漫画の地球儀

Googleスプレッドシートのチェックボックスの作り方!【挿入、記入規則、値を変更、ラジオボタン】

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートチェックボックス機能

f:id:rick1208:20200407204007p:plain
Googleスプレッドシートチェックボックス機能は、プロジェクトの進行状況や出欠チェックなど、多種多様な使用方法が出来る便利な機能です。インターネットに接続していないといけないというデメリットがありますが、モバイル通信が発達した現在では大したデメリットではありません。では、チェックボックス機能とはどんな機能なのと思いますか。

ラジオボタンと同様セルに依存することなく設置可能

f:id:rick1208:20200405184518p:plain
ラジオボタンとは、丸いボタンで2つ以上をグループとしています。ラジオボタンを選びていないときは白く、ラジオボタンをおして選択されると色が変わります。ですがラジオボタンの場合、同一選択肢内では1つしか選択が出来ないという特徴があります。対してチェックボックスはいくつでも選ぶことが出来ます。

チェックボックスラジオボタンもセルに機能が引っ張られがちな印象がありますが、ラジオボタンと違ってチェックボックスはセルをコピーするだけでチェックボックスごとコピーが出来、「Deleteキー」で消すのも楽々、フォントの変更からチェックボックスの変更もすることが出来ます。

そして、Googleスプレッドシートチェックボックスは、ラジオボタンと同じでセルに依存せず、細かな位置の調整から大きさや移動も可能ですからとても利用しやすい機能です。

チェックボックスの作り方「挿入」

f:id:rick1208:20200405184601p:plain
それではGoogleスプレッドシート上にチェックボックスを作っていきましょう。チェックボックスの作りかたはふたつありますが、まず最初は挿入編として、メニューを利用してチェックボックス作るやり方をご説明していきます。さらに、「条件付き書式」を使った書式変更方法も挿入編の最後でご説明します。

スプレッドシートチェックボックスの挿入での作成手順

f:id:rick1208:20200405184256p:plain
Googleスプレッドシートにおいては、チェックボックスの作りかたは2種類あります。1つは上記の画像のように、「挿入メニュー」からチェックボックスを選択する作り方です。それではGoogleスプレッドシートで「挿入メニュー」を活用したチェックボックスの作り方について、順を追って説明しましょう。

チェックボックスを追加したいセルを選択する

チェックボックスをどこに追加するかを決めます。シート内であれば、ラジオボタンと同様にGoogleスプレッドシートチェックボックスは依存しないので、後でチェックボックスを任意の場所へ移動させることが出来るので、どこでも好きなように選びてください。

一番上のタブから「挿入」を選びます。「挿入メニュー」に変わったら、「挿入」メニューから「チェックボックス」を選びます。大体上の画像のように真ん中より下寄りの位置に「チェックボックス」があります。

セルにチェックボックスが表示されたら、Googleスプレッドシートのチェックシートの作り人は終了です。あとは、ちゃんとチェックボックスが機能しているか、レ点をつけてチェックしましょう。

Googleスプレッドシートで、完成したチェックボックスをチェックしましょう。チェックボックスを選びて、レ点が付くかチェックしてください。レ点が付いたらチェックボックスは正常に機能しています。

Googleスプレッドシートチェックボックスにレ点が付いたことをチェックしたところで、配色を考えてみましょう。

Googleスプレッドシートチェックボックスは、「フォント」からサイズを変えることが可能です。テキストの色を変更で、チェックボックスを変更可能です。そのセルとチェックボックスの関係を、条件付き書式にも合わせて色を変えてみましょう。

まず条件付き書式を選び、セルの書式設定から「完全一致するテキスト」を選びます。さらにその下の対象となる文字列の記入欄には"True"と記入してください。その次に書式設定のスタイルを選びます。デフォルトでは緑色の背景が選択されています。最後に「終了」ボタンを押すと条件付き書式がセルに反映され色が変更されます。

これで、Googleスプレッドシートの条件付き書式の設定は終了です。条件付き書式のチェックのため、実ときにチェックをいれてみましょう。書式が任意の色に変わったら終了です。レ点が付くこともチェックしてください。

記入規則

f:id:rick1208:20200405183127p:plain
次はGoogleスプレッドシート内で、まとめて選びたセルを記入規則でチェックボックスにするやり方です。記入規則を使ったやり方でも、Googleスプレッドシートチェックボックスを作る事が可能ですので自分自身にあった作り方をお選びください。

スプレッドシートチェックボックスの記入規則からの作成手順

f:id:rick1208:20200405181653p:plain

それでは、「挿入編」でGoogleスプレッドシートチェックボックスを作るやり人は2つあると言ったようにGoogleスプレッドシートチェックボックスを作る方法の2つ目である、「データの記入規則」を使ったチェックボックスの作り方をご説明していきます。

Googleスプレッドシートを開いて、メニューバーから「データ」メニューを選びます。データメニューがプルダウンしたら、データメニューの表示の中から「データの記入規則」を選びます。

データメニューの「データの記入規則」を選択すると、「データの記入規則」の設定に移行します。同一名なのでややこしいですが、後者の人は設定が変更可能なウインドウとなっております。ウインドウの中に「条件」の項目があり、そのプルダウンメニューから「チェックボックス」を押します。

最後に、選択範囲にチェックボックスが表示されているのをチェックして、「データの記入規則」の設定を「保存」ボタンで保存します。ちゃんとレ点が付くことをチェック出来たら、Googleスプレッドシートの「データの記入規則」を使った、チェックボックスの作成は終了です。

「データの記入規則」を利用しても、「条件付き書式」を利用して書式変更することは可能です。チェックボックスを作る方法が異なるだけなので、挿入編で記した「条件付き書式」による書式変更の方法と同じやり方を行ってください。

スプレッドシートチェックボックスの値を変更する

f:id:rick1208:20200405181641p:plain

スプレッドシートチェックボックスは値の変更が出来ます。チェックボックスがあるセルの、数式バーをみてONかOFFと表示されており、そのONとOFFの情報がセルの値に連動しています。デフォルトではONの場合は「TRUE」、OFFだと「FALSE」の値として設定されていますが、これを変更するやり方を説明します。

スプレッドシートチェックボックスの値の変更手順

f:id:rick1208:20200405181542p:plain
それでは、Googleスプレッドシートチェックボックスの値を変更していきましょう。まずデータメニューから「データの記入規則」を選びて、「データの記入規則」の設定画面を起動します。

「データの記入規則」の設定メニューから、「条件」の項目を押します。すると表示されるプルダウンメニューから「チェックボックス」を選び、確定させます。

「カスタムのセル値を使用する」の項目にチェックを入れます。すると、条件の下に「チェックマーク付き」と「チェックマークなし」という表示が現れ、それぞれの横に記入欄が現れます。

上図にあるように、デフォルトではONの場合は「TRUE」、OFFだと「FALSE」と灰色で表示されています。ここに「Yes」「No」とか「はい」「いいえ」などと記入することで、チェックボックスの値を任意の表示へと変更させることが出来ます。「TRUE」と「FALSE」の代わりに任意の文字を記入して確定させましょう。

確定させたら「データの記入規則」の表示を「保存」ボタンを押して閉じます。スプレッドシートに戻ってチェックボックスを選び、レ点を入れたものと、入れていないものの表示が変わっていることをチェックできれば、Googleスプレッドシート上のチェックボックスの値の変更は終わりです。

まとめ

f:id:rick1208:20200405181702p:plain

Googleスプレッドシートの利点は、スプレッドシートで作って保存した表計算のデータは、オンラインで反映されることになります。保存したばかりのファイルを他の人に、リアルタイムでチェックしてもらうことが可能です。データを共有することでデータの紛失を防ぎ、同時に複数ユーザーと編集作業を行うことが可能です。

最近Googleスプレッドシートを活用する人が多くなってきており、Excelのユーザーに追いつかんばかりです。Googleスプレッドシートチェックボックスはラジオボックスと同様にセルに依存しませんからとても利用しやすい機能です。Excelユーザーだった方も、是非スプレッドシートを利用していってください。