漫画の地球儀

iPhoneで赤外線通信はできるのか?【AirDrop、Wi-Fi、Bluetooth、設定方法、受信しない、】

スポンサーリンク

iPhoneで赤外線通信は可能?

f:id:rick1208:20200323185555p:plain
初めてiPhoneを使う方には気になると思います。iPhoneで赤外線通信が可能なのか。そのことについて詳しく説明していきたいと思います。

できない

f:id:rick1208:20200323124227p:plain
iPhoneで赤外線通信が可能なかと言う質問に対して率直に言うとiPhoneでは赤外線通信はできません。

iPhoneでは赤外線通信はできないのですが、その代わりにiPhone独自の通信サービスであるAirDropと言う機能が備わっています。

代わりにAirDrop

f:id:rick1208:20200323124301p:plain
iPhoneでは赤外線通信はできないのですが、その代わりにAirDropというiPhone独自の通信サービスがあります。

このAirDropは赤外線通信よりも優れている点も多くiPhoneの機能の中でも使いたい度数が高い印象です。

AirDropはOSバージョンによって不具合もあるので現在のiPhoneのOSが最新なのか調べておいてください。


iPhone不定期ですがウイルスなどによってiPhoneを乗っ取られないために常にセキュリティ強化を実施しています。

AirDropとは

f:id:rick1208:20200323124119p:plain
iPhoneの赤外線通信とも呼ばれているAirDropとはどういうものなのと思いますか?送信方法や共有可能なデータなどiPhoneの赤外線通信でもあるAirDropの機能性についてまとめてみました。

Wi-FiあるいはBluetooth等の通信方法を使用したデータの送受信

iPhoneには赤外線機能が備わっていないためAirDropは赤外線通信でスマホ同士共有するというものではありません。

iPhoneAirDropWi-FiもしくはBluetooth等の通信方法を使用しスマホ同士でデータの共有を行う機能です。

iPhoneの共有は赤外線通信ではないのでスマホ同士の距離もある程度広範囲になり、共有するデータなども多少大きくても送信、受信することが可能です。

送信可能なデータ

f:id:rick1208:20200323124151p:plain

iPhoneAirDropは赤外線通信よりも広範囲で大容量の機能ですが、どのようなデータを送信し受信することが可能なのと思いますか。iPhoneAirDropの機能をちょっとだけ解説したいと思います。

写真

f:id:rick1208:20200323124210p:plain
基本的なデータで言えば写真の共有です。iPhoneなどのスマホが普及してからというもの写真の画素数など容量が大きくなってきました。綺麗な画像を送ることも重要視していますが、iPhoneAirDropを使うと高画質な写真もすぐに相手に送信ができ、逆に受信も可能です。

動画

f:id:rick1208:20200323124132p:plain
昔の赤外線通信では不可能と言われた長時間で高画質の動画共有ですが、iPhoneAirDropを使うと短期間で共有することが可能です。

iPhoneの強みとも言えるAirDropは長時間の動画の送信も可能で使用方法もシンプルなので利用しやすいと評判です。

AirDropを使いこなせるとiPhoneを使いこなしていると言っても過言ではないくらい人気の機能です。

書類

f:id:rick1208:20200323124347p:plain
昔は赤外線通信で送ることのなかった書類ですが、今の時代パソコンでもスマホでも書類を作ることができ、メールなどで送信するだけではなくiPhoneではAirDrop機能を使えば大容量でスピーディーに相手にデータを共有することが可能です。

昔から赤外線通信をよく利用していた人にとっては不思議かもしれませんがiPhoneでも書類を作って共有することが可能なのです。

iPhoneよりもiPadの方が書類は作りやすいですが、AirDropはどっちもありますので共有面では全く同じです。

連絡先

f:id:rick1208:20200323124326p:plain
使用方法にもよるのですが、昔も赤外線通信で連絡先のデータを共有できていました。

iPhoneでもAirDrop機能を使うとすぐにデータ共有することが可能なのですが、iPhoneでは自分自身の連絡先だけではなく自分自身の連絡帳に入っている人のデータであればすぐに共有することが可能なのでビジネスマンとしてはすごく手間が省ける便利な機能の1つです。

WEBページ

f:id:rick1208:20200323024240p:plain
意外と知られていませんが、iPhoneAirDropはWEBページも共有する方法があります。共有したいWEBページからiPhoneAirDropを使えば数秒で相手に送信することが可能です。

赤外線通信の場合相手も受信待ちをしないといけなかったのですが、iPhoneAirDropは近くにiPhoneがあってAirDropを受信する設定にしていればすぐにでも共有することが可能です。

ビジネスではiPhoneよりもiPadのようなタブレットの方が仕事の効率化ははかどるのですがiPhoneでもちゃんと共有することが可能なのでご活用ください。

iPhoneの赤外線、AirDropの設定方法

f:id:rick1208:20200323185709p:plain
iPhoneの赤外線通信であるAirDropの設定方法と使い人はどうすればいいのと思いますか?基本的にiPhoneの使用方法をまとめています。

送信側のiPhoneWi-FiもしくはBluetoothをオンにしておく

f:id:rick1208:20200323185726p:plain
iPhoneの画面で上から下にスワイプすると別画面が出てきます。

iPhoneでは赤枠で囲っている左側がWI-FIアイコンで右側がBluetoothマークになります。画像のように色がついていれば設定がオンになっています。

iPhoneAirDropを使う場合はWI-FIもしくはBluetoothの設定をオンにしておきましょう。送信側のiPhoneの設定はこれで終了です。赤外線通信より簡単ですね。
受信側のiPhoneで、「AirDrop」受信を許可しておく

次に受信側のiPhoneの設定は「AirDrop」受信を許可する必要があります。まず最初はiPhoneの設定アイコンを開きます。

iPhoneの設定を開いたあとは一般を押しましょう。送信する側よりもちょっと設定方法が難しそうに感じますが、セキュリティ強化のためなのでしかたないです。

iPhoneの設定から一般を選択すれば上記のようなページに移動します。そこにあるAirDropを押して詳細設定を行います。

iPhoneAirDropの受信許可までもうちょっとです。


・受信しない
・連絡先のみ
・すべての人

があると思いますが、送信者の連絡先情報があるのであれば連絡先のみにしましょう。連絡先がない場合はすべての人にします。

受信しない

iPhoneAirDropを受信しないとなっている場合は誰からの情報も受け付けないという設定になります。

赤外線では赤外線設定があると思いますが、iPhoneAirDropで受信したい場合はこの設定を変更しましょう。また使わない場合は受信しないで戻しておくことをオススメします。

連絡先のみ

iPhoneAirDropを連絡先のみに設定すると受信範囲が連絡先に載っている人のみになります。

ラインしか知らない人の場合大半連絡先を知らないということもあると思いますので、iPhoneAirDropの受信ができない場合設定変更しましょう。

すべての人

iPhoneAirDropをすべての人に設定すると誰からのAirDropでもiPhoneは受信するという設定になります。あとで気を付ける点をお伝えしますが、連絡先を知らない方から受信したい場合はこの設定方法にしておきましょう。

連絡先送受信

f:id:rick1208:20200323185904p:plain
次は実践編です。iPhoneの赤外線と言われるAirDropの使用方法~連絡先送受信~をしてみましょう。iPhoneはすごく簡単な作業で情報共有可能ですので挑戦してみてください。

「ホーム画面」⇒「すべての連絡先」⇒「送りたい連絡先」を押す

f:id:rick1208:20200323185916p:plain

それではお持ちのiPhoneを見ながら手順通りに進めてください。iPhoneの画面で連絡先アプリを開きます。

iPhoneの連絡先を開くとiPhoneに登録している方の情報が載っていると思います。その中から共有したい人を押してください。

連絡先の中にある「連絡先を送信」を押す

次にiPhoneに登録している連絡先からメモ一覧あたりに「連絡先を送信」という項目があるので押しましょう。
対象者のアイコンをタップ

これで送信側のiPhoneで行うことはありません。あとは受信側の方で受け取り許可をすれば完成です。


受信者側に共有するかどうかの通知が届きますので、「受け入れる」か「受け入れない」かの選択

f:id:rick1208:20200322143754p:plain
受信側にiPhoneの連絡先を「受け入れる」「受け入れない」の文字が出てきますので「受け入れる」をタップすれば共有終了です。赤外線みたいに携帯通しを合わせたりするのではなく近くにいるだけで共有可能ですのでiPhoneを通して簡単に共有可能です。

画像送受信

f:id:rick1208:20200322143834p:plain

iPhoneの赤外線と言われるAirDropの使用方法~画像送受信~です。どのように画像を共有するのと思いますか。

「写真」⇒「モーメント」⇒「送りたい画像を押す」左下のアップロードボタンを押す


iPhoneの赤外線とも言われるAirDropで画像を送信する方法を解説します。

画像を送りたい相手のアイコンを押す

f:id:rick1208:20200321234701p:plain

iPhoneの写真アイコンから送りたい画像を押します。

その後近くのiPhoneのアイコンが出てくるので送りたい相手をタップすれば送信側のiPhoneで行うことはありません。赤外線よりも簡単ですね。

iPhoneの赤外線、AirDropを使用するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200321234731p:plain

iPhoneの赤外線とも言われるAirDropを使用するときの気を付ける点についてまとめました。

iPhoneの赤外線とも言われるAirDropですが使用方法が簡単であるが故に注意しないといけないことがあります。

iPhoneの機能が損なわれたりトラブルでいうと人を不愉快にさせてしまったり被害にあったりしてしまうほどiPhoneの赤外線と言われるAirDropは注意しないといけません。

データ通信の為、バッテリーの消耗が激しい

f:id:rick1208:20200321232443p:plain

iPhoneの赤外線とも言われるAirDropを使用するとデータ通信のためバッテリーの消耗が激しいです。

iPhoneの赤外線と言われるAirDropを1日数回程度使用するくらいなら問題もないのですが、iPhoneで赤外線みたいに数十回、数百回と1日で利用してしまうとiPhoneのバッテリーの消耗が激しくなります。

iPhoneの充電が1日持たないというトラブルが起こりうるのでiPhoneをよく使う人は気をつけましょう。

使わない時は手動でオフ

f:id:rick1208:20200321232332p:plain
iPhoneの赤外線とも言われるAirDropをよく使う人やiPhoneの充電の消耗が激しい場合はAirDropをオフにしておきましょう。

オフにすることでiPhoneの充電の消耗を抑えることも可能ですが、このあとお伝えするiPhoneトラブルを未然に防ぐことも可能です。

Airdrop」を「全員」に設定した場合の気を付ける点

f:id:rick1208:20200321232400p:plain
iPhoneの赤外線と言われるAirDropを使ったことがある人でよくあるのが、受信したあと設定をそのままにして放置する場合です。


特にiPhoneで「すべての人」で受信した場合誰からのiPhoneデータを受け取るという設定になっています。


例えば電車内で乗客の中にはiPhoneを利用している人がたくさんいます。


赤外線みたいにお互いのものだけを受信するという方法ではなく、誰からのiPhoneでも受信するので気持ち悪い写真や間違って個人情報を受け取ってしまうなどの場合があります。

故意で送られる場合もありますが、間違って送られる場合もあります。iPhoneを触っていて知らない人からデータが送られるとびっくりしますよね。

そのようなことのないように気を付けておきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200321225324p:plain
iPhoneの赤外線と言われるAirDropですが便利な反面トラブルにも合う可能性もあります。ただちゃんと使いこなせばこれほど使いやすく便利な機能はありません。ぜひお試しください。