漫画の地球儀

Twitterの規制の解除方法!!【基準、条件、凍結との違い、どれぐらい、大量にアカウントを作成、】

スポンサーリンク

ツイッターの規制の基準、条件とは?

f:id:rick1208:20200320194216p:plain
皆さんはツイッターを利用していますか?誰もが1回は耳にしたことがある有名なSNSですよね。そんなツイッターには多くの機能があります。

例えばいいね機能やリツイート機能を使えば、気に入った投稿をフォロワーにシェア可能です。フォロー機能を使えば、今後あなたのタイムラインにその人の投稿が表示されるようになります。なので、必然的に自分自身好みのタイムラインが可能です。

DMを使えば個人同士の連絡のやり取りや電話も可能です。最近はツイッターで連絡を取り合う人も多くなってきているみたいです。

しかし、こんなツイッターだからこそき規制があります。現実世界に規制があるのと同じですね。誰もがツイッターを安心・快適に使えるようにするのでのツイッター規制です。

この基準や条件の規制を破ってしまうと、ツイッターに制限がかけれれてしまいます。受けた制限によって内容は異なりますが、何れにしても一定のリミット(時間)まではツイッターに制限がかかります。

ここではこの「ツイッターの規制の基準・条件や制限、リミット(時間)はどれくらいなのか」ということを説明していきます。

1時間に127ツイート以上投稿する

f:id:rick1208:20200320194704p:plain
ではまず、最初のツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかかる行為ですが、一時間に127ツイートする行為がツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかかります。

流石にこんなにツイートする人はいないと思いますが・・・。ですが、中にはこんなにたくさんのツイートを送るユーザーもいます。このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。

この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

1時間50人以上フォローする

次にツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかかる行為は、1時間50人以上フォローする行為です。これも結構頑張らないと引っかかりませんね。約1分に一人フォローするのを一時間続けなければならないですからね。

しかし、このようなツイッターの規制の基準・条件や制限があるということは、1時間50人以上フォローするユーザーがいるということでしょう。皆さんもフォロー返しや、フォローをしまくる行為はほどほどしましょうね。

このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

1日に大量にアカウントを作成する

f:id:rick1208:20200320194719p:plain
次にツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかかる行為は、1日に大量にアカウントを作成することです。

いわゆる裏アカとか、複製アカとかいうやつですね。

このようなアカウントを作りすぎると、ツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかかる場合があります。

1から2個くらいならいいと思うんですが、何十個も所持しているのはツイッターの規制に引っかかるので注意しましょう。

このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

1文字だけのツイートを複数回投稿する


次にツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかか流行為は1文字だけのツイートを複数回投稿することです。

一文字だけのツイートで何を伝えたいんでしょうか?

ですがこのような制限がツイッターにあるということは、1文字だけのツイートを複数回投稿するユーザーがいたのでしょう。

皆さんは文章になっているのをチェックして投稿しましょうね。

このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。

この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

1時間に50通以上のダイレクトメッセージを送る

f:id:rick1208:20200320194729p:plain
次にツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかか流行為は1時間に50通以上のダイレクトメッセージを送ることです。DMは個人同士でメッセージのやりとりが可能な機能ですよね。

SMS感覚で利用していたらツイッターの制限に引っかかってしまう場合もあるかもしれませんね。とはいえ、1時間に50通以上は難しいと思うので、そこまで気を付けてチェックするものでもないでしょう。

このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

1時間に50以上のリプライを飛ばす

f:id:rick1208:20200320194743p:plain
次にツイッターの規制の基準・条件や制限に引っかか流行為は、1時間に50以上のリプライを飛ばすことです。リプライとはツイッターのなかでリプと呼ばれる機能です。「リプちょうだい」とは「リプはよ」とかに利用されるあれです。

そもそもリプライとは、投稿に対する返信機能の名前です。リプライを送ればその投稿に意見を言ったり、リプライの中で会話することも可能です。ですが、このリプライを1時間に50以上送るのも、ツイッター規制違反になります。

このような行為はツイッターの規制の基準・条件や制限違反になるので、一定時間(リミット)の制限を受けることになります。この場合に受ける制限は下記に記載させていただきますので、ごチェックください。

ツイッターの規制とは?


では具体的にツイッターの規制とはなんなのでしょうか?ツイッターの規制の意味とはなんなのでしょうか?

ここからはツイッターの規制の中身について説明していきます。ツイッターの規制を受けた場合の内容です。

ツイッターサーバーのダウンを防ぐ

まず、ツイッターの規制がある意味ですが、それはツイッターのサーバーダウンを防ぐためにあります。一時間になんどもリプライやツイートなどをすると、それだけツイッター側には負荷がかかります。ツイッター初音に多くの人が使用しているので、その負荷は計り知れません。

なので、ツイッターの規制が必要になったのです。ツイッター以外にも、SNSアプリには独自の規制がります。この規制を受け他場合には、制限がかけられることになります。

これも、ユーザーに快適なSNSの場を提供するのでに必要な制限なのです。

悪質なユーザーによるいたずらを防ぐ

ツイッターの規制の役割は他にもあります。それは悪質なユーザーのいたずらなどを防ぐためです。

一文字だけの投稿などはいたずらの可能性が高いです。

DMなどで何件もメッセージを送るのは嫌がらせ行為である可能性が大半です。

なので、そんな悪質ユーザーからツイッターユーザーを守るためにもツイッターの規制は必要なのです。

規制があると嫌な気がするかもしれませんが、規制がなければ無法地帯となり、ツイッターが荒れ果てることになるでしょう。

規制があるおかげで、今日まで私たちは安全・快適にツイッターを使えているのです。

規制を受けるといいね、RTなどができない

では、ツイッターの規制を受けた場合にはどうなるのでしょうか?ツイッターの規則を破ったからには何かしらのペナルティを受けることになるでしょう。

まず、規約違反を受けた場合に、いいね機能やRTの制限を受けます。

この制限を受けた場合、規制を受けるといいね、RTなどができなくなります。ツイッターの醍醐味の機能が使えなくなるわけですね。

ツイッターAPIを使用したアプリが使えない

f:id:rick1208:20200320194811p:plain
他にも、規約違反を受けた場合にはツイッターAPIを使用したアプリが使えなくなります。

プログラミングを経験したことが無い人にとって、APIはとても難しいものですが、簡単に言えば「ツイートを読み込むときに使う機能」です。

ツイートの読み込みは、ツイートを読み込むというAPIを呼び出すことで機能します。

しかし、このAPIの読み込みには回数制限が設けられており、それ以上に達すると操作が無効になるのです。

API制限に達すると、「現在、〜を取得可能でせん」という警告文が表示されます。

要するにAPI制限を受けると、ツイートの取得ができなくなります。

API制限にかかると他のツイートを見ることができなくなります。

API制限がどれだけ大変なことか理解していただけましたか?

では、API制限やいいね機能などの制限は、どうやったら解除されるのでしょうか?

ずっとAPI制限やいいね機能やリツイート機能が制限されているのではツイッターが使えませんよね?

ツイッターで規制を受けた時の解除方法

では、ツイッターで規制を受けた時のAPI制限や、機能制限の解除方法を説明していきます。

まず、ずっとAPI制限や機能制限がかかっているわけではないのでご安心ください。

凍結とは異なるので自動で解除される

ツイッターの規制は凍結とは別物です。

なので、時間が経てば自然に解除される仕組みになっています。

もちろんデータが消えたりすることもないのでご安心を。

解除されるまで待つしか方法がない


しかし、「解除されるのは何時」といった決まりがないので、いつツイッターの規制が解除されるのかはわかりません。

なので、気長に待つしかありません。

ツイッターで規制を受けるとどれぐらい待てば良い?

では、どれくらいの時間ツイッターの規制が解除されるのを待てばいいのでしょうか?

具体的な時間や前例がないと不安になってきます。

人によって異なる

ですが、調べて見るとツイッターの規制解除の時間は人によって異なるそうです。

一時間弱で解除された人もいますし、何時間も解除されなかった人もいます。

丸1日かかることもあるので気長に待つ

中には丸一日制限されたままだった人もいます。

このようにユーザーによって解除される時間のズレが激しすぎるので、具体的な時間はわかりません。