漫画の地球儀

iTunesを初期化する方法!【リセット、空き容量、アプリ、Mac、Windows、Appcleaner】

スポンサーリンク

iTunesの初期化

f:id:rick1208:20200325113642p:plain
ここではiTunesの初期化(リセット)について焦点を当てて特集を進めていきます。iTunesの初期化(リセット)とはいったいどのようなことを指しているのかということから簡単に説明しておきます。パソコンでiTunesを普段から利用している方でまだ初期化(リセット)」をしたことがないという人は、この記事でのやり方を覚えておいてください。

iTunes内のデータを完全に消去する

iTunesの初期化(リセット)というのは言葉の通り、最初の状態に戻すということです。iTunesに残っているライブラリやユーザー情報、同期などのデータを完全に消去するという動作のことを言います。iTunesのデータを消すことによって、一時的なトラブルやエラーが解決される場合もありますのでその目的でリセットする方もいます。

本当にiTunesの初期化が必要か改めてチェック

f:id:rick1208:20200325113656p:plain
ただし、1つ気を付けておきたいのが初期化(リセット)する必要が本当にあるのかということです。初期化してしまえばデータは消去されて、今まで利用してきたように操作できなくなります。再び使うということであればそれなりの動作がまた必要になります。利用しているパソコンで不具合が出たような場合にiTunes初期化を検討してください。

iTunesを初期化する方法「Mac

iTunesを初期化(リセット)するとはどのようなことを言うのかということについて説明してきました。iTunesのデータ消去によって初期状態に戻すという動作になります。よく見極めて行いましょう。ここからはiTunesを初期化(リセット)する方法を説明していきます。まず最初はMacのパソコンでiTunesを初期化する方法を解説します。

MacにAppcleanerをダウンロードする

f:id:rick1208:20200325113715p:plain
MacのパソコンでiTunesを初期化するのでには必要なものがあります。それがAppcleanerというアプリになります。これをMacのパソコンにダウンロードしてください。

MacのパソコンでiTunesを初期化するにはこのようなアプリが必要になります。以下のリンクにアクセスしてAppcleanerを利用しているMacパソコンにダウンロードしてください。

Appcleanerを利用して初期化する手順

Appcleanerをダウンロードしましたら起動してください。Appcleanerの使い人はとても簡単です。起動したアプリに向かってそのままiTunesのアイコンをドラッグアンドドロップするだけで初期化が終了します。これはiTunesのアプリ以外にも不要なものでやってみることが可能です。必要に応じてMacのパソコンを掃除してみることもおススメします。

iTunesを初期化する方法「Windows

f:id:rick1208:20200324214646p:plain
MacのパソコンでiTunesの初期化をする方法を説明してきました。次にWindowsのパソコンを利用している方に向けて初期化のやり方を説明していきます。Windowsのパソコンを利用している人は、Appceanerは必要ありませんので以下の方法でデータを消去していきましょう。ファイルを消すことで簡単にiTunesを初期化可能です。

順番にファイルを消去する

MacのパソコンでiTunesの初期化をする方法を説明してきました。次にWindowsのパソコンを利用している方に向けて初期化のやり方を説明していきます。Windowsのパソコンを利用している人は、Appcleanerは必要ありませんので以下の方法でデータを消去していきましょう。ファイルを消すことで簡単にiTunesを初期化可能です。

WindowsのパソコンでiTunesの初期化をするには、主にデータファイルを消去することがメインの作業になります。流れとしてはデータファイルを順番に消すことを行い、最後にゴミ箱の中のデータも消すことでiTunesを初期化可能なようになります。それほど難しくはありませんのでWindowsの人は以下の方法でiTunesを初期化してみてください。

利用しているWindowsパソコンでiTunesを初期化するのでには「プログラムのアンダウンロード」の画面を起動させ、iTunes関連のプログラムファイルを消すということになります。iTunesのアプリファイルだけ消すのではなく、iTunes関連のApple Software Updateを消去します。次にApple Mobile Device Supportを消すという流れになります。

次に、Bonjourのファイルを消去、そしてApple Application Supportファイル(こちらはビット別に存在します。)をアンダウンロードしていきましょう。

上記の方法で対象ファイルを消すことが終了しましたら、次に進みましょう。今度はエクスプローラーから関連ファイルを消去する必要があります。iTunesのフォルダに移動して「Mobile Device Support」や「Apple Application Support」そして「CoreFP」といった表記のファイルが存在すれば消すようにしてください。これで初期化可能です。

上記の手順でiTunesの関連ファイルをすべて消すことによっていつでもiTunesの初期化が可能です。しかしここで気を付けなければならないことがあります。ただ消去しただけではパソコンから消すことになりません。完全にパソコンからiTunesの関連データを消去するのでにも「ゴミ箱」を空の状態にしておいてください。ここまで行いましょう。

iTunesデータの一部を消去してパソコンの空き容量を確保する

f:id:rick1208:20200324205857p:plain
iTunesの初期化で完全にデータを消去する方法をMacWindowsの機種別に説明してきました。ここからはiTunesのデータの一部を消去してパソコンの空き容量を確保する方法を説明していきます。一部消去ですので完全初期化とは違った目的での操作となります。利用しているパソコンのストレージが不安な人は是非一部消去で容量を確保しましょう。

iTunes Mediaの消去方法

iTunesの一部データとして「iTunes Media」の消去方法を説明しておきます。iTunes Mediaの消去方法もMacの場合とWindowsの場合でそれぞれ説明していきます。所持しているパソコンの方でのやり方を参考にしてみてください。

Macの場合

f:id:rick1208:20200323232716p:plain
まず最初は一部データとしてiTunes MediaのファイルをMacから消去する方法です。Macの場合はFinderを利用して「iTunes Media」と検索することで、そのフォルダが表示されます。これをゴミ箱に移動させることで、iTunesの一部音楽データなどが消去可能です。試してみてください。

Windowsの場合

次にWindowsのパソコンから一部データとして「iTunes Media」を消去する方法です。Windowsの場合はFinderではなく「エクスプローラー」を起動して「iTunes Media」のフォルダを探してください。「iTunes Media」と検索枠に記入するとスムーズに表示可能です。iTunes Mediaのフォルダ消すことで一部データを消去可能です。

iTunesライブラリを消去する方法

ここからはiTunesの一部データとしてiTunesライブラリを消去する方法を解説します。こちらもMacWindows別に説明しておきます。iTunesが原因で容量が不安な人は操作してください。

Macの場合

f:id:rick1208:20200323232606p:plain
まず最初はMacの場合です。MaciTunesのアプリを起動してライブラリを表示してください。音楽であればジャケットとアルバムが表示される画面です。こちらで不要なアルバムなどを自由に選びてそのままゴミ箱にドラッグさせていきましょう。これで簡単に消去可能です。

Windowsの場合

Windowsの場合もほぼ同様になります。iTunesを起動してライブラリを出します。こちらでも上記と同様に不要なアルバムなどを選びて右押し、「消去」を選択することでiTunesの一部データを簡単に消去可能です。ゴミ箱も空にしておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200323232650p:plain
ここではiTunesのデータを消去して初期化(リセット)する方法について説明してきました。iTunesではMacでもWindowsでも関連ファイルの消去を忘れずに行ってください。iTunesは簡単に初期化可能ですが、本当に初期化が必要なのかをちゃんと見極めてからiTunesをリセットしてください。目的に合わせてiTunesを整理しましょう。