漫画の地球儀

iPhoneをリカバリーモードにする方法【復元、初期化、データ、バックアップ、リンゴループ】

スポンサーリンク

iPhoneリカバリーモード

f:id:rick1208:20200420221614p:plain
リカバリーモードとは、iPhoneが起動しなくなったり、途中で止まったりした時に使用する対処法の1つです。iPhoneiOSを最新バージョンに更新し、強制的に初期化することで、問題の解決を試みるモードのことです。

iPhone内部の起動プログラムから強制的にiTunesと接続し、iOSを最新の状態にすることで問題解決を図ります。iPhoneリカバリーモードを使うことでデータの復元やバックアップなどにも使うことが可能です。

iPhoneを出荷時の状態に復元すること

f:id:rick1208:20200420221622p:plain
iPhoneリカバリーモードとは強制的に初期化をするのでiPhoneをまっさらな状態。要するに出荷時の状態にすることが可能です。リカバリーモードが使用される場面とはiPhoneのデータをバックアップして復元できないときに行うことが多いです。

そのようなときは予めバックアップだけをとっておき、iPhoneリカバリーモードを使用してデータを復元するといった対処法があります。

リカバリーモードで初期化するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200420221017p:plain

iPhoneのデータをバックアップしたり、復元するのにはとても便利な方法でもあるリカバリーモードですが、リカバリーモードを使うことでいくつか気を付けないといけないことがあります。ここではリカバリーモードで初期化するときの気を付ける点を解説します。

データがすべて消去される

f:id:rick1208:20200420213131p:plain
復元を選択すると、全部のデータが消えてしまいます。また、アップデートを選びても、失敗した場合はデータが消えてしまうことがありますので、きちんとiCloudiTunesなどでバックアップをとってからリカバリーモードを行うようにしましょう。

バックアップのチェック

f:id:rick1208:20200420221742p:plain
何度もお伝えしていますが、iPhoneリカバリーモードとはデータが初期化されてしまいiPhoneがまっさらな状態になってしまいます。なので機種変更などを行うときには便利ですが、必ずデータを復元するのにバックアップがとれているかチェックをします。

上記の画面のようにパソコンでiCloudを使用してデータのバックアップがとれているかというチェックも必要です。

iPhoneリカバリーモードにするタイミング

f:id:rick1208:20200420213112p:plain
iPhoneiTunesに繋いでいたら、いきなり上の画面になってしまったなんてこともあります。これは何かしらの原因で、リカバリーモードが必要になってしまった時に表示されるときのタイミングの画面です。この場合、iTunesに繋ぐと上のような画面が出てきます。

iPhoneリカバリーモードになるタイミングとは「iPhoneのアップデート中に電源が切れてしまった」「iPhoneのバックアップ中にWi-Fiが切れてしまった」「iPhoneの落下によるiOSの損傷」などのタイミングによってリカバリーモードになります。

要するにiPhoneリカバリーモードになるタイミングとはiPhoneに何かしらの損傷や不具合が生じたときというわけですね。

リンゴループのとき

f:id:rick1208:20200420212452p:plain
リンゴループとは、iPhoneを起動しようとしてもリンゴマークが延々ループしてしまう現象のことです。リンゴループが起こる原因ははっきりとしたものはありませんが、一例として以下が挙げられます。iOSのアップデートが不完全で終わってしまった時。

iPhoneに入れているアプリの相性が悪く、何かしらの干渉が起こってしまっているタイミングなどで起こります。iPhone内部に液体の侵入などが起こり、本体内部に損傷が起こってしまった時。

リンゴループが起こっている場合は、電源を入れ直して起動するのが難しいです。リンゴループになったタイミングには1回リカバリーモードを試してみましょう。

iPhoneの画面がつかないとき

f:id:rick1208:20200420212437p:plain
また、リカバリーモードになってしまうタイミングや対処法としてはiPhoneに充電があるにもかかわらず、電源が入らなくなってしまったり画面がつかなくなってしまった時にも有効です。

きちんと充電がなされていれば、iTunesに強制的に接続してリカバリーモードに入ることが可能です。iPhoneの画面がつかないとなったらまず最初は充電してリカバリーモードに入るようにしましょう。

iPhoneリカバリーモード、DFUモードにする方法

f:id:rick1208:20200420222010p:plain
ある意味で便利なリカバリーモードですが、リカバリーモードの方法などを知らないと突然のタイミングで画面の表示が変わるので驚いてしまい対処法などを探してしまいますよね。しかしご安心ください。リカバリーモードを意図的に行う方法をご説明します。

手動でリカバリーモード行う場合、次の解説する方法でリカバリーモードに入ることが可能です。リカバリーモードはiPhone本体のみではできないのです。パソコンがない場合は知り合いに借りるか、正規サービスプロバイダや修理センターに相談しましょう。

リカバリーモードの手順

f:id:rick1208:20200420211746p:plain
まずリカバリーモードの方法としてはパソコンに入っているiTunesを最新バージョンにします。既にiTunesを起動している場合は1回閉じる。iPhoneをパソコンに接続してからiTunesを開きます。

iPhoneが接続されている状態で、次の方法でiPhoneの強制再起動を行います。Appleロゴが表示されてもボタンを放さず、上記の画面のように「iTunes に接続」画面が表示されるまで待ちましょう。iPhone8以降は音量を上げるボタンを押してすぐに放します。

次に、音量を下げるボタンを押してすぐに放し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで電源ボタンを押し続けます。

iPhone 7iPhone 7 Plusの場合には電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで押し続けます。iPhone6s以前の機種はホームボタンと電源ボタンを同時に押し「iTunesに接続」画面が表示されるまで押し続けます。

「復元」もしくは「更新」の選択肢が表示されたら、「更新」を選び、iTunesによるiOSの再ダウンロードを始めます。

iPhone用のソフトウェアがダウンロードされるまでしばらく待つ。万が一途中で「iTunesに接続」画面が閉じてしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、同じ作業を行いましょう。終了したら上記の画面のようになります。

iPhoneを取り出す」をクリック。そしてiPhoneの設定を再度してください。

DFUモードの手順

f:id:rick1208:20200420211803p:plain
リカバリーモードでもiPhoneの症状が修復しない場合は、DFUモードを試してみるという手段もあります。リカバリーモードはApple社がおススメしている方法ですが、DFUモードに関してはおススメされておりませんので、最終手段として自己責任で行ってみてください。

DFUモードを行う方法は同様に最新バージョンのiTunesを起動させます。iTunesが開いている場合は1回閉じ、パソコンにiPhoneを接続し、iPhoneの電源をオフにします。

DFUモードを使うにはまず電源ボタンを3秒間押し続けます。2つのボタンを10秒間ほど押し続ける必要があります。iPhone 6s以前、あるいはiPhone 7以降の場合→ボリュームダウンキー +ボタンと電源ボタンを押します。

iPhone8以降の場合はボリュームアップキーを押してすぐに放します。次に、ボリュームダウンキーを押してすぐに放し、「iTunesに接続」画面が表示されるまで電源ボタンを押し続けます。そして電源ボタンだけを離します。

ホームボタン(ボリュームダウンキー)はそのまま押し続けましょう。以上の方法で、DFUモードを行うことが可能です。

DFUモードとは、iPhone内のiOSの起動プログラムを使用せず、強制的にiTunesiPhoneを接続させる方法です。そしてDFUモードは、パソコンに接続してiTunesなどのソフトウェア側からのiPhoneを操作することになります。

要するにリカバリーモードを使用してもiPhoneに何も動作が起こらない時にDFUモードを使用してiPhoneにアクションを起こさせてDFUモードでiPhoneiTunesに接続された画面になればいいのです。DFUモードは聞きなれないと思いますが難しくはありません。

同様にそのあとはiPhoneを初期化することになります。

リカバリーモードを解除できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200408211403p:plain
いつものように何気なくiPhoneを使おうと思って画面を見てみたらリカバリーモードになってしまっていた、なんてことはありませんか。突然リカバリーモードになってしまったら、ただただびっくりしてしまいます。

リカバリーモードになっている時のiPhoneの画面を見ると、iTunesのマークにiPhoneのケーブルを接続するような表示がされていると思います。この状態でiTunesに接続すれば復元を勧められますが、バックアップデータがあれば実行してもいいと思います。

バックアップデータがないまま実行してしまったらiPhoneが初期化されるだけで復元させるデータがないわけです。そこでここではリカバリーモードを解除できない場合の対処法をご解説します。

解除できない原因

f:id:rick1208:20200408211228p:plain
iPhoneリカバリーモードになる原因の一つ目は、iOSのアップデート中やデータのバックアップ中にWi-Fi通信が途中で切れてしまった場合です。二つ目は、iTunesを使用してiOSのアップデートをしている最中にパソコンのバッテリーが切れる時。

あるいはスリープモードになって中断してしまった場合です。三つ目は、iPhoneを落としてしまったことが原因で不具合が発生し、まともに起動しなくなった場合です。他にも色々原因はありますが、何か原因でiPhoneが正しく動作しない状態。

要するにiPhoneが「不具合だ!」と感じたときにリカバリーモードが起動してしまう可能性があります。このような予期せぬiPhoneリカバリーモードはどのように解除することが可能なのと思いますか。そこで解除できないときの対処法をご解説します。

対処法

f:id:rick1208:20200407233845p:plain

iPhoneリカバリーモードが解除できないときの対処法としてはそれぞれの原因に対して何かしらのアクションを踏まなければいけないと思いますが大まかにいえば共通する点があります。リカバリーモードを解除できないときは焦らず対処法を読みましょう。

iPhoneリカバリーモードになってしまった場合、強制終了させてみましょう。強制終了させるにはiPhoneのスリープボタンとホームボタンを同時に5秒間押し続けます。すると画面が暗くなって強制終了します。再起動するにはスリープボタンを長押しします。

再起動後や強制終了後はiPhoneリカバリーモードが解除できないのが直っている可能性があります。


iPhoneリカバリーモードになったとしても、iTunesにバックアップデータがあれば復元することが可能です。逆にiPhoneリカバリーモードになったとして、バックアップデータがなければデータを救出することは可能でせん。

iPhoneのデータのバックアップが存在するかどうかはiTunesの「設定」を開きます。

そして「デバイス」を押します。バックアップしたデータがあれば「デバイスのバックアップ」という欄からチェックすることが可能です。

バックアップデータが存在する事が前提ではありますが、データを復元可能なのであればiPhoneリカバリーされても冷静になってiTunesを使用して復元を試みましょう。

iPhoneリカバリーモードになってしまってもiCloudにバックアップデータがあれば、データを復元させることが可能です。しかし、この方法もiTunesと同様にiCloudにバックアップデータがあることが前提です。

バックアップデータが存在するかどうかはパソコンからiCloudへサインインしてチェックすることが可能です。


バックアップデータが存在する事が前提ではありますが、データを復元可能なのであればリカバリーモードになっても冷静になってiCloudを使用して復元を試みましょう。

携帯会社によってはiPhoneの連絡先やメールのデータをクラウド上に保存してくれる月額サービスを展開しているところがあります。iTunesiCloudを使用することができない場合に役に立つと思います。

これでiPhoneリカバリーモードが解除できないということはなくなると思います。もしこの対処法でリカバリーモードが解除できないようでしたらAppleのカスタマーセンターに連絡することをおススメします。

iPhoneリカバリーモードのタイミングというのは突然やってきます。正直どのタイミングで訪れるかはわからないので実ときリカバリーモードになったらパニックに陥ってしまうと思います。また、データも初期化されるのでは?と思いますよね。

もちろんリカバリーモードはデータが初期化されます。しかし勝手に初期化されたら困るものばかりですよね。そこでいつでもリカバリーモードで初期化されてもいいように定期的に初期化されてもバックアップをとっておくことをおススメします。