漫画の地球儀

iPhoneケースのTPU素材やPUレザーとの違い解説【スマホケース、メリット、デメリット、耐久性、通気性】

スポンサーリンク

スマホケースに使われる素材には、どのようなものがあるのでしょうか。よく使われているものとして、TPU素材やPUレザーを使ったスマホケースを見かけることが多いかもしれません。

新しいスマホケースを選ぶ際に、これらがどんな素材なのかを理解しておくと、日頃の扱いや手入れの仕方に役立ちますよね。
そこで、iPhoneケースなどによく利用されているTPU素材やPCレザーについてご紹介します。

TPU素材とは

f:id:rick1208:20181217141425p:plain
TPU素材とは、ゴムのように弾力性に優れた物質です。もう少し詳しく述べると、ゴム、プラスチック、TPE(熱可塑性ポリウレタン樹脂)の合成物質です。

熱可塑性というのは、一定以上の温度になると柔らかくなる性質です。このため、ある程度の強度が確保されつつ、加熱すると柔らかくなるため加工しやすい点などが評価されて、iPhoneケースなどによく利用されています。

特にクリアケースでは、かなりの高確率でTPU素材が使われていると言っていいでしょう。

TPU素材の人気の高さの秘密は、他にも理由があります。
大まかに分類すると、次のようなメリットが挙げられます。

・ゴムに似た触感なので、手にフィットしやすい
・カバーが長持ちする
・原材料のコストが安いので、安価で販売されるものが多い

こうして見ると、持ちやすく握りやすい点が高く評価されているようですね。適度に握りやすく摩擦も大きすぎないので、カバンなどから取り出す際も引っかかることなく取り出しやすいようです。

利便性に優れている一方で、次のようなデメリットもあります。

・耐候性がなく、変色しやすい
・キャラクター物などのデザインが少ない
・熱に弱い

TPU素材は紫外線が原因で黄ばみやすく、一度変色してしまうと黄ばみを取る方法はないようです。
TPU素材のカバーは、クリアケースに加工されている場合が大半です。この性質のために、着色などは向かない素材なのかもしれません。
キャラクターデザインのケースやディズニーキャラクターのケースを選びたいのであれば、ハードケースの中から選ぶ方が無難でしょう。
また熱に弱く、熱源の側で使用すると変形することもあります。ヒーターなどの側では利用しないようにしましょう。

PUレザーとは

f:id:rick1208:20181217141315p:plain
手帳型カバーを購入する際に、「PUレザー」という表記を見たことはあるでしょうか。
PUレザーは合成皮の一種で、天然の布地などをベースにして合成樹脂を塗った革のことです。他には、バックや革ジャンなどにもよく利用されています。
PUレザーの特徴は、次のような点です。

・ポリウレタンを利用しているので軽い
・水に強く、汚れにくい

外見はかなり革製品に似ているのですが、本革と比較すると、ややテカリが強い印象を受けます。それでも、防水性に優れ汚れにくいので、普段使いするのに向いていると言えます。

また安い価格で作れるので、手帳型ケースでもよく利用されるのでしょう。
ただし、次のような難点もあります。

・耐久性が低い
・通気性が悪い

スマホは日常的に利用するものなので、長期間使っているとかなりボロボロになってきます。また、通気性が良くないのでスマホから出る熱が逃げにくく、スマホが故障しやすくなると言われています。

現在、手帳型に使わケースれている素材としては次の3つが主流でしょう。
・本革
・PUレザー
・合皮レザー
ここでいう合皮レザーは、PUレザー以外の素材を使った合皮を指します。
使われる頻度は、PUレザー>合皮レザー>本革の順番です。

デメリットもあるPUレザーですが、スマホ自体が1~2年程度で買い換えるケースが一般的ですから、その際に新しく購入した機種に合わせてカバーも買い換えることも多いでしょう。

したがってこうしたデメリットについては、あまり神経質にならなくても良いかもしれません。

最後に

ここまで、iPhoneケースに使われるTPU素材、PUレザーはどのようなものかお話してきました。
どのタイプを選ぶかは個人の嗜好にもよりますが、デザインだけでなく、スマホにはめたときの使いやすさや保護機能にも着目して選びたいですね。

新しいケースを選ぶ際には、この記事を参考にしていただけると幸いです。