漫画の地球儀

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法!【クロームキャスト、スマホ、パソコン、GAFA】

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオはクロームキャスト未対応

f:id:rick1208:20200327104015p:plain
YouTubeAmazonプライムビデオなどのビデオ・映像配信サービスをパソコンやスマホで楽しむのもいいのですが、どうせならテレビの大画面で見たいと思うのが人というものです。テレビにつないでビデオ配信を見るにはクロームキャストやFire TV Stickなどがありますが、テレビの限られたHDMI端子に二つも三つもぶら下げるわけにもいきません。

そこで「えい!」とばかりにクロームキャストを刺してまず最初はYouTubeを楽しんだところで、おもむろにAmazonプライムビデオを見ようとすると、これが未対応でびっくりする、という悲しい事態が発生中です。

なぜAmazonプライムビデオはクロームキャスト未対応なのか?

これは、GAFAと通称される、GoogleAmazonFacebookAppleのインターネット上の覇権を争う4社が自社サービスにユーザーを囲い込むために、自社の端末ではお互いのサービスを使用できないようにしているためです。

Googleとしては、Google Homeに語りかけてクロームキャストでYouTubeを見る家庭がベストと思いますし、Amazonから見れば、Amazon Echoで音楽を聴きFire TV StickでAmazonプライムビデオを見る家が最高なのです。

そしてお互いにライバルの端末の魅力を落とすために、自社サービスを見れないようにするという手段を採っているのです。

しかし、実はクロームキャストでAmazonプライムが見れないわけではありません。それにAmazonプライムビデオ以外にもたくさんの魅力的な動画配信が使用可能なのです。

ロームキャストに対応している動画配信サイト

f:id:rick1208:20200327104028p:plain
Amazonプライムビデオにこだわらなくても、クロームキャストで使用可能な動画配信サービスは数多くあります。なかでも外れのないのがこの三つです。

Netflix

f:id:rick1208:20200326131737p:plain
・月額・・・・・・¥800、¥1,200、¥1,800
・コンテンツ数・・・・・・非公開
・解像度・・・・・・SD、HD、4K
・ダウンロード・・・・・・可能
・お試し期間・・・・・・1ヶ月
・特徴・・・・・・洋画や海外ドラマに強い 自社制作・独占配信の海外・国内ドラマやアニメーションを見られる (※ クロームキャストは4K非対応)

hulu

f:id:rick1208:20200327104334p:plain
・月額・・・・・・¥933
・コンテンツ数・・・・・・5万以上
・解像度・・・・・・HD
・ダウンロード・・・・・・非対応
・お試し期間・・・・・・14日間
・特徴・・・・・・洋画や海外ドラマに強い 在京6局のテレビコンテンツが見ること可能

dTV

f:id:rick1208:20200327095329p:plain
・月額・・・・・・¥500
・コンテンツ数・・・・・・12万以上
・解像度・・・・・・SD、HD、4K
・ダウンロード・・・・・・可能
・お試し期間・・・・・・31日間
・特徴・・・・・・月額費用が安い 国内最大のコンテンツ数・ユーザー数 国内コンテンツに強い (※ クロームキャストは4K非対応)


ほかにも成人向けに強いゲオチャンネルやアニメに強いdアニメストアなど、沢山の特徴ある配信サービスに対応しています。

ロームキャストでプライムビデオをテレビ画面で見る方法

f:id:rick1208:20200323124210p:plain

前項でクロームキャストに対応している動画配信サイトを解説しました。しかし、そう呼ばれても大半の人のAmazonプライムビデオをクロームキャストで見るのだ、という気持ちは変わらないと思います。

実はAmazonプライムビデオに未対応のクロームキャストには、パソコンやスマホの画面をそのままテレビに写し出す「キャスト」という機能が備わっています。このキャスト機能を使えば、正式に対応していないAmazonプライムビデオでもクロームキャスト経由でテレビの大画面で見ることが可能なのです。

パソコンでキャストする方法

f:id:rick1208:20200323124452p:plain
パソコンからAmazonプライムビデオをクロームキャストにキャストするには、WindowsだろうがMacだろうがブラウザのGoogle Chromeが必要です。EdgeやSafariがいかにOS標準搭載を誇っても、「なぜAmazonプライムビデオはクロームキャスト未対応なのか?」の節でお伝えしたようにGoogleの壁は破れないのです。

そんなわけですからGoogleの思惑に従って、まず最初はパソコン上でGoogle Chromeを立ち上げ、クロームキャストを接続中のテレビを点けます。

そしてGoogle Chromeのアドレス欄の右端にある縦の「・・・」のメニューボタンを押し、現れたメニューの中から下の方にある「キャスト(C)・・・」を選びます。
f:id:rick1208:20200327103910p:plain
この後は「キャストするデバイス」でテレビにつないだクロームキャストを選ぶと、ブラウザの画面がクロームキャストをつないだテレビに映し出されます。

あとはGoogle ChromeAmazonプライムビデオを見ることすれば、その画面がクロームキャスト経由でテレビに映るというわけです。

これでクロームキャストを利用して大画面でAmazonプライムビデオを楽しむという、あなたの野望が達成されました。

スマホでキャストする方法

f:id:rick1208:20200323124326p:plain

とは言うものの、ノートパソコンならともかくデスクトップパソコンを利用している場合は、パソコンとテレビのある場所が遠く離れている、場合によっては部屋が別の場合もあると思います。Amazonプライムビデオの番組を切り替えるたびに別の部屋に走っていって、操作後にはまた大急ぎで戻ってきて見る、などという方法が好きな人はあまりいません。

そこで大沢山の人にはスマホでのキャストをおススメします。

しかしここにもGAFA同士を隔てる壁が存在しています。これからお伝えする方法を使えるのはAndroidユーザーのみです。iPhoneではAmazonプライムビデオをクロームキャスト経由では見れないのです。どうしてもテレビで見るというiPhoneユーザーは、クロームキャストではなくApple TVを使わなければなりません。

Androidであれば、以下の方法でAmazonプライムビデオをクロームキャスト経由でキャストしてテレビでAmazonプライムビデオを見ることが可能です。

Google Homeというアプリをダウンロードして立ち上げます。
②メニューから「画面や音声をキャスト」を選びます。
③「画面や音声をキャスト」画面で再び「画面や音声をキャスト」を選びます。
④表示されるキャスト先から「Chromecast」を押します。
⑤アプリをAmazonプライムビデオに切り替えて見ることを開始します。
⑥テレビにAmazonプライムビデオが映し出されます。


これであなたはFire TV Stickを買い増ししなくて良くなりました。

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法

f:id:rick1208:20200323124105p:plain

先に記したように、未対応のクロームキャストでもAmazonプライムビデオを見れないわけではありません。しかしどうせなら初めから対応していてくれれば、それに越したことはありません。

それにテレビに接続して配信サービスを楽しむには、ほかの機器を使うという選択肢もあります。

それではクロームキャスト以外には、どのような機器があるのと思います。

対応デバイスを使用すればテレビで見ること可能

f:id:rick1208:20200323124151p:plain

冒頭で述べたように、各デバイス、各サービスはGAFAの壁によって隔たれています。なので各社のサービスを見るのなら、そのサービスを提供している会社のデバイスを選ぶのが一番です。そうすれば間違いなくそのサービスに対応しているはずです。

Fire TV Stick 4KとFire TV StickはいずれもAmazonのデバイスですから、Amazonプライムビデオには相性がぴったりです。

ただしYouTubeとは相性が悪くなるときがありますし、当然のように標準ではiOSからのミラーリングには未対応です。もっとも有料のアプリをダウンロードするとiOSからのAirPlayにも対応可能です。

価格は税込みで4K未対応のFire TV Stickで¥4,980、4K対応のFire TV Stick 4Kで¥6,980ですが、プライムセールの期間はさらに値下がりします。

動画配信サービスを楽しむ以外にも各種ゲームのプレイも可能です。

Fire TV Stickには複雑な設定不要で、簡単に映画やビデオを楽しめるデバイスです。豊富な品ぞろえのAmazonビデオストアからのレンタルや購入以外にも、HuluやNetflix、スポーツや音楽番組のアプリで、映画やドラマからスポーツまでお気に入りのコンテンツを一台で楽しめます。

Apple製品のApple TVとApple TV 4Kは、当然のことながらiTunesApp Storeと相性が良く、App Storeで買った映画を直接テレビに映せるのはApple TVだけです。しかもAmazonプライムビデオもYouTubeも見ることが可能ですから最強のデバイスといっていいと思います。

しかしその分お価格も最強で、4K未対応のApple TV(32GB)で¥15,800、4K対応のApple TV 4Kだと¥19,800(32GB)、¥21,800(64GB)、しかも税抜き価格となっています。

iPhoneMacといったApple製品としか接続できないと思われがちですが、Windowsパソコンからも使用可能ですし、AndroidでもAirPlayを使えるようになるアプリをダウンロードすればApple TVでキャストが可能です。

最近のテレビであればネットにつながるスマートテレビの場合もあると思います。ある意味大画面Androidとも言えるスマートテレビなら、Webにアクセスしてブラウザ上でYouTubeを見たり、AmazonプライムビデオのアプリをダウンロードしてそのままAmazonプライムビデオを見たり可能です。

わざわざデバイスをつながないで済むので一番おススメの方法ですが、あなたのテレビがAmazonプライムビデオ未対応だったり、そもそもスマートテレビではなかったりすると、これまでの中で一番コストがかさみます。

Amazonプライムビデオが人気の理由

f:id:rick1208:20200323124227p:plain
もしあなたがまだAmazonプライム会員でなかったとしたら、どうしてみんながここまでAmazonプライムビデオを見れないことにこだわるのか疑問に思われると思います。

もちろんそれには以下の節でお話しする二つの理由があります。

費用が安い

Amazonプライムビデオが人気の理由その1は圧倒的な安さです。

動画配信サービス 月額
Amazonプライムビデオ 税込 ¥400(年間契約なら¥325)
Netflix 税抜 ¥800〜1,800
hulu 税抜 ¥933
dTV 税抜 ¥500

一番安いdTVに比較しても安さが光ります。

しかもほかのサービスは動画配信だけのお価格ですが、AmazonプライムビデオはAmazonプライムの数々の特典がついて、のお価格です。

おまけに同時見ること数の縛りも緩く、家庭内で別な番組を見ることも問題ありません。


またNetflixには劣りますが、日本オリジナルの作品も配信されています。

「バチェラージャパン」「ドキュメンタル」といったバラエティから「はぴまり」「宇宙の仕事」などのドラマ、社名に引っかけた特撮番組「仮面ライダーアマゾンズ」、町歩きと路上プロレスを無理やり合体させた意味不明な番組「ぶらり路上プロレス」など予想外に多くのオリジナル作品が、このお価格で堪能可能です。

Amazonプライム会員の特典が豪華

Amazonプライムビデオは独立したサービスではなく、Amazonプライム会員の特典の一つでしかありません。そのAmazonプライムの特典は以下の通りです。

お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料
②一部の特別取り扱い商品の取り扱い手数料が無料
③最短2時間で届くPrime Nowが使用可能(有料・対象エリアのみ)
④衛星放送のチャンネルが見られるAmazonプライムビデオチャンネルが使用可能(有料)
⑤100万曲以上の曲・アルバム・プレイリストを使用可能なAmazonミュージックを広告も追加費用もなしで使用可能
⑥写真を容量無制限で保存可能なAmazonフォトを追加費用なしで使用可能 ほか


詳しくは以下のリンクを参照していただくとして、これだけの特典があって、しかもAmazonプライムビデオまで見られるのですから、会員にならないと損なくらいです。