漫画の地球儀

LINEでカレンダーのイベント機能の使い方!【作成方法、トークルーム、スケジュール機能の違い】

スポンサーリンク

LINEでイベント(カレンダー)を作成する方法

LINEのトークルームはメッセージを送るだけのものではありません。メッセージを送る以外にも、それ以外にもいろいろな機能が使えます。

その中の一つにイベント管理というものがあります。イベント管理とはトークルームに参加している人との予定をカレンダー形式で保存するものです。

この機能を使うことで、LINE上でメッセージのやり取りをしながらもどこに行くかなどの予定を決めることが可能です。

ここではそのLINEのイベントの作成方法、作成時にやっておくべき設定の編集を解説します。

イベントの作成方法

f:id:rick1208:20200320182440p:plain
まず最初はLINEのイベントの作成方法についてです。順を追って説明していきます。

まず、LINEのトークルームに移動します。

トーク画面の右上にある簡易的な矢印を押します。上の画像でいうと①の赤枠のアイコンです。

押すと、トークルーム上で使える機能や設定が表示されます。

その中に「イベント」というアイコンがあるので押してください。
f:id:rick1208:20200320182453p:plain
イベントを押すと、当日の月のカレンダーが表示されます。ここでLINEのイベントの作成を行います。

その画面で右下の赤丸に「+」のボタンを押してください。

上の画像のどこかというと黒い矢印で刺している部分です。
f:id:rick1208:20200320182511p:plain
するとイベントを作成するうえで必要な予定の情報設定をします。

予定の日時、その予定がどこで行われるのか、などの基本的な情報から、必要に応じて設定可能な、参加チェック、イベント前に通知をする設定があります。

通知設定に関しては「イベントを通知する」で解説します。

この設定の中で予定の日時だけ設定しておけば、イベントは作成することが可能です。

各種設定が終了したら、画面右上の終了ボタンを押し保存してください。
f:id:rick1208:20200320182527p:plain
正常に保存されると上の画面のようにトークルームに作成されたイベントがメッセージとして表示されます。

「もっと見る」を押すとそのイベントを編集したり、消去したりすることが可能です。

編集・消去について詳しくは「LINEのイベント(カレンダー)を編集、消去する方法」で解説します。

イベントを通知する

f:id:rick1208:20200320182536p:plain
ここでは予定を作成するときに設定することが可能なイベント前に通知することが可能な機能について解説します。

イベントを作成するときに行う、設定をする画面で「通知を送信」という項目があります。

その項目を押して右のチェックマークに色を付けてください。
f:id:rick1208:20200320182542p:plain
項目を押すとチェックマークに色がつくのと同時に四つの選択肢が可能です。

「一週間前」「一日前」「二時間前」「一時間前」のそれぞれ選びた時間でイベント前にトークルームに通知することが可能です。

イベントをアナウンスに登録する

f:id:rick1208:20200320182551p:plain
LINEのイベントを作成するとき通知設定に似た設定がもう一つあります。それはアナウンス登録です。

アナウンス登録とはトークルームにイベント当日までバナーでそのイベントについて表示する機能です。

常にトークルームに表示されているのでいつでもどこでもチェックすることが可能です。

日時などの各種設定を行い終了ボタンを押すと上の画像のように、作成したLINEのイベントの設定を行うことが可能です。

その設定の中の一つに「アナウンスに登録」というものがあります。これを押すことでアナウンス機能が使用することが可能です。
f:id:rick1208:20200320182601p:plain
LINEのトークルームに戻るとメッセージがやり取りされている画面の上部に上の画面のようにバナーが作成され、そこに先ほど作成したイベントが表示されています。

これでLINEのトークルームで保存したイベントをアナウンスに登録する方法について説明終了です。

LINEのイベント(カレンダー)の使用方法

先ほどは、LINEのイベントに関して作成方法について説明しました。

ここでは、先ほどの説明では省いた、作成したLINEのイベントの使用方法を説明していきます。

イベントのチェック

f:id:rick1208:20200320182626p:plain
まず最初は作成したイベントをチェックする方法についてです。

作成したイベントはLINEのトークルームに表示されます。

表示されるときは上の画像のように表示されます。その表示されたイベントに「もっと見る」を押してください。
f:id:rick1208:20200320182636p:plain
「もっと見る」を押すと上の画像のように保存したLINEのイベント(カレンダー)情報が詳細に出てきます。

これで保存したLINEのイベント(カレンダー)の設定内容の保存状態をチェックすることが可能です。

出欠の選択

f:id:rick1208:20200320182644p:plain
LINEのイベント機能はトークルームで使用可能です。個人でもグループでもLINEのイベントはトークルームで作成可能です。

LINEグループでイベントを作成するとき、そのイベントに参加する人数はそのLINEグループの人数全員かどうかはわかりません。

なのでにLINEのトークルームのイベント機能には、そのイベントに参加するかどうかを選択する機能があります。

ここではイベントの参加するかどうかを選択するにはどこからどうすればいいのかについて説明していきます。

「イベントの確認」でLINEのイベントの確認する画面の表示方法を解説しました。

その画面で上の画像でいう赤枠のように「参加」「不参加」「未定」という欄があります。

これのどれかを押してそのLINEのイベントの参加状況を選択することが可能です。

参加メンバーのチェック

f:id:rick1208:20200320182654p:plain

先ほどLINEのイベントの「出欠の選択」について解説しました。

では、LINEの他のグループメンバーのイベントの参加状況をチェックしたいときどうすればいいでしょうか。

実は、参加状況を選択するとその参加状況を上の画像のように参加状況とその参加状況を選びた人数が表示されます。

これで誰でもそのイベントのLINEのグループメンバーの参加状況をチェックすることが可能です。

LINEのイベント(カレンダー)を編集、消去する方法

作成したLINEのイベント(カレンダー)の予定がちょっと変更になったりなくなったりしたとき、そのLINEのイベント(カレンダー)の編集・消去をしたいと思うと思います。

ここでは、そのLINEのイベント(カレンダー)の編集・消去方法を解説します。

イベントの編集

f:id:rick1208:20200320182702p:plain

まず最初はLINEのイベント(カレンダー)の編集方法です。

グループのトークルームに保存されたLINEのイベント(カレンダー)を「もっと見る」を押して表示される、上の画像のと同じ画面から「編集」ボタンを押して予定を編集し保存することが可能です。

編集の画面はLINEのイベント(カレンダー)の予定を新規で作成した画面と同じ画面です。

イベントの消去

f:id:rick1208:20200320182713p:plain
次にLINEのイベント(カレンダー)登録した予定がドタキャンなどのなくなってしまい、そのイベントが必要のないものになったとき、LINEのイベント(カレンダー)を消去することが可能です。

イベントの消去は先ほどイベントの編集のと同じ画面からすることが可能です。

LINEのイベント(カレンダー)を端末に共有する方法


ここではLINEのイベント(カレンダー)を端末に共有する方法を解説します。

まずやらなくてはいけないことは、共有機能が使える画面に移動することです。

有機能が使える画面はイベント(カレンダー)の編集・消去を行った画面と同じ画面です。

イベントの編集・消去と同じ画面に移動したら「端末のカレンダーに保存」を押して共有することが可能です。
f:id:rick1208:20200320182736p:plain
画面を見るとわかると思いますが、実はこの共有機能はバージョンによって使用することが可能でせん。


なので、共有機能は現時点で使用することが可能でせん。

LINEのイベント(カレンダー)機能とスケジュール機能の違い

f:id:rick1208:20200320182745p:plain
LINEには予定を管理する機能においてイベント機能のほかにスケジュール機能があります。

ここではスケジュール機能の簡単な使用方法とイベント機能と何が異なるのかについて解説します

まずスケジュール機能はその機能を使うのにどこにあるか見つけづらい仕様になっています。


どこにあるか見つけづらいため、LINEのアプリを起動時の画面から検索をすることをオススメします。
f:id:rick1208:20200320182756p:plain
基本的にスケジュール機能はイベント機能と役割としては変わりないのですが、イベント機能と打って変わって異なるのが、LINE友だちならだれでもそのイベントに追加することが可能なということです。

なので、LINEのイベントのためだけにわざわざグループを作成せずにLINEのイベントの参加チェックをとることが可能です。

しかし、先ほども書いた通り、この機能を見つけるのがなかなか困難というデメリットがあります。

どこにあるか探すのもよいですがどこかにあるかわからない時は迷わずLINEアプリ内で検索をかけてこの機能を使用しましょう。

LINEのイベント(カレンダー)機能の気を付ける点

LINEのイベント機能は使いこなせればグループでも個人でもトークルームを豊かにしてくれる便利な機能です。

しかし、そんな便利な機能でも使用するうえで注意すべき点がいくつかあります。

ここではLINEのイベント(カレンダー)機能の気を付ける点について解説します。

途中参加のメンバーがイベントをチェックする方法

グループなどでイベント機能を使用したとき、イベントを作成した後にそのグループにLINE友だちが追加されたとします。

途中から追加されたLINE友だちのトーク履歴にはメッセージとしてそのイベントが残りません。

一見、そのイベントを見ることができないように感じますが、実ときは見ることが可能です。

見る方法はトークルームの右上のアイコンの簡易的な矢印から「イベント」という項目を押すことで見ることが可能です。

「イベント作成」と同じ手順でチェックすることが可能です。

それともう一つはアナウンスです。これはイベントを作成したときにアナウンスに登録していないとみることが可能でせんので気を付けてください。

パソコン版LINEからはイベントをチェックできない

LINEのイベント機能はスマホのみの仕様になっています。

なので、パソコン版LINEではイベントで予定を立てることも、トークルームでたてられた予定をチェックすることができません。
f:id:rick1208:20200320182828p:plain
唯一チェック可能なのは、そのトークルームでイベントが作成され保存されたということだけです。

LINEのイベント(カレンダー)が活躍するタイミング

LINEのイベント(カレンダー)が活躍するタイミングはいろいろあります。

会社やサークルのLINEグループでどこで飲み会をするかなどの予定を立てたいときや、友達とどこか旅行に行くときに計画を立てるとき、仕事で重要な予定が入ったときなど、使える場面は限られてはいません。

それだけLINEにおいてこのイベント機能は利便性に優れた機能です。ぜひどこか行きたいと思ったときに予定を立てるときはLINEのトークルームで相談しながらイベント機能を使用して効率よく予定を立ててください。