漫画の地球儀

Macでフォルダにパスワードをつける方法【個人情報、暗号化、プライベート、ディスクユーティリティ】

f:id:rick1208:20181211035004p:plain

Macで作成したフォルダ。どうやってパスワードをかける?

プライベートな写真を保存しておきたい。
個人情報の入ったデータを入れておきたい。
社外秘フォルダとして使いたい。

フォルダにパスワードをかけたい理由は人それぞれ。
Macを使っているご家庭や職場では、フォルダにパスワードをかけたい・鍵をかけたい場合もあるでしょう。

Macを万が一紛失した場合でも、パスワードが設けてあれば安心ですよね。


Macにおけるパスワード設定法は3つあります。

・「ターミナル」を使ってパスワード付きZip圧縮ファイルを作る
・アプリを使ったパスワード付きZipファイルを作る
・「ディスクユーティリティ」で暗号化したディスクイメージを作り、その中へファイルを入れる

この3つの方法ならフォルダにパスワードを設定することが可能です。

ちなみにWindowsだとパスワード付きzipは簡単に作成できるのですが
Macは少々手がかかります。

「ディスクユーティリティ」で暗号化したディスクイメージを作り、その中へファイルを入れる方法

今回ご紹介するのは、ディスクユーティリティで暗号化ディスクイメージを作り、その中に重要ファイルを保存する方法です。


1:Dock→Launchpad → 「その他」を選択
f:id:rick1208:20181212081220p:plain
2:「ディスクユーティリティ」を選択
f:id:rick1208:20181212081406p:plain
3:ディスクユーティリティのメニュー → ファイル → 新規イメージ → 空のイメージを作成
f:id:rick1208:20181212081413p:plain
4:「暗号化」を選択
f:id:rick1208:20181212081420p:plain
5:ここまできたら、セキュリティ強度の選択になります。

・ なし
・ 128ビットAES暗号化(推奨)
・ 256ビットAES暗号化(安全性重視、低速)

特別こだわりがなければ、推奨されている「128ビットAES暗号化」を選んでおきます。
f:id:rick1208:20181212081427p:plain
6:次にパスワードを設定します。
確認分もあるので、間違いのないように2回、パスワードを入れます。
f:id:rick1208:20181212081434p:plain
7:「選択」を選びます
f:id:rick1208:20181212081440p:plain
8:以下の2つを入力します
・ディスクイメージの名前
・マウントされた時の名前
f:id:rick1208:20181212081449p:plain
9:ここまでくればディスクイメージが作成されますので、完了を押して終了です。
f:id:rick1208:20181212081458p:plain
作成した後は、ディスクイメージの中へ鍵をかけておきたいファイルやフォルダを移動させます。
f:id:rick1208:20181212081507p:plain
取り出したい時には、左サイドバーにある赤枠の中「取り出しアイコン」を選んでください。

開く時にはパスワードを入力しましょう

2回目からは正しいパスワードを入力しなければ、暗号化解除できませんので、パスワードは決して忘れないように気をつけてくださいね。

f:id:rick1208:20181212081518p:plain
※注意!!
パスワード入力する時に、赤枠で囲ってある部分にはチェックを入れないように!!
「パスワードをキーチェーンに保存」と書いてありますが、ここにチェックを入れると大変です。
パスワードをかけていても、キーチェーン解除が可能となってしまいますよ。

パスワードを入力してOKをクリックすればマウント完了です。
f:id:rick1208:20181212081527p:plain
暗号化解除できれば、Finderへと表示が出てきます。
f:id:rick1208:20181212081533p:plain

まとめ

Macを使っていてフォルダにパスワードを設定したい方向けの情報でした。

パスワードの強度設定も重要ポイントですが

パスワード入力時に「パスワードをキーチェーンに保存」にチェックを入れてしまわないように注意しましょう!

家族で共有しているMacにプライベート写真を保存したい、個人情報データを保存したい、社外秘データを保管したい場合など
必要に応じて活用なさってくださいね。