

本章ではWi-FIの場合のデータ(パケット)通信量と、4G(LTE)回線を使用した場合のデータ(パケット通信量)を別々に分けてご説明していきます。

Wi-Fiの場合

f:id:rick1208:20200405181542p:plain
ここでは光回線ケーブルを使用したWi-FI接続で、実ときにDAZNを何度か見ることした結果を公表しています。前述しましたが、ストリーミング配信の内容や、ユーザーそれぞれの状況によって、今回の結果が同じではありません。1つの目安として憶えておく程度に留めておいてください。

TEST 1 1721MB、30分 3321MB、1時間
TEST 2 1698MB、30分 3301MB、1時間
TEST 3 1629MB、30分 3290MB、1時間
TEST 4 1601MB、30分 3121MB、1時間
TEST 5 1701MB、30分 3257MB、1時間

上記のように、ストリーミング配信により対象の誤差が発生していますが、1時間あたりのデータ通信量は3、2GBから3、4GB未満という結果が出ています。

4G(LTE)の場合

f:id:rick1208:20200405181641p:plain
出典: https:、、www、pakutaso、com、20181035303iphone-xs-iphone-xr-1、html

続いて4G(LTE)回線でのデータ通信量測定結果をチェックしていきましょう。今回の計測は、海外の4G(LTE)回線で実践してみたため、日本のデータ通信量と多少誤差がある可能性があります。
TEST 1 1202MB、30分 2408MB、1時間
TEST 2 1231MB、30分 2462MB、1時間
TEST 3 1221MB、30分 2441MB、1時間

4G(LTE)回線の場合は上記のデータ通信量の数値となりました。このデータ通信量は、パケット放題を契約していない、格安SIMを使用している場合は、すぐにパケット通信量の上限に達してしまう値です。

DAZNのデータ通信量を節約するデータセーブ機能

f:id:rick1208:20200405181653p:plain
ここ最後の本章ではDAZNのデータ通信量を節約(落とす)することの可能な"データセーブ機能"についてご説明していきます。


データセーブ機能とは

f:id:rick1208:20200405181702p:plain
DAZNにはデータセーブ機能が搭載されています。ご存知のない方も多いと思いますので、データセーブ機能とはどういった機能なのかをご説明していきます。

DAZNスマートフォン専用アプリに搭載している"データセーブ機能”は、外出先などで、通信量を節約しながらDAZNのストリーミング配信を見ることしたい方のための機能です。データセーブ機能をONにしておくことで、ストリーミング配信の画質は落とすことになりますが、通信量を大幅に節約することが可能です。

データセーブ機能をオフにした場合の通信量

実ときにデータセーブ機能をオフにした状態のデータ通信量を計測してみました。
TEST 1 1202MB、30分 2408MB、1時間
TEST 2 1231MB、30分 2462MB、1時間
TEST 3 1221MB、30分 2441MB、1時間

データセーブ機能をオンにした場合の画質

f:id:rick1208:20200405181806p:plain
続いてデータセーブ機能をオンにした状態でのデータ通信量をチェックしてください。これは前章で解説したデータ通信量と同じデータ計測結果です。データセーブ機能をオンにした状態でのデータ通信量を比較に使用してみてください。
TEST 1 190MB、30分 380MB、1時間
TEST 2 201MB、30分 402MB、1時間
TEST 3 176MB、30分 352MB、1時間

このように、データセーブ機能を使用すると、データ通信量は1、6程度に節約することが可能になりました。ですが、引き続き大きなデータ通信量ではあるため、DAZNのストリーミング配信を使用する場合は、なるべくWi-Fiを使用して見ることをおススメします。

どうしても外出先でDAZNを見ることしたい場合は、データセーブ機能をオンにして楽しんでください。

データセーブ機能のオン、オフ設定

f:id:rick1208:20200405181820p:plain

データセーブ機能のオン、オフ設定の手順は、DAZNアプリを起動し、スクリーン下のメニュータブから"その他"を選び"データセーブ”を押してください。

モバイルネットワーク・Wi-Fi別に設定可能

データセーブ設定画面では、モバイルネットワーク(キャリア回線3G、4G、LTE)とWi-Fiそれぞれで別にデータセーブ設定することが可能です。外出先でモバイルネットワーク(キャリア回線3G、4G、LTE)接続の時にだけ、データセーブモードをオンにすることも可能です。

外出先では画質を落とす形でデータセーブモードに設定して通信量を節約し、Wi-FI接続時はHD画質でスポーツの試合を楽しむということも可能です。また1回セーブモードを設定してしまえば、設定変更をしなければ設定が維持可能なので、その都度設定を変更しなくても良いのでとても便利です。

まとめ

f:id:rick1208:20200405181832p:plain
DAZNのストリーミング動画はご自身で動画の画質を落とすなどの調整をすることができないので十分に気を付けてください。パケット放題プランを使用している方でも、プランによっては上限50GBなどと決まっているプランもあるので、DAZNを見るときは、ご自身の携帯プランをちゃんととチェックした上で見ることしてください。

ここで解説したデータセーブモードを使用することで、DAZNのデータ通信量を節約(落とす)、調整しながらDAZNのストリーミング配信を楽しむことが重要です。