漫画の地球儀

Twitterの自動フォローする方法は!!【自動リツイート、自動ふぁぼ、自動フォロー返し、】

スポンサーリンク

ツイッターの自動フォローをする方法

今やSNSはリアルな情報を瞬時にチェック可能なツールとして定番になっています。その中でもツイッターは日本では4500万人以上が使用し、日本国内での利用者数はLINEに次いで2位となるとてもメジャーなSNSツールとなっています。

ツイッターを使用し、つながりが増えるにつれツイッターでフォローされたときにフォロー返したり、自分自身のツイートに興味のありそうなツイッターユーザーをフォローしてフォロワーを増やす作業は時間がかかり、とても面倒に感じてしまうこともあるものです。

そこで、ここではツイッターで自分自身をフォローしてくれた人に自動でフォロー返しするやり方や、興味のあるキーワードから条件に該当するツイッターユーザーを自動でフォローするといった作業を自動で行う方法を解説します。

鬼ったーを使う

まず、自動でツイッターのフォロワーを増やすツールとして鬼ったーを解説します。鬼ったーを利用してツイッターのフォロワーを自動で増やす方法は以下の3ステップを繰り返しになります。

・自分自身のツイートに興味を持ちそうなツイッターユーザーがツイートしそうなキーワードを鬼ったー登録する。

・指定したキーワードを含んだツイートをしたツイッターユーザーを鬼ったーが自動でフォローする。

・数日でフォロー返しをしてくれない人は、鬼ったーが自動でツイッターユーザーのフォローを解除する。(2へ戻る)

このように設定したキーワードをつぶやいたツイッターユーザーを自動でフォローするというやり方を続けることで、自分自身のツイートに興味を持つ可能性のあるツイッターユーザーの目に自動で自分自身のツイッターアカウントの存在を触れやすくしてくれます。

なので、鬼ったーは以下のようなツイッターユーザーの方に特におススメな自動ツールになります。

・自動でツイッターのフォロワー数を増やしたい方
・無料でツイッターのフォロワー数を増やしたい方
・特定のキーワードに興味のあるツイッターユーザーだけを自動でフォローしたい方

自動フォローしてくれる

f:id:rick1208:20200322172022p:plain
では、鬼ったーは特徴についてさらに詳しく説明します。鬼ったーの機能として代表的なものはやはりツイッターアカウントの自動フォロー機能になります。このツイッターアカウントの自動フォロー機能のフォローの方法は以下の2つが使用可能です。

・自動フォロー:フォローしてくれたツイッターアカウントを自動でフォローし返す

・キーワード設定による自動フォロー:1日10人設定したキーワードを使ったツイッターユーザーを自動でフォロー

ただし、鬼ったーを使った自動化の方法は急激なツイッターユーザーフォローなどはできず、以下のような使用制限があるため使用時に注意が必要です。

・1日あたりのフォロー数:10件
・自動フォロー登録キーワード数:1件


しかし、ツイッター内で1回に数十・数百というフォロワーを自動で一気に増やすやり方を続けるとツイッター内でツイッターアカウントの凍結を受けやすくなります。

そのようなリスクを考えると、鬼ったーのような少数ずつ確実に自動でツイッターのフォローを行うやり方もメリットがあるといえます。

ある程度の期間を過ぎてもフォロバがない場合は自動で解除

f:id:rick1208:20200322171954p:plain

続いて、自動フォローしたツイッターアカウントにフォロー返しをしてもらえなかった場合に使用可能な自動リムーブ機能について説明します。

リムーブ機能とは自動でフォローしたツイッターユーザーのアカウントに対し、フォロー返しがないもののフォローを外す機能になります。

自動リムーブ機能は何日後にリムーブするかを自分自身で設定可能なため自分自身のツイッターアカウントについてフォロー数のみ多くなってしまっている状態を自動で防ぐことが出来ます。

ツイッターの自動ふぁぼ(いいね)をする方法

ツイッターにおいて、ツイッターユーザーに自分自身の興味を伝えるのに便利な”いいね”機能、通称「ふぁぼ」はフォローしてくれたツイッターユーザーに好意を伝え、コミュニケーションをとるときにとても役に立ちます。

しかし、フォロワーの数が多くなってくると、ツイッターでふぁぼ(いいね)を何十件と行うことが難しくなってしまう人も多いと思います。

そこで、このふぁぼ(いいね)についても自動で行える方法とツールを解説します。

Many Stars Creator Proを使う

f:id:rick1208:20200322195659p:plain
ツイッターでふぁぼ(いいね)を自動で行うツールをとしては「Many Stars Creator Pro」というツールを使うと便利です。

Many Stars Creator Proは気になるツイッターユーザーのツイートに対する自動ふぁぼ(いいね)やキーワード検索による自動ふぁぼ(いいね)が可能なツールになっています。

なのでMany Stars Creator Proは以下のようなツイッターユーザーの方に特におススメなツールになります。

・ほったらかしでツイッター内の気になるキーワードのツイートを集めたい人

・特定のツイッターユーザーのツイートに対し、常にふぁぼ(いいね)で反応を示したい人
f:id:rick1208:20200322195711p:plain
ツイッターでふぁぼ(いいね)を自動で行ってくれるツールとして有効なMany Stars Creator Proですが、2018年11月現在一般への公開が中止されており、簡単に使用できない状態になっています。

これまでダウンロードできたMany Stars Creator Proの機能については後述しておきますので、どのような自動ふぁぼツールなのか把握し、どうしてもMany Stars Creator Proを使用したい場合は1回メーカーに問い合わせるようにしてください。

シンプルで利用しやすいツール

Many Stars Creator Proが自動ふぁぼ(いいね)を行うための方法として用いられる基本的なやりかたは以下の2種類です。

対象となるツイッターユーザーを登録し、ツイートすると自動ふぁぼを実行する。

ふぁぼ(いいね)したいキーワードを設定し、ツイッター内の不特定沢山のツイッターユーザーのツイートの中に登録したキーワードがあった場合に自動ふぁぼ(いいね)を実行する。


上記の大きな機能の他にも「リツイートに関しては自動ふぁぼ(いいね)しない」、「NGワードを設定し、ツイートにNGワードが入っている場合は登録ユーザーのツイートも自動ふぁぼ(いいね)しない」など細かい自動化設定が可能です。

初期設定が簡単


Many Stars Creator Proの自動ふぁぼ(いいね)の初期設定のやり人はダウンロードしたファイルを開き、指示通りに必要な情報を記入していくだけで実行可能です。

Many Stars Creator Proの自動ふぁぼ(いいね)の初期設定に必要なステップは以下の3つです。

①Many Stars Creator Proを開き、アカウントを追加する。

②アカウントを設定するとツイッター社の認証フォームに進むため、ツイッターにログインしているツイッターアカウントをチェックし、「連携アプリを認証」を選ぶ。

ツイッター社の「連携アプリを認証」を選択するとPINコードが表示されるので、そのコードを自動ふぁぼ(いいね)ツールであるMany Stars Creator Proに記入する。

ツイッターで自動リツイートをする方法

f:id:rick1208:20200322172755p:plain
最後にツイッターでの拡散に最も有効な機能であるリツイートを自動化可能なツールを解説します。ツイッターの自動リツイート機能を有するツールで代表的なのは「MAKEBOT」と呼ばれるツールになります。
f:id:rick1208:20200322195747p:plain
MAKEBOTはツイッターAPIを使用した自動リツイートツールになっています。

API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)は必要な時にお互いのデータを使える引き出しと捉えてください。

なので、ツイッターAPIとはツイッター社が提供している、ツイッター内にある情報を外部の人も使用可能なようにするのでのアプリケーションになります。

MAKEBOTはツイッターAPIを利用してデータを引き出し、MAKEBOTに登録したキーワードを含むツイートを自動検索して自動でリツイートするツールになります。

MAKEBOTは無料プランと有料プラン「525円、月」があり、無料プランでは1日10回の自動リツイート、有料プラン1日1000回まで自動リツイートが可能になっています。

自動リツイート設定可能なキーワードは3つ、自動リツイートする時間も決めることが可能で、最短で5分間隔での自動リツイート設定が可能です。

ツイッター内で自動リツイート可能なMAKEBOTは以下のようなツイッターユーザーの人におススメです。

・特定の情報に対する色々な役に立つツイッター内のツイートを自動発信したい人

・興味のあるツイッターユーザーとツイッター内で自動でつながりたい人

twittbotを使う

f:id:rick1208:20200322195815p:plain
f:id:rick1208:20200322195824p:plain

自動リツイートは出来ないものの、自動でツイートを行いかつ自動でフォロー返しも行えるtwittbotもツイッターを自動で楽しむやり方として使用しやすいのでこちらも解説します。

自動ツイート、自動フォロー返しが出来るtwittbotは以下のようなツイッターユーザーの方におススメです。

ツイッターを利用して拡散したい内容が決まっており、自動化したいと考えている方

・特定の分野に興味のあるツイッターユーザーとツイッターを通して相互的に自動でつながりたい方
自動フォロー返しやツイートの自動化も可能

ツイッター自動フォロー返しを使うことも可能

f:id:rick1208:20200322172046p:plain
twittbotはツイートの自動化や自動のフォロー返しが可能なツールであり、とても簡単に自動化の設定が出来ます。twittbotの自動化に関連する基本機能は以下のようになっています。

・定期つぶやき(登録 or ランダムの自動配信の指定可能)
・条件をつけた返信(ツイッターユーザーから返信があった場合に登録した文章を自動返信)
・ 時間指定つぶやき(時間になったら自動でツイートする)
・自動フォロー返し
・夜時間帯つぶやき停止(不自然な時間の自動ツイートを止める)

続いて、ツイートの自動化の方法について詳細を説明します。

ツイートの自動化は以下の2ステップのやり方で進めることが出来ます。

ツイッター内で自動ツイートする内容を決め、登録する。
ツイッター内で自動ツイートのする時間を決め、設定する。


twittbotは無料版の場合、定期つぶやきを700個まで、時間指定つぶやきを200個まで設定可能です。

twittbotへ配信したい内容のツイートを1回登録してしまえば定期的にツイートがつぶやかれ、自分自身のつながりたいツイッターユーザーに向け常にツイートを行うことが出来るのです。

ツイッター自動フォロー返しを使うことも可能

twittbotはツイッターへの自動フォロー返しの実行も可能になります。設定は簡単で以下の3ステップで設定可能です。

①twittbotにログイン
②詳細設計を選択
③自動フォロー返しを設定


上記設定を行うと12時間に1回程度フォロー処理が行われ、1回の処理で登録しているツイッターアカウントあたり最大50回のフォロー返し処理が可能になっています。

ツイッターに関する自動化するやり方ついてご理解いただけたでしょうか。解説したツールを使い、ツイッターの機能の自動化が可能です。

しかし、自動化によって度が過ぎた量のフォローやフォロー返しを行うやり方を続けるとツイッター社からのペナルティの対象になってしまいます。

一般的に呼ばれているツイッターアカウントが凍結されてしまうツイートのやり方の基準は以下のようになっています。

・短時間で大量のフォローを行うツイートのやり方
・短時間で大量のリムーブを行うツイートのやり方
・主にリンクのみ発信するツイートのやり方
・沢山の人にブロックされるようなツイートのやり方


自動化のためにツールを使用するかどうかはツイッターアカウントの凍結リスクを加味し、十分検討したうえで決定するようにしてください。