漫画の地球儀

Twitterのプロモーションを非表示にする方法!【ブロック、プロモツイート、うざい、アプリ】

スポンサーリンク

ツイッターのプロモーションを少なくする

f:id:rick1208:20200324072948p:plain
最初にお伝えしておきますが、ツイッターのタイムラインに表示されるプロモーションツート(以下プロモツイート)を完全に消去する方法はありません。この広告はツイッター社の大事な収入源なのですから、そんなことはできないようにされています。

もしこれを完全に見えないようにされてはどうなると思います? ツイッターを運営するのでに別の収入が必要となり、ツイッターの有料化などが行われかねません。無料でツイッターが使用可能なためには、テレビの番組や無料のスマホアプリ同様、プロモツイートと付き合い続けなければならないのです。

とはいえ、付き合うにしても付き合い方というものがあります。あなたのフォローとはほぼ無関係に表示されるプロモツイートを完全に消すことは可能でせんが、あなたの趣味に合わないプロモツイートを表示しないようにしたり、全体量を減らすことは可能なのです。

プロモーションを非表示にして消す方法

最初に、あなたの趣味に合わないツイッターのプロモツイートを消す方法です。

この方法を使えば、タイムラインで目にしたその広告だけではなく、それに似た内容の広告もそれ以降表示されにくくなります。自分自身自身自身の興味に合う広告であれば、不快感を感じることもなくなると思います。

反面、プロモツイートの全体量はほぼ変わりません。その広告が表示されない代わりに、ほかのあなたの趣味に合う(かもしれない)広告が表示されることになるからです。それでは意味がないと思うかもしれませんが、この方法を使うことであなたのタイムラインを「不快なもの」から「少なくても不快ではないもの」に変えられるのです。

加えて、趣味に合わない広告をひとつひとつ指定してかないといけないという手間もかかります。残念ですが、これはツイッターを無料で使用可能なコストと考えるべきと思います。

iPhone

f:id:rick1208:20200324072931p:plain
iPhoneツイッターアプリを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて非表示にしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押します。

するとその広告に関するメニューが表示されますので「広告内容に興味がない」を押します。

すると「送信された情報はタイムラインの表示に使用されます」と表示され、以後その広告がタイムラインに表示されなくなります。それ以外にも、その広告に似た内容の広告についても表示されにくくなり、ちょっとだけあなた好みのタイムラインに近づきます。

iPhoneツイッターアプリでうざい広告を非表示にする方法は以上です。

Android

Androidツイッターアプリを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて非表示にしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押します。

するとその広告に関するメニューが表示されますので「この広告に興味がない」を押します。

すると「ご協力ありがとうございます。フィードバックはタイムラインの制度向上に使用します」と表示され、以後その広告がタイムラインに表示されなくなります。それ以外にも、その広告に似た内容の広告についても表示されにくくなり、ちょっとだけあなた好みのタイムラインに近づきます。

Androidツイッターアプリでうざい広告を非表示にする方法は以上です。

ブラウザ

f:id:rick1208:20200324072853p:plain
パソコンのブラウザでツイッターを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて非表示にしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押してプルダウンメニューを開きます。そして「広告内容に興味がない」をクリックすれば、もう二度とその広告は表示されません。

iPhoneAndroidの場合と異なり特に説明は表示されませんが、これら同様ブラウザでの非表示を選びても、それ以降その広告に似た内容の広告についても表示されにくくなり、ちょっとだけあなた好みのタイムラインに近づきます。

ブラウザでうざい広告を非表示にする方法は以上です。

プロモーションをアカウントのブロックで消す方法

f:id:rick1208:20200324072839p:plain

先に解説した方法では、確かにウザいプロモツイート自体は表示されなくなりますし、それ似に広告も表示されなくなります。しかし、あなたにとって悪質と感じられるプロモ主が異なる内容で広告を送り付けてくることを防ぐことは可能でせん。

その広告だけではなく、そのプロモ主のプロモツイートは全部消したいというときにはそのアカウントをブロック(あるいはミュート)するといいと思います。そうすれば、ブロック解除(あるいはミュート解除)しない限りはずっとそのプロモ主の広告を見かけずに済みますし、通常のツイートもあなたあての@ツイートも表示されなくなります。

Android

Androidツイッターアプリを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて、プロモ主をブロックしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押します。

するとその広告に関するメニューが表示されますので「@×××さんをブロック」を押します。もしブロックではなくミュート機能を使いたい場合はひとつ上にある「@×××さんをミュート」を選びます。

するとチェックを求めるウインドウがポップアップしますので、「ブロック」を押します。ミュートの場合も同様にポップアップウインドウでチェックを求められます。

以上でブロックが終了します。ミュートの場合も同様です。ブロックやミュートした相手については、ブロックリストやミュートリストで確かめられます。Androidアプリでプロモ主ごと広告をブロックする方法は以上です。


iPhone

f:id:rick1208:20200324072528p:plain

iPhoneツイッターアプリを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて、プロモ主をブロックしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押します。

するとその広告に関するメニューが表示されますので「@×××さんをブロック」を押します。もしブロックではなくミュート機能を使いたい場合はひとつ上にある「@×××さんをミュート」を選びます。

するとチェックを求めるウインドウがポップアップしますので、「ブロック」を押します。ミュートの場合も同様にポップアップウインドウでチェックを求められます。

すると「×××さんをブロックしました」と表示され、ブロックが終了します。ミュートの場合も同様です。

ブロックやミュートした相手については、ブロックリストやミュートリストで確かめられます。

iPhoneアプリでプロモ主ごと広告をブロックする方法は以上です。

ブラウザ


ブラウザでツイッターを使用中にうざいと感じるプロモツイートを見かけて、プロモ主をブロックしたいと思ったら、まず最初は広告右上の「∨」を押します。するとプルダウンメニューが開きますので、その中から「@×××さんをブロックする」の項目を選びます。

するとチェック用のポップアップウインドウが開きますので、「ブロック」を押します。

これでブラウザでのブロックが終了します。

プロモーションを一括で消す方法

f:id:rick1208:20200324072718p:plain
これまで述べてきたやり人は、ひとつひとつの広告に対応していくことで最終的に自分自身自身自身の趣味に合わないプロモツイートが表示されないようにするやり方でした。

しかし、それは面倒だ、一括で広告を消す方法はないのか、と思うの一般的な考えと思います。そんな都合のいい方法があるワケは・・・・・・実はあるのです。

ただし、なのでには手間がかかったり、一時的なものだったり、有料だったりすることを覚悟してください。

ブラウザ

パソコンのブラウザでTwtterのタイムラインを見ている場合、そのタイムラインの画面を表示しているHTML(正確にはCSS)に手を加えることで画面からプロモツイートを一括して非表示に可能です。

ただし、それはその時点で読み込んでいるタイムラインに関してだけであり、タイムラインを読み込み直すたびに同じ作業をする必要があります。また、表示されている画面のHTMLを表示し、編集可能なブラウザが必要となります。

ここではGoogle Chromeを例にとって説明いたします。

まずツイッターのタイムラインを開いた状態で、Google Chromeデベロッパーツールを呼び出します。Windowsなら「F12」、Macなら「⌘+⌥+I(英文字のアイ)」で呼び出せます。

デベロッパーツールには英数字がずらずらと並んでいますが、これは元のWebページ(ここではツイッター)のHTMLで、元のページと連動しています。

このデベロッパーツール左上のアイコンを押した後、カーソルをツイッターのページに所持していくと、その場所に応じてデベロッパーツールの水色の部分も移動するはずです。

それをチェックしたら適当な広告の全体が青くマスクされるような場所で押します。

続いてデベロッパーツールの中段のタブが、左端の「Styles」であることをチェックした上で、その右斜め下にある「+」アイコンを押します。

すると、そのすぐ下の欄が異なる文字列に変わります。これがプロモツイートをどのように表示するかを示しています。

そこでこの文字列の最後の「}」の前に、「display: none;」という文字を記入します。「display」が「none」、要するに「表示しない」というオプションです。この文字はこの画面からコピペしても大丈夫です。

すると、この広告以外にも、タイムラインに表示されていた広告がすべて非表示となります。

それがチェックできたら、先ほど呼び出したのと同じキーを使用してデベロッパーツールを終了します。

アプリを使用してプロモーションをブロック

f:id:rick1208:20200324072652p:plain
ツイッターの公式アプリを使用している限りはプロモ広告から完全に逃れる術はありません。もしどうしてもプロモ広告を見たくないというのであれば、非公式アプリを使用することになります。

しかし非公式アプリであっても、無料のものだと今度はその非公式アプリが選んだ広告が表示されてしまいます。ツイッター社と同様、無料のものはどうしても広告が入ってしまうのです。

どうしても広告を見るのが嫌というのであれば、有料のアプリを購入しましょう。有料アプリであれば、大半のアプリで広告なしのタイムラインを見られます。

ただし、近年ツイッター社は非公式アプリに対する対決姿勢を強めており、公式ツイッターでしかサポートしていない機能を増やす傾向にあります。プロモツイートに限らず、非公式アプリは公式アプリにはない機能を所持していますが、反対に公式アプリにしかない機能も存在することを忘れないようにしてください。

ツイッター社がプロモーションという手段で運営費用を賄っている以上、悲しいかな決定的な方法というのはありません。

それでも不快な広告を消したり、プロモ主をブロックしたりミュートしたりすれで、よりよりタイムラインに近付けられるのです。