漫画の地球儀

LINE Out Freeの利用方法!【固定電話、無料、他回線、通話、watch get out online free、コールクレジット、】

スポンサーリンク

LINE Out Free

f:id:rick1208:20200322233739p:plain
INE Out FreeとはLINEの電話サービスのことでLINE Outの機能を無料で使うことが可能です。

「でも、LINEって無料通話の機能があるけど?」と疑問を持つ方もいますが、LINEの無料通話とLINE Out Freeでは当然違いがあります。

元々無料通話機能のあるLINEがわざわざ用意しているLINE Out Freeとはどういったサービスなのでしょうか?

そもそもLINE OutとはLINEが提供しているIP電話サービスのことで、かかってきた電話番号が「050」から始まるものはほぼIP電話を利用して電話をかけてきています。

LINE OutはIP電話サービス

f:id:rick1208:20200322224259p:plain
LINE OutやLINE Out Freeは基本的にIP電話サービスです。IP電話サービスとはインターネット回線を利用して電話をかけて音声を伝えるもので、通常の電話サービスと違ってアナログ回線ではないので電話加入権といったものが必要ありません。

また、IP電話サービスの大半は通話費用はかかりますが、基本費用などは大半必要ありません。

さらに日本国内であれば通話費用はどこにかけても大半一律です。

LINE Outは固定電話にもかけられる

f:id:rick1208:20200322224319p:plain
通常のLINEの無料通話はLINEのユーザー同士の間でしか通話することが可能でせんが、LINE Outなら電話番号を利用して通話をするので、ケータイでも固定電話でも電話をかけることが可能です。

LINE OutというIP電話サービスのおかげで通常ではLINEユーザー同士でしかできなかった無料通話を誰とでも可能なようになりました。

他にもLINE Outはケータイと固定電話では費用が違い、固定電話のほうがケータイへ通話するよりも費用が安くなっているのも特徴です。

なので、ケータイから固定電話に電話をかけることが多い人にとってはLINE Outはお得な通話サービスと言えます。

LINE Outなら国外への通話も可能

f:id:rick1208:20200322172046p:plain
LINE OutはLINEユーザーで無くてもケータイや固定電話と通話することが可能ですが、他にも日本以外の国への通話も可能です。

もちろん通話する国によって通話費用に違いはありますが、インターネット回線を利用して音声通話をするのでアメリカやヨーロッパ、アジアなど、沢山の国へ格安な通話費用で電話をかけることが可能です。

また、日本以外の国であってもケータイや固定電話といった電話機の種類は問いません。

基本的にはケータイであろうと固定電話であろうと通話を楽しむことが可能です。

LINE Outは通話費用がかなり格安

f:id:rick1208:20200322143921p:plain
LINE Outは通常のケータイ費用などは違い、かなり格安の通話費用に設定にされています。なので、ケータイでも固定電話でもお得に通話することが可能です。

・固定電話・・・1分3円
・ケータイ・・・1分14円


これは日本国内でLINE Outを使った通話にかかる費用ですが、通常のケータイ費用が大体1分40円前後なのを考えると驚きの安さです。

ケータイでも固定電話でもどっちにしても格安の費用なので、頻繁に電話をかける人にとってはLINE Outはかなり役立つ機能のひとつと言えます。

LINE Out Freeは無料?

f:id:rick1208:20200322143859p:plain
LINE Out FreeはLINE Outの機能を無料を使えるものです。ただでさえ格安の費用で使えるLINE Outの音声通話を無料で使えるのは嬉しい機能です。

ただし、無料でLINE Outの機能が使えるためある程度の制限などはあります。

ですが、それでもケータイや固定電話を問わず無料で電話をかけられるのは嬉しいものです。

LINEユーザーで無くても電話回線がつながっている相手なら無料で電話をかけられるので、ちょっとした用件ならLINE Out Freeを利用して電話をかければお得です。

LINE Out Freeは通話時間や回数に制限がある

f:id:rick1208:20200322143834p:plain
LINE Out Freeは費用などはかからず無料で音声通話を楽しめる機能ですが、LINE Out Freeを無料で使用可能な音声通話時間や音声通話の回数には限りがあります。

まずLINE Out Freeでの無料音声通話が可能な回数ですが"1日5回まで"です。

ただし、これは日本国内の場合のみで日本以外の国へ音声通話をかける場合は、ケータイでも固定電話でも回数は変動します。

続いてLINE Out Freeでの無料音声通話時間ですが、ケータイとの音声通話は1分ですが、固定電話になると1回3分まで無料で音声通話を楽しむことが可能です。

他にも上の画像のように固定電話とは無料で音声通話ができてもケータイとは無料の音声通話ができない国もあります。

LINE Out Freeのようなインターネット回線を使ったIP電話ならこのように国を問わず音声通話が楽しめるのは魅力のひとつです。

また、元々有料で使えるLINE Outの機能を無料で使えるのも嬉しいポイントです。

LINE Out Freeのかけ方

f:id:rick1208:20200322143813p:plain
ここまでLINE OutやLINE Out Freeについて説明してきましたが、ここでLINE Out Freeの使用方法をご解説したいと思います。

LINE Out Freeは通常のLINEの無料通話機能とは使用方法が異なります。また、友達とのトーク画面からLINE Out Freeで通話することも可能でせん。

LINE Out Freeを使うにはまず最初にLINEの友達一覧の画面から「ウォレット」を押して開きます。

ウォレットを押して開いたら、そのまま画面を下にスクロールしていくと「その他のサービス」と書かれた項目があるのでそちらを押します。

その他のサービスを押して開くと、LINEに関するその他サービス一覧が表示されるのでその中から「LINE Out Free」と書かれた項目を押してLINE Out Freeを使います。

LINE Out Freeを使うには通常の無料通話と違ってちょっと手間がかかりますが、無料でLINEユーザーではない人とも通話することが可能なので仕方ありません。

LINE Out Freeの通話の使用方法

f:id:rick1208:20200321232443p:plain
続いてLINE Out Freeの機能を利用してどうやって音声通話をするのか解説したいと思います。先ほどの「その他のサービス」の中にある「LINE Out Free」を押して開くと以下のような画面が表示されます。

この画面にある「連絡先を検索」と書かれた項目と画面右上にある人型のマークを押すと利用しているスマホの電話帳の中から音声通話する相手を探すことが可能です。

その他にも画面中央にはトーク履歴があるINEユーザーが表示され、LINEのトークメッセージで頻繁にやり取りしているLINEユーザーは優先的に表示されます。

また、画面右上の人型マークの隣にあるマークを押すと電話番号を直接記入する画面が開き、普通の電話の機能と同様な使用方法で電話をかけることが可能です。

LINE Out Freeの「連絡先を検索」を押すと以下のような画面に切り替わるので、利用しているスマホの電話帳に登録されている人が表示されるようになっています。

また、LINEユーザーであればLINEのマークがその人のアイコンの部分に表示されるようにもなっています。他にも電話帳に登録されている人の名前の右側にある受話器マークを押すと、その相手に電話をかけることが可能です。

他にもLINE Out Freeには「テスト通話」という機能もあります。先ほどの一覧にある「LINE Out Freeテスト通話」と書かれた項目を押すとテスト通話機能を使うことが可能です。

テスト通話の使い人は通話の音声や回線のチェックをすることができ、聞こえてくる音声が途切れていたりすれば回線の良しあしを判断することが可能です。

なので、LINE Out Freeの機能を利用して誰かと通話する前にテスト通話機能を使えば回線をチェックするkとが可能なので、とくに海外にLINE Out Freeの機能を利用して電話をかける前には回線チェックでテスト通話をするのがおススメです。

LINE Out Freeはインターネット回線を利用して電話をするので、普通の電話回線よりも不安定な場合があります。なので、事前にテスト通話を利用して回線をチェックしていけば音声が聞き取りやすいかどうかがわかります。

LINE Out Freeで電話をかけると相手には普通なら連絡先に登録されている名前などが表示されるのですが、LINEで電話番号の認証をしていなかったり、ドコモの電話端末であった場合には「非通知」で表示されるようです。

非通知だと相手に出てもらえないこともありますが、それでも基本的にはちゃんと通知されるので普通の電話と同様に使うことが可能です。

watch get out online freeと表示された場合

f:id:rick1208:20200321232316p:plain

LINE Out Freeを利用して電話をかける場合に「watch get out online free」と表示されることがあるようですが、これは「広告を見て無料通話」するかどうかのチェックが英語表示になっているだけだと思います。

LINE Out Freeで電話をかける場合は、無料通話か有料通話かを選択することが可能なので、そのような表示がたまたま英語で表示されたのだと思います。

LINE Outのコールクレジットをチャージする方法

f:id:rick1208:20200321234638p:plain
LINE Out Freeは無料通話でしたが、続いて有料通話のLINE Outで必要な「コールクレジット」の購入方法についてご解説したいと思います。

LINE Outの回線を利用して有料通話のに必要なコールクレジットはチャージ式のプリペイドタイプになっているので、使いすぎなどの心配が無いのがメリットです。

他にも基本料が無くチャージした分しかLINE Outの回線を使った通話ができないので、事前にチャージしない限りお金がかかることもありません。

ちなみにLINE Outの回線を使うために必要なコールクレジットのチャージ金額は以下の中から選べるようになっています。

・120コールクレジット

・360コールクレジット

・600コールクレジット

・1200コールクレジット

・3600コールクレジット

・6000コールクレジット


このように幅広い金額で用意されていて、チャージ分が無くなったら自動でチャージしてくれるオートリチャージという便利な機能もあります。

その他にも1コールクレジットは1円で換金することが可能なので、お金の計算がしやすいのも嬉しいポイントです。

また、LINEコインを所持していればLINE Outのコールクレジットに交換することも可能なので、すでにLINEコインを所持しているのなら節約にもつながります。

基本費用がかからず格安でチャージした分だけを通話に使えるので、普段から電話を頻繁にされる方にもLINE Outはかなり役立つ便利機能だと言えるでしょう。

通常のコールクレジットを購入する

f:id:rick1208:20200321225353p:plain
続いてLINE Outのコールクレジットの使用方法として購入方法をご解説したいと思います。LINE Outのコールクレジットを購入するにはまず友達一覧の画面の右上にある歯車マークを押して「設定」を開きます。

続いて「設定」を開いたら「LINE Out」と書かれた項目があるのでそちらを押して開きます。

すると、LINE Outの設定が開くので「コールクレジットを購入」と書かれた項目を押して、コールクレジットを購入します。

最後に「購入する」と書かれた項目をタップすればOKです。他にも下にある「LINEコインをLINE Outに使用」を押してチェックを入れるとLINEコインも同様に使えるようになります。

ちなみにLINEコインをLINE Outのコールクレジットに使うと1LINEコイン=2コールクレジットとして使うことが可能です。

LINEコインをLINE Outで使い人は忘れずにチェックを入れておきましょう。

30日プランで購入する

f:id:rick1208:20200321225307p:plain
LINE Outには30日プランというお得なコールクレジットの購入方法があります。30日プランの使い人は他のプランと違い、買った日から30日間だけ決められた通話時間の分だけお得に通話可能なというものです。その通話時間は以下のとおりです。

・日本のみ固定電話とケータイに120分・・・720円
・日本のみ固定電話とケータイに60分・・・390円
・日本のみ固定電話に60分・・・120円


通常LINE Outでは固定電話とケータイでは通話費用に差がありますが、30日プランなら30日の間であればどっちでも決まった時間分は話し放題です。

他にも30日プランを自動継続可能な購入方法もあるので、日本で電話をするだけならこちらのほうがかなりお得かもしれません。

ただし、30日が終わった時点でまだLINE Outで通話可能な分が残っていてもそれ自体は次の30日へ繰り越しにはならないので、使い切れなかったからと言って他のコールクレジットの購入方法のようにチャージ分の残高が残ることはないので注意しましょう。

LINE Outの30日プランの使用方法の購入方法はまず先ほどのコールクレジットの購入画面の下にある「30日プランを購入する」と書かれた項目を押します。

30日プランを購入すると書かれた項目を押すとLINEストアが開きます。LINE OutのコールクレジットはLINEアプリからだと240コールクレジットしか購入することが可能でせん。他の金額や30日プランはすべてLINEストアからの購入になります。

LINEストアのコールクレジット購入画面が開くので「30日プラン」と書かれた項目をタップすれば30日プランを購入することが可能です。

通常の使用方法をしたい場合は30日プランの下にあるコールクレジットをそのまま購入すればOKです。

あとは30日プランの内容を選びて、購入方法を選択すればOKです。30日プランを30日経たないまま使い切った場合は、続けて同じ30日プランを購入することはできないようになっているので注意しましょう。

そのときはコールクレジットを直接購入するようにしましょう。

ちなみにLINEストアを普段から利用している方ならご存知かもしれませんが、LINEストアで購入可能なコールクレジットはLINEクレジット(LINEストアのみで使える通貨)を使うことも可能です。

LINE内で使える色々な通貨はLINEの大半のサービスで使うことが可能なので、同様にLINE Outのコールクレジットの購入にも役立てることが可能です。

LINE Outのショートカットの作り方

f:id:rick1208:20200321083426p:plain
LINE Outは通話機能ですがいちいちLINEを開いて操作するのは面倒だと思います。ですが、LINE Outは利用しているスマホのホーム画面に簡単にショートカットを作ることが可能です。

まず先ほどのLINE Outの画面から「ホーム画面に追加」と書かれた項目を押します。

すると、画面中央に「ホーム画面にショートカットを作成しますか?」と表示されるので「OK」と書かれた項目を押します。

最後にホーム画面に追加のチェックが表示されるので「追加」をタップすればOKです。

あとは自分自身のスマホのホーム画面を見てみるとLINE Outのショートカットがホーム画面に追加されています。

ホーム画面にLINE Outがあるとそれを押すだけですぐにLINE Outが使えるので、普通の電話のように簡単に通話をすることが可能です。

とても便利なのでLINE Outを使うときにはショートカットは作っておきましょう。

広告を見れば無料で通話可能f:id:rick1208:20200321024406p:plain

LINE Out Freeは決められた回数と時間だけ無料に通話することが可能な便利な機能ですが、LINE Out Freeで無料通話をするには広告表示を見なければいけません。

表示される広告は15秒で、15秒経てば画面の右上に「×」マークが出るのでそちらをタップすれば広告を消すことが可能です。

ちなみにこの広告は15秒経つまで全画面で表示されるので、その間は何も操作することが可能でせん。15秒待てば「×」マークが出るのであとはそれをタップすればLINE Out Freeの通話画面に変わります。

15秒間何も操作できないのはちょっとやりすぎな感じもしますが、無料で通話可能なのなら仕方ありません。また、LINE Outで通話をする場合は「広告を見て無料通話」と「コールクレジットで有料通話」と2種類の選択肢が表示されるようになっているので、無料通話の場合は「広告を見て無料通話」と書かれた項目をタップすればOKです。

「広告を見て無料通話」をタップすれば広告が始まるので15秒終わるまで待って「×」マークをタップすれば通常の通話画面に戻ります。

ちょっと手間はかかりますがLINE Out Freeの無料通話をする場合は、広告が表示されます。

LINE Outにおける電話のかけ方

f:id:rick1208:20200321030128p:plain
LINE Outで通話するには先ほどホーム画面に設定したショートカットをタップすればすれば開始することが可能です。

LINE Outのショートカットを押すとLINE Outが立ち上がり、電話番号を記入する画面が表示されます。

ですが、普通は電話番号を記入して電話をかけることは大半ありません。電話帳などから電話をかけることが大半です。

それでは電話帳に登録している人に電話をかけるにはどうすればいいのかというと、電話番号記入画面から利用しているスマホの戻るボタンをタップすればOKです。

すると、以下のような画面表示になるので電話帳から電話をかけられるようになります。

また、普通の電話のように今までの通話履歴なども表示されるので、いつ誰と話したかすぐにわかるようになっています。

電話番号記入の画面に戻る場合は、電話番号記入のマークを押します。

画面右上にある電話帳をマークをタップすれば電話帳を開くことが可能なので、そこから通話相手を選ぶことが可能です。

電話帳画面には一番上に「テスト通話」があるので、テスト通話を利用してLINE Outがちゃんと機能するかどうかチェックすることが可能です。

また、電話帳に登録されている人の名前の隣には通話マークがあり、そこをタップすれば通話を始めることが可能です。

LINE Outで無料で通話可能なお店がある

f:id:rick1208:20200321030244p:plain
LINEにはLINE Outで無料で通話可能なお店があります。あまり知られていませんがこうしたお店に予約などの電話をするときは、LINE Outを使えば無料で通話することが可能です。

LINE Outで無料で通話可能なお店を探すには、まずLINEの友達一覧の画面にある検索マークを押して開きます。

続いて自分自身が使用したお店を検索します。ここでは飲食店で検索してみます。

飲食店を探してみるとお店の名前の右側に受話器マークに「無料」と表示されています。このマークが付いたお店はすべてLINE Outで10分間無料で通話することが可能です。

無料通話のマークが付いたお店を押して開くと、受話器のマークが付いた表示があるのでそちらをタップすれば無料でLINE Outで電話をかけることが可能です。

受話器マークを押すと以下の画像のように「LINE Out(無料)」と「通常通話」の2つの項目が表示されるので、「LINE Out(無料)」をタップすれば無料で電話をかけられます。

LINE Outはこのように活用の幅は広く、ケータイや固定電話、海外への通話以外にも登録されているお店にもお金をかけずに無料で電話をかけることも可能です。

LINE OutはLINEの中でもかなり便利なものなので、通話料を抑えたい方なども使用してみるといいでしょう。

LINE Outの音質は?

f:id:rick1208:20200321024513p:plain

最後に誰もが気になるLINE Outの音質ですが、通常のLINEの無料通話とは比べ物にならないくらいクリアな音質です。

初めてLINE Outを使う人は1回テスト通話をしてその音質を確かめてみればいいです。

普通に電話をかけているのとそこまで変わらない音質なので、通話中も相手の声が聞き取りずらいということは避けられそうです。

格安な通話とはいえ、これぐらいの音質なら誰でも納得可能だと思います。ただ、LINE Outの通話は音質はあまり気になりませんが、普通の電話と比較して若干の遅延があるようです。

遅延があるので会話の店舗が普通の電話と比較してちょっと遅くはなりますが、そこまでストレスに感じるほどのものではありません。

むしろLINEの通常の無料通話と比べれば雲泥の差なので、電話を頻繁にかけるのならLINE Outを利用したほうがいいでしょう。

それよりも綺麗な音質で格安で通話が可能なのは何よりも魅力です。また、無料通話もあるのでちょっとした用件なら無料通話で済ませばコールクレジットを使う必要もありません。

LINE Outは電話を頻繁に使う人にとってはかなり役立つ便利な機能です。LINE検索で登録されているお店なら無料で電話をかけることも可能です。

普段から通話を良く使うのならLINE Outを活用したほうがお得なので節約にもつながります。この記事を参考にしてLINE Outを利用してみてください。