漫画の地球儀

Twitterでリツイートできない原因とは【対処法、エラー、不具合、鍵垢、回数、ブロック】

スポンサーリンク

witterでリツイートできない原因

まず、ツイッターリツイートとは、他のユーザーのツイートを、自分自身のフォロワーのタイムラインに出しる仕組みのことです。

したがって、相手の鍵垢で他の誰かのツイッターのツイートを自分自身が再投稿するということで、鍵垢でリツイート機能を理解しうまく使用できれば、あなたのツイッターのフォロワー全員でツイート共有可能です。

そして、相手の鍵垢でツイッターのツイートの初めにツイッターリツイート(RT)と記入して、鍵垢で他の人のコンテンツを再投稿することを知らせる人もいます。

また、通常のツイッターのツイートと同様に思えるリツイートですが、小さめの「リツイートアイコン」がつき、リツイートしたツイッターのユーザーの名前がそのアイコンの隣に表示されるのが特徴です。

また、鍵垢でツイッターアプリでリツイートしようとしたときに、ツイッターの「リツイート失敗」というエラーが出てリツイートできない場合があります。

そして、「最新情報」として、2018年6月7日22時35分頃より、鍵垢でリツイート失敗エラーなどの理由が発生する障害が発生している模様です。

そこで、相手の鍵垢でツイッターの「リツイート失敗」エラーで、リツイートをしようとしたときに、鍵垢で「リツイート失敗」という次のエラーが出る場合があります。

そして、ツイッターの鍵垢でリツイート失敗と出て、失敗しましたの場合の理由では、もう1回リツイートをお試しください。

その原因は、ツイッターの鍵垢でリツイート回数制限によるもので、この主な理由は、リツイートをしすぎたことによる、リツイートの一時的な回数制限です。

また、ツイッターの鍵垢でこのエラー(不具合)が出る前にツイートやリツイートを繰り返していた場合の理由では、このリツイートの回数制限に引っ掛かる可能性があります。

なお、これが原因の場合の特徴の理由では、ツイッターの鍵垢でリツイートを連続で行ったこと、どのツイートもリツイートできないこと、通常のツイートもできないこと(不具合)、などがあります。

要するに、注意として、どれかが当てはまらないからといって(不具合)、制限ではないと判断が付くわけではありません。
f:id:rick1208:20200321234443p:plain
なお、現在の最新版アプリでこのエラー(不具合)が出る場合、回数制限やこれが原因となっている場合が多いようなので、一時的な制限が解除されるまで、数時間待つようにしててみてください。

それで、 もし、鍵垢で消去済みツイートならば、回数制限や消去済みツイートをリツイートしようとした場合、「ツイートが見つかりませんでしした」(不具合)。

そして、回数制限で鍵垢でこのツイートはリツイート可能でせん」という別のエラーになるので、「リツイート失敗」(不具合)の原因は消去済みだから、というわけではなさそうです。

それで、もし、鍵付きアカウントのツイートならば、鍵つきのアカウントのツイート(非公開ツイート)を間違えてリツイートしようとしても、最新版のツイッターアプリでは、そもそもリツイートボタンが押せない状態になっており、押すこと自体が可能でせん。

そして、もし、全く別の不具合ならば、全く別の不具合、や、新しいバージョンで発生しているだけの不具合かも知れませんし、その場合については、アプリの再起動や、iPhoneの再起動をやってみることになります。

非公開アカウント(鍵垢)のツイート

f:id:rick1208:20200321234451p:plain
ここで、ツイートがリツイートできないときの原因についてですが、ツイートした相手が自分自身を「ブロック」している場合、そのユーザーのツイートはリツイートすることが可能でせん。

なお、プロフィールページのユーザー名と情報の隣、もしくはツイートに「鍵マーク」が表示されている場合は、そのツイートはツイートしたユーザーのアカウントが非公開設定であるのです。

したがって、リツイート機能を使用してツイートを他のユーザーと共有することは可能でせんし、自分自身の回数制限のツイートも回数制限のリツイート可能でせん。

さらに、回数制限のリツイートは、通常ツイートを含め合計で1日1000件までという制限があります。制限数に達した場合、それ以上の回数制限のリツイートは制限されます。

また、回数制限のリツイートとは、ツイートを再びツイートすることで、ツイッターリツイート機能を使うと、その回数制限のツイートをフォロワー全員とすばやく共有可能です。

なお、自分自身の回数制限のツイートや別のアカウントのツイートをリツイートすることができ、アカウントによっては、ツイートの先頭に「RT」と記入して、他のアカウントのツイート内容を再投稿していることを示す場合もあります。

そして、これはツイッターの公式のコマンドや機能ではありませんが、他のアカウントの回数制限のツイートを引用していることを知らせることが可能です。

あるいは、回数制限のリツイートはどのように表示されますかというと、リツイートにもツイート作成者の名前とユーザー名が表示されるので、通常のツイートと同様に見えます。

しかしながら、回数制限のリツイートアイコン と、回数制限のツイートをリツイートしたアカウントの名前が表示されるので見分けがつきます。

そして、あなたのタイムラインにフォローしていないアカウントの回数制限のツイートが表示された場合は、そのツイートにあるリツイート情報をチェックしてください。

また、リツイートしたアカウントは、あなたがフォローしているアカウントのはずですので、サードパーティーアプリケーションでは、リツイートの表示方法が異なる場合があります。

それから、アプリがツイッターの回数制限のリツイートAPIを使用している場合にのみ、そのアプリにリツイートが表示されます。

また、多くのアプリに独自の回数制限のリツイート機能が組み込まれていますが、このような機能から行ったツイートはツイッターでの正式なリツイートとして扱われません。

したがって、これをテストするには、サードパーティーアプリからリツイートし、ツイッター、comで自分自身のプロフィールをチェックしてみてください。

一方で、リツイートはどこに表示されますかというと、他のアカウントがリツイートしたツイートで、あなたがフォローしているアカウントのリツイートは、ホームタイムラインに表示されます。

また、通常のツイートと同様に、ブロックしたアカウントのリツイートは表示されませんし、他のアカウントがリツイートしたあなたのツイートで、「通知」 タブに移動します。

なお、「通知」 タブには、最近リツイートされたツイートや誰がリツイートしたかなど、あなたのツイートに関連するすべてのアクティビティが表示されます。

さらに、リツイートを非表示にする方法についてでは、特定のアカウントが共有する情報を見たくない場合、そのアカウントのリツイートを非表示に可能です。

また、そのアカウントのプロフィールページで 「リツイートは表示しない」 を選択すると、そのアカウントがリツイートしたツイートが表示されなくなります。

そして、iOSでは、設定アイコン を押し、ツイッター、comあるいはAndroidでは、メニューアイコン をクリックあるいは押します。

なお、リツイートの表示と非表示の設定は過去にさかのぼって適用されないため、すでにタイムラインに表示されたリツイートは消去可能でせん。

要するに、すべての消去済みのアカウントのすべてのリツイートを非表示にすることは可能でせん。

また、消去済みのリツイートを取り消したり、消去したりする方法についてでは、ツイート内でハイライト表示されているリツイートアイコン をクリックすれば、リツイートを取り消すことが可能です。

そして、この操作であなたのタイムラインから消去済みのリツイートが消去されますが、消去済みの元のツイートが消去されるわけではありません。

それに、自分自身の消去済みのリツイートが表示されなくなったのはなぜですかということですが、作成者が消去したなどの理由で元のツイートが消去されたか、作成者のフォローしているアカウントが消去あるいは凍結されると、相手のリツイートは表示されなくなります。

また、消去済みのリツイートできないツイートがあるのはなぜですかというと、相手のプロフィールページのアカウント名の横に、あるいはツイートに鍵アイコン が表示されている場合、その相手のツイートは非公開のため、リツイートすることは可能でせん。

そして、自分自身の消去済みの非公開ツイートを相手のリツイートしたり、消去済みのコメントを付けて相手のリツイートしたりすることは可能です。

しかしながら、そのようなリツイートや引用ツイートは、フォローしている相手のフォロワーだけに表示されますし、非公開アカウントがあなたのフォローリクエストを承認した場合、相手のタイムラインにそのアカウントの非公開ツイートが表示されます。

ただ、消去済みのフォローしている相手のアカウントが非公開になっているため、その消去済みのアカウントのフォローしている相手のツイートをリツイートすることは可能でせん。

また、消去済みのリツイートには制限はありますかということですが、1つのツイートがリツイートされる回数に制限はありませんが、ツイッターに表示される公開ツイートのリツイートは、最新の投稿100件までです。

そして、消去済みのリツイートも、消去済みのアカウントが1日に送信可能なツイート数の制限(1、000件)の対象になります。

そして、この記事をブックマークに追加するか、共有することです。

ツイートした相手が自分自身を「ブロック」している

また、ブロックしている消去済みのフォローしているユーザーからのリツイートが届かない原因として、フォローしているはずのブロックしているユーザーからのリツイートが、自分自身のタイムラインに届かないということもあります。

なお、その場合、ブロックしている消去済みのフォローしている相手ユーザーを間違って「ブロック」している可能性がありますので、再度チェックし、もし「ブロック」しているのであれば「ブロック」を解除しましょう。

さらに、その消去済みのフォローしているブロックしているユーザーのリツイートを非表示にする設定になっている可能性があります。

1日1000件以上ツイートしている


また、非表示から表示にするには、まず、そのブロックしている相手ユーザーのプロフィール画面の「人型アイコン(iPhone)」(あるいは「省略アイコン(Android)」)を押します。

そして、次に、「リツイートを表示」を選びて、これらの設定はそのブロックしているユーザーをフォローしている必要がありますので、フォローしていない人のリツイートは自分自身のタイムラインには届きません。

ツイッターリツイートできない対処法

f:id:rick1208:20200321234731p:plain
早速ですが、対策まとめとしては、まず、アプリを最新版にアップデートし、そしてひとまず、アプリの再起動とiPhoneの再起動をします。

なお、それでも同じエラーが出ることがチェックできたら、数時間、例えば6時間程度、「何もせずに」待ってみてください。

また、もう直ったとやってみること自体が、復旧の妨げとなる可能性があるため、何も試さずに放置して待ちましょう。

非公開アカウント(鍵垢)のツイート

まず、非公開のリツイートできないつぶやき(情報)から、前に非公開のリツイートかいいねしている人を見つけます。

なお、非公開のこういうつぶやき(情報)の理由は、誰もがリツイートしたいと思っているつぶやき(情報)なので、自分自身のタイムラインに流れてくる時は、何人かがリツイートかいいねをしていると思います。

また、誰でもいいですし、その中に非公開のフォロワーがいれば、その人が いいかなと思いましたら、前に非公開のリツイッートした人の理由は、非公開のつぶやき(情報)探すのが大変で新しいほど見つけやすいです。

さらに、その人のタイムラインに入って、そのつぶやき(情報)を探し、そこからだとリツイート、いいね可能です。

また、理由の対象外として、非公開のリツイート、いいねが1人もついていない場合はこの対処法は可能でせんが、ブロックされていてのリツイート可能でせんし、対象外です。

さらに、非公開のツイッターの凍結の場合の理由では、ツイッターは、情報交換や交流の場としてとても便利なツールですし、非公開のツイッターを開き情報収集していますが、たまにフォローしている人の理由凍結して見れない事もあったりします。

その理由としては、ルール違反したり、迷惑な非公開のツイートと見なされ、数多くの人から通報されたり、した場合に凍結されると思っていたのですが、他にも理由があるんです。

さらに、過剰な非公開のフォローや短すぎるツイートも凍結の理由になるようですし、1時間に80件以上のフォーローを何回もするとか、一文字だけの非公開のツイートとかマナーの問題みたいです。

ツイートした相手が自分自身を「ブロック」している

f:id:rick1208:20200321234701p:plain

まず、普通にRTしようとしてエラーが出たときの対処には2つのトラブルが起きていないか?考えてから対応します。

1つ目は、RT投稿後にエラー(不具合)メッセージが表示された時の対応で、2つ目は、RTを投稿後に「既に同じツイートを送信済みです。」とエラー(不具合)メッセージが表示されます。

そして、つい最近のRTでまんま同じ文章の投稿しているのが原因で、別の文章に書き換えてからRTしましょう。

そして、上記の流れで、別のRT作って送ってもRTできない場合は、ツイッターアプリやWebブラウザーが最新バージョンになっているか、最新でなければアップデート後にもう1回試してください。

1日1000件以上ツイートしている

また、リンクURL付きRTをしようとしてエラーが出た場合は、ツイッター社が事前に危険を伴うアクセス先となるURLやデータをもっていて、その条件に引っかかったときにエラー表示が出てRTできない事があります。

そして、リンクを消去してRTする方法や、ツイッターサポートチームへ報告する、また、ツイッターへ報告するやり人は「ツイッターヘルプセンター | 自分自身のウェブサイトがマルウェアあるいはスパムと判定された」を見てください。

なお、ちなみにアクセスを遮られるようなURLは、公序良俗に違反する内容のサイトとなっていることが多いようですし、判断基準として「小学生に見せて教育上問題がありそうなページ」だと上のようなエラーが出るようです。

さらに、ツイッターで画像、動画付きRTができない時の対処法では、ツイッターを出先などで利用しているそんな時に限って、調子が悪くなることがあります。

また、特に画像や動画を添付してRTしようとした時に、「通信環境不良(自分自身がいる場所の電波が弱いなど)」が原因で、RTや画像表示が遅くなったり、エラーでツイートできないという状態になります。

したがって、これを解決するには「通信環境の良い場所へ移動する」以外ありませんが、特に地下や山奥などではいつでも通信環境が悪いと思って気をつけた方がいいです。

そして、他にも高いビルに囲まれていたり、金属の構造物に囲まれている場所だと電波障害を受けやすいのでツイートしづらくなります。

なお、モバイル通信だと、環境のせいで電波障害を受けやすくなりますが、そんな時はWi-Fiに切り替えて使うのも手です。

そして、ツイッターで画像つきRTの画像が入れ替わるトラブルへの対処法としては、画像付きRT投稿時に、まれに全く関係ない画像と入れ替わってしまうことがあります。

あるいは、原因は今のところわからないので、何度か同じ動作にチャレンジして何度も同じ結果が出た場合はツイッター側にトラブルが発生していると考えて、しばらくツイッターの使用を控えてください。

一方で、ツイッターアカウントが規制にあってRTできない場合では、ツイッターの使用規則違反にひっかかると、条件次第で10分~数時間で、長い人になると1日経ってもロックがかかってしまうことがあるようです。

ここで、ツイッターリツイートできない原因への対処法についてですが、リツイートしようとして出来ないときには次の事が考えられます。

1つ目は、消去済みツイートだったこと、2つ目は、エラー表示で「ツイートが見つかりませんでしした。このツイートはリツイート可能でせん」と出たら、消去済みであったことです。

3つ目は、ツイート主から自分自身が「ブロック」されている場合で、4つ目は、フォロワーのリツイートが届かない場合で、5つ目は、自分自身でツイート元のアカウントをブロックしている場合です。

その他のツイッターリツイートトラブルシューティング

f:id:rick1208:20200321234749p:plain
ここでは、その他のツイッターリツイートトラブルシューティングについて解説します。

ツイッターリツイートができない

まず、ツイッター を使用していると、時々クジラが鳥に連れて行かれる画像が表示されることがあります。

なお、これは ツイッター 側(サーバー上)で何かしらのトラブルの理由が発生していることを示しています。

そして、トラブルの内容は色々で、サーバーが高負荷に状態であったり、サーバーのプログラム上で不具合が発生したり、時には外部からの攻撃によってサーバーがダウンさせられてしまう場合もあります。

さらに、ツイッター は開始当初、不具合の理由が多いサービスとして有名でした。 サービスの開始当初はしばしばサーバーにつながらなくなったり、他の理由ではサービスでは考えられないような不具合が起こったりといったことがしばしばありました。

ツイッターリツイートが消去できない

また、ツイッターリツイートが取り消し、消去できないということですが、それを補って余りある ツイッター の魅力のためか(?)、はたまた当時のエラー画面に表示されたネコの画像に癒されてか、ツイッター のファン達は辛抱強く使い続けてきたのでした。

なお、2010年現在の今では、ツイッター のエンジニアチームの努力によってこうしたトラブルは起こりにくくなっていますが、残念ながらまったく発生しなくなった、とまでは言い切れない状況にあります。

したがって、そのことを頭に入れた上で使用して、いざトラブルに見舞われても冷静に対応るようにしましょう。

なお、関連サービスやクライアントは悪くないというと、こうしたトラブルが発生すると、ツイッター の Web サイト以外にも ツイッター を使用している関連サービスやクライアントソフトも影響を受けてしまいます。

ツイッターリツイートが非表示できない

f:id:rick1208:20200321234542p:plain
また、ツイッターリツイートが非表示できないということですが、このとき、関連サービスやクライアントだけを利用していると あたかもその上で不具合が発生しているように見えてしまうためです。

しかしながら、多くの場合は先に述べた ツイッター でのトラブルが影響しており、関連サービスやクライアント側では対処できないパターンが大半です。

したがって、関連サービスやクライアントソフトで何かトラブルが起こった場合には、まず最初は ツイッター の状態をチェックして、 ツイッター 側の問題なのか、関連サービスやクライアント側の問題なのかを見極める必要があります。

ツイッターリツイートが非表示が解除できない

f:id:rick1208:20200321234638p:plain
また、ツイッターリツイートが非表示が解除できないとういうことですが、公式ブログやアカウントで状況のチェックをしましょう。

なお、こうしたサーバー上でなんらかのトラブルが発生した場合には、まず最初は ツイッター からの公式アナウンスがあるかどうかをチェックしてみましょう。

そして、ステータスブログはなんらかの不具合が発生した場合にアナウンスが行われる ツイッター 公式のブログです。

また、@twedasukeや@twjといった日本語の公式アカウントでもアナウンスが行われます。さらにリアルタイムの情報を知りたい場合は英語アカウント(@support)もチェックしてみるとよいでしょう。

それでもダメなときは

ここでは、上記で述べてきたような対策でもダメなときはどうすれば良いかということについて説明して行きます。

端末の再起動

上記でもダメな場合は、端末の再起動をお勧めします。

ツイッターの再ダウンロード

あるいは、ツイッターの再ダウンロードをしてみてください。