漫画の地球儀

ps4がフリーズした時の対処法!【スタンバイモード、強制終了、固まった、コントローラー】

スポンサーリンク

PS4って、家庭用のゲーム機とは思えないくらいに機能性に優れていますよね。

ゲーム以外にも、ネットが使えたりDVDやブルーレイが見れたり…。
これ一台あれば、いろいろなことができます。

でも、そんな便利なPS4のコントローラーがいきなり動かなくなって焦った…という思いをしたことがある方も中にはいることでしょう。


今回は、そんな時にも落ち着いて対応できるように、PS4が動かなくなってしまう理由とその解決策をシェアしたいと思います

どうしてPS4がいきなり作動しなくなるの?

f:id:rick1208:20181226115116p:plain

実は、PS4が固まってしまうタイミングはパターン化されていることが多いんだそうです。


フリーズの原因は、ソフトの調子が悪いなどいろいろ考えられます。

しかしその中でも一番可能性の高い原因は、「スタンバイモード」という機能がPS4の動作の邪魔をしているということなんです。

「スタンバイモード」とはPCのスリープ機能をアップグレードしたようなものです。

いつでもゲームが楽しめるように自動的にコントローラーを充電してくれ、電源をいれるとすぐにPS4が起動しゲームの途中からまたプレイを始めることができます。
さらに、スタンバイのときでもアップデートを自動的に行ってくれる機能まで搭載している便利な機能なんです。


そんな有能なスタンバイモードですが、過去のPS4の不具合の状態までそのまま保存してしまうというマイナス面もあります。

それが積み重なってしまい、動作の不具合に結びついてしまうと言われているんです。

PCを定期的に再起動しないときに起きる不具合と似ていますね。

PS4が固まってしまったらどうしたらいい?

f:id:rick1208:20181226115409p:plain
それでは、PS4が突然動かなくなってしまったらどんなことをしたら良いのか、その方法を見ていきましょう!


PS4のコントローラーが動かなくなってしまったら、強制終了をする手段しかありません。

でも、ここで頭に入れておいて欲しいことがあります。
「PS4が破損する危険性があるので、いきなりコンセントを抜いてはいけない」です。


その前に、以下のことを行ってください。

①最初に、PS4の電源ボタンを10秒以上押しましょう。

10秒以上ボタンを押したままにしていると、強制終了の合図である「ピッ」という音が聞こえます。

②この音がなったあと電源がOFFになるので、そのあと少し待ちましょう。
その後再び電源をONにすると再起動状態になるので、コントローラーのフリーズは治っているはずです。

もし電源ボタンを長押ししてもPS4が無反応の場合は、仕方がないのでコンセントを抜いてください。

ただし、これは最終手段ですよ!
故障の原因になりかねないので、自己責任の元でコードを引き抜いてください。

PS4が固まってしまうのを事前に防ごう!

f:id:rick1208:20181226115147p:plain

PS4の突然のフリーズによって強制終了をしたりコンセントを抜くことは、機器に負担がかかります。
ですので、できれば避けたいことではあります。

ベストな方法は、PS4が突然作動しなくなるという事態を防ぐことです。


PS4が固まってしまう理由は、上記で触れたようにスタンバイモードを使いすぎるということによることも多いです。

ですので、なるべくPS4の電源は利用後はきちんと切っておくか再起動を定期的にして、機器に負担をかけないようにしておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20181226115223p:plain
PS4が突然動かなくなってしまうのは、「スタンバイモード」が原因となっている可能性が高いです。

コントローラーが動かなくなってしまうと画面をいじれなくなるので、PS4を強制終了せざるを得なくなってしまいます。

ただし、これは機器に負担がかかる行為なので、常用は避けたい対処方法です。


こういう自体に陥らないように、PS4を使い終わったら電源をOFFにしておくこと、あるいはこまめに再起動をしておくなど日常的に気をつけておいてください。

スタンバイモードを使いすぎないように工夫して、PS4を楽しんでください