漫画の地球儀

Google Playプロテクトの使い方!【無料、セキュリティ対策、Android、有害なアプリ、検知】

スポンサーリンク

Google Playプロテクトとは

f:id:rick1208:20200326124658p:plain
Google Playプロテクトとは、Android端末に最初から搭載してあるダウンロード不要の無料セキュリティソフトです。名前の通り、提供元はGoogle社です。Google PlayプロテクトはAndroid端末を安全に使用するので、バックグラウンドで色々な情報を調査、対応や通知をしてくれます。基本的な機能は以下の3つです。

アプリの安全性をチェックしてくれる

アプリの安全性をチェックしてくれる

まずアプリの安全性とは何かです。AndroidのアプリはGoogle Playストアからのダウンロードをおススメしています。

Googleが安全性を1次チェック、問題なければGoogle Playストアで配信します。

しかし、情報を抜き取る、端末に何かしらの不具合を生じる恐れのある「悪意あるアプリ」が、Googleの1次セキュリティを突破してしまうパターンも実際にあります。

Google Playプロテクトはダウンロードやアプリ起動時にスキャンします。アプリの安全性に問題がないかチェックして、不正ソフトウェアを排除する役割を持ちます。

Google Playストアのセキュリティチェックを通過したものに対して、第2のセキュリティチェックを担当する、それがGoogle Playプロテクトです。

問題があるアプリが検出されると通知してくれる

f:id:rick1208:20200324205819p:plain
では実ときに問題のあるアプリが検出されるとどのように対応するのかをご解説します。まずGoogle Playプロテクトは「ユーザーへ警告」という形で通知をしてくれます。

ユーザーへの警告とは、危険性があるので消去をおススメする意味です。不要なアプリの消去はユーザーが手動で実施します。通知をタップ、アンダウンロードを選択で速やかに消去可能です。警告の対象となったアプリはGoogle Playプロテクトによって、動作を一時的に停止、無効にされます。

有害なアプリの無効化を通知してくれる


Google Playプロテクトが明らかに悪意のあるアプリ、要するに不正ソフトウェアと判断した場合、該当アプリを完全に無効化、消去を自動で実施します。

このような対応になるパターンとは、Googleが不正ソフトウェアと既に感知している場合です。無効化となったアプリは2度とダウンロードしないようにしましょう。

Google Playプロテクトの設定方法

f:id:rick1208:20200324205857p:plain

Google PlayプロテクトがAndroid端末のセキュリティ向上に役立つことはご理解いただけたと思いますか。次に、Google Playプロテクトの設定方法をまとめます。

Google Playプロテクトのダウンロードは不要

Google Playプロテクトとは、Android端末に最初から搭載された純正のセキュリティソフトになります。要するに、Google Playストアからのダウンロードは不要です。使用しているAndroid端末には必ず入っていますので、そのチェック方法をご解説します。

端末でのGoogle Playプロテクトのチェック方法

f:id:rick1208:20200323232749p:plain
Google Playプロテクトのチェック方法ですが、まずGoogle Playストアから見てみましょう。画像赤丸のボタンをタップ、設定欄が開きます。

開いたウインドウを下にスクロールすると「Google Playプロテクト」がありますので、そちらを押して下さい。

Google Playプロテクトによってスキャンしたアプリ、問題の有無が表示されます。無効化されたアプリもここから見られます。定期的にこのウインドウをチェックするようにしましょう。

Google Playストア以外では、端末の設定からもチェック可能です。「設定」から「セキュリティとプライバシー」を押してください。一番上に「Google Playプロテクト」が表示されます。押すと、Google Playストアから見ることした内容と同じものがチェック可能です。

Google Playプロテクトのセキュリティー対策は安全?

oogle Playプロテクトが不正なソフトウェアを無効化して、端末の安全性を保っています。他のアプリは不要なのかGoogle Playプロテクトのセキュリティ性能から検討する必要があります。では、セキュリティ対策は万全なのかという点についてまとめました。

Google Playプロテクトだけでは不十分

f:id:rick1208:20200323232811p:plain
残念ながら端末のセキュリティとして、Google Playプロテクトだけでは不十分です。海外で実施した2018年1月の試験結果において、Google Playプロテクトで無効にできたAndroid向けマルウェア(悪意のあるソフトウェアやコード)は60~70%と報告されています。良い報告としては、ダウンロードや使用中における誤った警告、バッテリー寿命への影響が無い点です。
バッテリーには影響なし

要するに、セキュリティアプリを導入しなければ端末の安全は保たれない確率が高いと言えます。現在20を超えるAndroid向けセキュリティアプリがあります。セキュリティアプリを不要と考えず、使用環境に合ったものの導入を検討してください。海外で実施しているセキュリティ評価などを参考にすると良いと思います。

有名なセキュリティアプリをいくつかご解説します。

これらのアプリはマルウェアの検出率が高く、電池負担や不要な通信が少ないと報告があります。セキュリティ対策はご自身でちゃんと検討した上で導入されてください。

Google Playプロテクトの使用方法

Google PlayプロテクトはAndroid端末を保護する基本的なセキュリティシステムであり、各種データやアプリの安全性を保つ役割を担っています。それでは実ときにGoogle Playプロテクト使用方法である「スキャン」についてご解説します。スキャンとは該当データをチェック、悪質なマルウェアの有無をチェック、対応する行為になります。

スキャン方法

f:id:rick1208:20200323232716p:plain
スキャンの方法は2種類、自動スキャンと手動スキャンです。それぞれご解説します。

自動スキャン

自動スキャンはユーザーが操作せず、Google Playプロテクトが自動で端末を保護する機能になります。どのような状況でスキャンするのかというと、実は24時間常にデバイスを監視しています。端末の自動保護機能とも呼ばれており、余程の事情が無い限りは自動スキャンの設定は有効がおススメです。

自動スキャンの設定方法をご説明します。スキャンの内容を変更したり、またスキャン時間を設定するなどは可能でせん。自動スキャンは「オン・オフ」どっちかを選択するようになります。他のセキュリティソフトを導入しており、自動スキャンが不要であると判断した時以外は基本的には自動スキャンは有効にしましょう。

それでは手順の解説にすすみます。まずGoogle Playストアを開き、左上の三本線のボタンを押してください。左側に開いたメニューの中からGoogle Playプロテクトを選びましょう。

Google Playプロテクトの設定画面が開きます。画面下に「端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威をチェック」という項目があります。このチェックが有効になっていれば、自動スキャンが実行される設定です。自動スキャンが不要な場合はチェックを外しましょう。

手動スキャン

f:id:rick1208:20200323232627p:plain
次に手動スキャンの方法をご解説します。手動スキャンは任意のタイミングでGoogle Playプロテクトによるチェックを実施する機能です。端末の動作が不安定、ダウンロードしたアプリに不審な点がある場合などにおいて実施すると良いと思います。

Google Playプロテクトの設定画面に「問題はありません。有害なアプリは見つかりませんでした。」という項目があり、右側に矢印が円を描いたボタンがあります。ボタンをタップで「問題はありません」の下に「Playプロテクトによるスキャンを実行しています、、、」と画面に表示、数秒から1分程度でスキャンが行われ、何か異常があれば通知されます。

まとめ

Google Playプロテクトの仕組みや使用方法をご解説しました。一次セキュリティソフトとして動作も軽く、誤検知もない優秀ですが、マルウェアの検知性能はやや悪いため、他のセキュリティアプリの併用をお勧めします。Google Playプロテクトの弱点を他のアプリで補い、端末をより安全に使いましょう。