漫画の地球儀

gmailでサーバーエラーが発生した時の対処法【gmailでメールが送れなくなった、502 tha's an error】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20181211033807p:plain

Gmailでメールを送ろうとしたら、
「サーバーエラーのため、メールを送信できませんでした。」
「502 tha's an error」
…こんな表示が出て、送信できなかったこと、ありませんか?

今回は、Gmail使用時にサーバーでエラーが起きてしまった時、チェックする項目についての情報を共有したいと思います。

メール送信にトラブルがあった際には、この記事でご紹介する項目を確認してみてくださいね♪

gmailでメールが送れなくなった!

f:id:rick1208:20181209063622p:plain
GmailをPCやスマホで使用するとき、サーバーエラーでメールの送受信が不可になったという経験がある方は多いと思います。

このようなときには、以下のようなメッセージが画面に表示されていることでしょう。
「サーバーエラーのため、メールを送信できませんでした。」
「システムで問題が発生しました。」
「502 that’s an error.」


メールのエラーが起きるのは、ネットワークや接続の設定が原因であったり、Gmailに問題があったりといろいろな理由が考えられます。

今回は、その中でもサーバーエラーに注目して、対処方法をご紹介しますね!

サーバーエラーが起きた時にチェックをする項目とは?

Gmailでサーバーエラーが起きてしまいメールの送受信ができなくなったら、以下のチェック項目を調べてみてください。

添付するファイルの容量が大きすぎる

急にメールが送れなくなったとき、まず確認して欲しいのは、「添付ファイルの大きさ」です。

Gmailで添付できるファイルの容量には、限りがあります。
送信するメールに添付するファイルの容量が、制限内であるかをチェックしてくださいね。

Gmailのアカウント・メールソフトの設定に問題がある

添付ファイルの容量に問題がない場合、Gmailのアカウントやメールソフトの設定に問題がある可能性があります。

例えば、何人かで同じGmailのアカウントを使用していて、その中の一人が設定をいじっていたりする場合、メールが送信できなくなることがあります。

具体的なチェック方法ですが、ブラウザでGmailが使えるかどうかを調べてみてください。

https://mail.google.com/mail/
上記のページから、WEBバージョンのGmailにログインが可能です。
このページからGmailが使えるかどうか、チェックをしてみてくださいね。

ネット接続に何らかのトラブルがある

その他にも、サーバーエラーが起きる原因はあります。

インターネットの接続にトラブルがある場合も、メールの送受信ができないこともあります。

他のブラウザやアプリからネット接続が出来るかどうか、確かめてください。

また、Gmailを一旦ログアウトして、またログインしなおすとメールが送れるようになっているケースもあります。
併せてこちらもお試しくださいね。

ブラウザやその拡張機能に何かしらのトラブルがある

お使いのブラウザ・拡張機能にトラブルが起きていることも、サーバーエラーの原因のひとつになりえます。

この対処方法は、以下の4つです。
いずれかを試してみて、Gmailが通常作動するかを確かめてくださいね。

・ブラウザを使用している場合アプリから、アプリを使用している場合ブラウザからメールを送信してみる
・使用ブラウザの切り替え(FirefoxからChromeに変えてみるなど)
・ブラウザのキャッシュを消去する
・アプリであればブラウザで、ブラウザであればアプリで試してみる

Gmail自体の問題

Gmail事態に何らかの問題があり、メールの送受信ができなくなるということも考えられます。

ただし、大手企業Googleが管理しているGmailでこのようなトラブルになることはそうないでしょう。


もし上記で紹介したどのケースにも当てはまらないのにメールの送受信ができない場合、Twitterなどで同じような状況の人がいないか調べてみましょう。

多数がGmailでメールの送受信に問題を抱えている場合、Gmail事態に何らかのトラブルが発生していることが考えられます。

まとめ

Gmail使用時にサーバーエラーが起きてしまった時に考えられる原因とそれぞれのチェック項目をご紹介しました。

まずはファイルの容量を制限内に抑えて、それでもまだ問題がある場合は今回ご紹介したそのほかの項目も調べていってくださいね。