漫画の地球儀

Twitterでバレずに相手をフォローする方法!【鍵付きアカウント、リプライ、ツイート、DM】

スポンサーリンク

ツイッターでフォローすると

皆さんはツイッターを使用していますでしょうか。ツイッター上で気になる相手のツイートが見たいときは、ツイッターでフォロワーしますよね。ツイッターでフォローしたら相手に通知がいくようになっています。

ツイッターフォローすると自分自身自身のツイッターのタイムラインに相手のツイッターのツイートが見れるようになります。しかし、ツイッターでフォローすると相手のツイッター上で「通知:○○さんにフォローされました」とご丁寧に通知が行ってしまいます。

ツイッターでフォローしたいけど、したらツイッターの通知が相手に通知されてしまう・・・・・・やっぱり通知で気づかれたくない、バレずにフォローできて通知させない方法があれば、知りたくないですか?!ここではその通知設定や通知のオフ設定などの方法をまとめています。

相手に通知がいく


ツイッターでフォローすると相手に通知がいくとはどおいうことなのかというと、画像のようにツイッターからあなたがツイッターでフォローしたことがツイッターの通知に出ます。ツイッターの初期の設定だと必ずツイッターでフォローしたことが通知されます。

通知されずバレずに、相手をフォローすることはとても難しいです。ツイッターでフォローせずに相手のツイッターのツイートを見みいくには、毎回詮索して見にいくしかありません。

しかし、フォローしなくても、バレずにツイッターのツイートを見ることは可能です。またツイッターから通知させない方法もありますので、後でまとめています。

鍵を掛けておかないと誰をフォローしているか丸見えになる

ツイッターに鍵をかけるとか、鍵付きアカウント、皆さんはこの鍵がツイッターではどおいう意味なのかご存知でしょうか。

ツイッターのカギとは、自分自身自身のツイッターのツイートの公開範囲を制限可能なというツイッターの機能のことです。

普通はツイッターでツイートしたら、だれでもツイッターのツイートを見ることが可能です。みなさんのツイッターのホーム画面を誰かが見た場合、過去のツイッターのツイートが丸見えになっています。

だからこそ、自分自身のツイートをみさせないために、ツイッターに鍵をかけるという機能を使用して、自分自身がツイッターのフォローを承認したフォロワーしか自分自身のツイッターのツイートをみさせないように、制限をかけれます。

ツイッターで通知が来るタイミング

f:id:rick1208:20200320185356p:plain
ツイッターからフォローされたら通知がいくと解説しましたが、ツイッターにはほかにもツイッターから自分や相手に通知がいくパターンがあります。

ツイッターで見ていることを相手にバレずに、こっそり見るためには通知タイミングを把握しておかなければなりません。

「○○したら、ツイッターから通知がいく」それをすべてまとめていますので、ツイッターの相手にバレずに過ごすためにもちゃんと方法チェックしてツイッターのツイートをするようにしてください。

フォローされた

ツイッターであなたがフォローしたら、相手からすると「フォローされた」時に、ツイッターから相手のツイッター上に通知がいくようになっています。

これは、ツイッター上でどんな手を利用しても、ツイッターでフォローしたら絶対に通知がいくようになっています。

なので通知させないままツイッターでフォローすることはできません。

ツイッターでフォローしたら、必ず通知が行くようになっています。

リプライ(返信)があった

f:id:rick1208:20200320185411p:plain
ツイッターのツイートにリプライというものがあるのはご存じでしょうか。

ツイッターツイートにリプライ(返信)があった時にも、ツイッターから相手に「○○さんからツイートにリプライがありました」とご丁寧に通知が行くようになっています。

これは、便利でツイッター上の相手ともやり取りできのでツイッターで交流したい、ツイッター上で自分自身自身のことを知ってほしい場合にはとても便利なツイッターの機能です。

しかし、通知させないことは可能でせん。

相手が通知を受け取らないようになっていても、通知覧には必ずあなたが相手のツイートにツイッター上でリプライを送ったことが残ります。

お気に入り又はリツイートされた

f:id:rick1208:20200320185422p:plain
ツイッターには、お気に入りやリツイートという機能があります。

これは、ツイッターの自分自身自身のフォロワーなどに、拡散したり、あとで相手のツイートをすぐ見れるように、ツイッターのブックマークみたいな機能です。

これはツイッターでフォローしていなくても、ツイートの持ち主に通知が行くようになっています。通知させないまま、お気に入りやリツイートをすることは可能でせん。

むしろ、お気に入りしらた、リツイートしたら、相手に自分自身自身の存在を知ってもらうチャンスにはなりますので、ツイッター上で相手に知ってもらいたい場合はツイッターのこの機能を使いましょう。

DM(ダイレクトメッセージ)が届いた

ツイッターには、ツイッターのタイムライン上でやり取り可能なリプライのほかに、相手と二人っきりでツイッター上で会話が可能なツイッターの機能があります。DMと言われているツイッターの機能です。

こちらもツイッターで相手に送ったら、あるいは、ツイッターの相手からDMが送られた瞬間にツイッターから通知が来るようになっています。

通知させないままDMをおくる機能はありません。

むしろ、バレずにDMをしたいということはあまりないですよね。

むしろあるとすれば、ツイッターサブアカウントを作って、私だとツイッター上でバレずにやり取りしたい場合はあるかと思います。

その場合はツイッターから通知がいった方が、ツイッターの相手から返信がくる可能性があがります。

ツイッターでバレずに相手をフォローする方法

では、ツイッターから通知が行かずに、バレずにツイッターをフォローする方法はありません。

探してもどうしてもフォローすることによってツイッターから相手に通知がいってしまうので、通知が行くことは仕方ありません。

しかし、ツイッター上の相手に自分自身自身のアカウントのツイートを見られずに、ツイッターで相手をフォローする方法はあります。

また、ツイッターでフォローをしなくても、ツイッターから通知がいかずに相手のツイートを相手にバレずに見る方法はあります。

それはツイッターの鍵付アカウントに変更したり、鍵付きのリストに追加すれば相手に、通知もいかずにバレずにツイッターのツイートを見ることが可能です。

鍵付きのリストに追加するだけの簡単で通知もいかずに相手のツイートを見れるのは便利ですよね。

鍵アカウントからフォローする

ツイッターには鍵アカウントへの変更や鍵付きのサブアカウントを追加することは、先ほど説明しました。

追加フォローしたら相手に通知が行くことは仕方ありませんが、鍵がついているアカウントは、相手からは自分自身自身のツイートは見られません。

ただし、相手が自分自身自身を追加フォローしたときに、追加フォローの承認をせずに放置しなければならないので、通知がいかなくても相手から怪しまれる可能性は十分にあります。

それなら、誰かわからないサブアカウントを追加して、追加でフォローした方がいいかもしれません。

通知はいきますがだれか分からないので、気にせず通知を送りまくってやりましょう。

フォローせずリストに加える


フォローすると、通知がいってしまいます。また間違ってフォローしてすぐ解除してもフォローした通知は相手にいってしまいます。

では、相手をフォローせずにリストに追加したらどうでしょうか。これも公開リストに追加してら通知がいってしまいます。

ではどうしたらフォローせず、通知がいかずに相手のツイートを見れるのかというと、鍵付きのリストを追加すれば、相手をリストに追加しても通知が行かずに、相手のツイートを見ていても通知されることはありません。

通知が行かない鍵付きリストを追加するには下の画像のところからリストを作って、追加作成したリストに通知がいっては困る相手を追加したらいいだけです。

これで相手に通知いかずに相手のツイートをみることが可能です。

まず最初は、ツイッターアプリから設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200320185209p:plain
次に作成ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200320185215p:plain
必要な項目を記入して完了をクリックします。
f:id:rick1208:20200320185224p:plain

f:id:rick1208:20200320185233p:plain
ここで追加したいツイッターユーザーを検索して、追加してください。

追加が終われば、完了をクリックして終了です。
f:id:rick1208:20200320185241p:plain

そもそも相手が通知しない設定にしている

これだけツイッターのフォローなどの通知に対して説明してきましたが、そもそも相手がツイッターからの通知が来ないように通知設定している場合もあります。

むしろ、ツイッターからの通知は量が多くて大変です。私もフォローされたぐらいで通知が来ては気が散りますので、通知はオフに設定しています。

しかし、相手が通知設定を「通知オフ」にしているかどうかは、私たちにはわかりません。むしろ通知してフォローしていることを気づいてほしい方には迷惑な話だと思います。

しかし、通知設定などの分からないことはどうしようもありませんので、通知設定がオフでもオンでも、フォロー通知が相手にいかないように、鍵付きのリストで通知への対策をしておきましょう。

ここでは相手に通知がいくのかどうか、通知がいく種類、通知がいかない方法などを詳しく説明しましたが、いかがでしたでしょうか。むしろ、通知に敏感になりすぎているようにも思いますが、それだけ通知がいってほしくない相手が誰かのかが気になります。

通知設定は使用方法しだいでとても便利な機能ですので、バレずに相手のツイッターを見たい場合は通知設定を非公開にした、非公開リストをうまく利用して見てください。