漫画の地球儀

LINEで削除した相手を再登録する方法!!【復元、ブロック、友達、iphone、android、パソコン】

スポンサーリンク

トーク履歴から復元

f:id:rick1208:20200324165124p:plain
結論から言うと、LINEでブロックして消去した相手を、LINEのトーク履歴から簡単に再登録することが可能です。しかし、消去した相手とのトーク履歴が残っていることが前提となるので注意しましょう。

それではまず、LINEのブロック機能や、ブロック消去するとどうなるのか、通知の有無などについて説明していこうと思います。

LINEのブロックとは、友だちリストから特定の相手を指定して、1対1のトークメッセージや通話などを一切受け取らないように可能な機能です。

嫌な相手をシャットアウトするセキュリティー機能としても役に立ちます。ブロックした側のLINEの友だちリストには、その相手の表示が消去されます。

これまでのトーク履歴は消去されずに残りますが、その相手とのLINEトークルーム内のメッセージ記入欄には、ブロックの表示がでます。

LINEトークでメッセージやスタンプを送ることができなくなり、ブロックした相手がLINEからメッセージを送ってきても一切表示されなくなります。

逆に、ブロックされた側は一見これまでのトークと変わらないのですが、LINEからメッセージやスタンプを送っても既読表示がずっと付かなくなります。

LINEで相手をブロックしたときのLINE通話(音声通話)については、ブロックした相手に発信することができなくなります。

LINEでブロックした相手からの着信も受け付けなくなります。不在着信の表示も一切されることはなく、留守電のように、相手に応答メッセージが流れることもありません。

逆に、ブロックされた側は、相手に音声通話を発信しても、呼び出し画面が表示されたままの状態になります。

発信を止めても、ブロックされた側のLINEトークには、発信キャンセルの表示が出るだけとなります。

なので、ブロックされた側は自分自身がブロックされていることに気が付かず、単に音声通話が繋がらなかっただけだと勘違いすることになってしまいます。

LINEのグループトークや複数人トークの場合については、相手をブロックしていた場合でも、相手がルームから消去されることなくメッセージを送ることが可能です。

グループ通話に関しても、ブロックしている相手と今までどおり通話を行うことが可能です。

LINEのタイムライン・ホームについては、ブロックした側はブロックした相手のホームを訪問することができなくなります。

ブロック前に自分自身のタイムラインの表示されていたブロックした相手の投稿も、ブロック後は表示が消去され、見れなくなります。

ただし、相手が自分自身のタイムラインの投稿につけた"いいね"やコメントについては、ブロックした後でも消去されることなく残ったままとなります。

一方、ブロックされた側がブロックした側のホームを訪れると、投稿の有無にかかわらず表示が消去され、「まだ投稿がありません」と表示されます。

ですが、タイムラインの投稿の公開範囲を「全体公開」に設定している投稿はブロックされた側でも表示が消去されず、見ることが可能。

相手がこれまで何もタイムラインに投稿していない場合は、見た目の変化はないのですが、何かしらの投稿があった場合には、以前まで見ることできていた投稿の表示が消去され、急になくなってしまうわけです。

なので、ホームやタイムラインの表示消去から、相手はブロックされたことに気が付いてしまう可能性もあります。

他にも、ブロックした側がブロック後も相手に知られてしまう情報は、プロフィール画像やステータスメッセージ、BGM、そしてホームのカバー画像となります。

ブロックされた側はブロックした側のプロフィールポップアップを開くことでいずれもチェック可能で、ブロック中に変更された内容も反映されます。

プロフィール画像やホームのカバー画像を変更したとき、「画像の変更を投稿」がオフになっていない場合、LINEタイムラインに投稿されますが、ブロックしている相手に見られることはありません。

しかし、プロフィール画像やステータスメッセージ、BGMを変更すると、ブロックされた側の友だちリストには、変更があったことを示す緑色の点(着せ替えによって異なる)が表示されます。

LINEのアルバムやノートはブロックしていても、ブロックされていても、共有しているアルバムやノートにある過去の投稿内容は、すべてブロック前と同様に見ることが可能です。


f:id:rick1208:20200324165146p:plain

次に、LINEでブロック消去した場合はどうなるのか説明していきます。

LINEで相手をブロック消去すると、ブロックリストから相手のアカウントが消去され、そのままブロックした状態が維持されます。

それまでのトーク履歴は消去されず残りますが、トーク履歴も消去してしまえば、相手の存在は自分自身のLINE上から完全に消去されてしまいます。

逆に友達からブロック消去されるとどうなるのか説明していきます。

基本的に友達にブロック消去されても、消去されたことに気づくことはありません。もし友達にブロックされていることを知っていても、消去されているかどうかまではわからないのです。

友達にブロックされても通知は来ませんし、その後に消去された場合でも通知が来ることはありません。

タイムライン・ホームについても、自分自身の投稿は友達のタイムライン上から表示が消去されます。

また、自分自身が友達のホームを訪問しても「まだ投稿がありません」と表示されます。ですが、それだけではブロックして消去されたという確証までは得ることが可能でせん。

トーク・無料通話についても、友達にブロック消去されていた場合でも、自分自身は1対1トークでメッセージの送信が可能なままとなります。

友達にブロック消去されていても自分自身は音声通話を発信することが可能ですが、友達には繋がらないので、永遠と呼び出し画面が続くだけです。

友達にブロック消去された場合のLINEゲームランキングの表示については、ブロック消去されていても、表示は今までどおり変わることはなく、ゲーム内でハートを贈りあうことも可能です。

LINEにはブロック消去の他にも、非表示消去というものがあるので解説します。

LINEの非表示消去とは、相手を非表示にした上で非表示リストから消去することで、消去後も非表示の効果が持続するだけです。この点に関してはブロック消去と同じとなります。

そしてLINEの非表示機能は、相手を友だちリストから一時的に消去して、友だちリストを整理する機能となります。

なので、トークや無料通話、タイムライン・ホームなどの各種機能は、非表示の前後で特に変更されません。

相手は従来どおり、友だち同士のように振舞うことが可能です。同じく自分自身のLINEでは、相手が友だちリストから一時的に消去されただけなので、トーク履歴から普通にメッセージやスタンプのやりとりを行えます。

なので、相手とのLINE上の関係を完全に断つのであれば、ブロックリストから消去する、ブロック消去を行う必要があります。

LINEで相手をブロックしても通知されませんし、ブロック消去した場合も通知されることはありません。

ブロック消去した後の友だち再登録方法一覧

f:id:rick1208:20200324165208p:plain
①1対1トークから友だち追加

②共通のグループトークか複数人トークで相手のプロフィールアイコンを押す

③別の友だちから相手を説明してもらう

④メインメニューのその他から友だち追加

⑤相手から自分自身へのメール・SNS(URL、QRコード)による招待(友だち追加が表示され追加可能)

⑥自分自身が相手のQRコードを読み取る

⑦ふるふる

⑧自分自身からID検索

⑧自分自身から電話番号で検索

これらの方法で友だちに追加すると、相手が友だちリストに復活します。また、ブロックは解除された状態となります。

ちなみに、ブロック中に相手が送ってきたメッセージについては、ブロック解除後も既読表示がつかないままになるので、ブロックしていたことを相手に知られてしまうことになります。

LINEで自分自身が友達にブロックやブロック消去されているかどうかチェックする方法についても解説したいと思います。

まず、自分自身が相手の友だちリストから消去されていても、ブロックされた場合や非表示にされた場合と区別可能でせん。

消去とブロック・非表示は大半同じ効果を有しており、異なるのは、ブロックリスト・非表示リストから消されているのかどうかという点だけとなります。

したがって、ブロックの有無がわかれば十分ということになるかと思います。なのでブロックの有無をチェックする方法を説明していきます。

LINEでブロックされているかチェックする方法は、有料スタンプや着せ替えをプレゼントすることで簡単にチェックすることが可能なのです。

相手にブロックされていた場合、有料スタンプや着せ替えをプレゼントすることが可能でせん。

LINEでブロックされてそうな友だちがいる場合はこの方法を試してみてください。

それでは、LINEでブロックして消去した相手を再登録する方法の、LINEトーク履歴から復元(復活)させる方法について説明していきます。

1対1のトークから復元

f:id:rick1208:20200324165222p:plain
LINEのトークルームでは相手と1対1でメッセージのやり取りが可能です。ですが、自分自身がブロックした相手にはメッセージを送ることができないです。

逆に、ブロックされた側はメッセージを送ることが可能ですが、既読は付かないままとなります。

LINEでブロックして消去した相手を再登録する方法ですが、ブロックした相手とのLINEトーク履歴が残っているのであれば、そこから復元(復活)させて再登録が可能です。(通知はされません)

LINEで相手をブロックして消去した場合でも、その相手とのLINEトークルームは消去されることはないので、復元(復活)して再登録することが可能です。

LINEでブロックして消去した相手を復元(復活)して再登録する方法の中では、この方法が1番簡単でメジャーとなっています。

ですが、ブロックして消去した相手とのLINEトークルームも消去してしまった場合は、別の方法から復元(復活)して再登録するしか方法はありません。

グループトークから復元

LINEのグループトークでは大人数でのメッセージのやり取りが可能です。相手をブロックや、ブロックして消去していた場合でもメッセージのやり取りが可能です。

3人以上からメッセージのやり取りが可能な複数人トークも同じで、相手をブロックや、ブロック消去していた場合でもメッセージのやり取りは可能となります。

LINEのグループトークから復元(復活)して再登録する方法ですが、LINEで相手をブロックして消去しても、グループトークから相手が消去されることはないので、そこから復元(復活)して再登録が可能です。(通知はされません)

しかし、LINEでブロックして消去した相手とのグループトークあるいは複数人トークがない場合は、この方法を利用して相手を復元(復活)して再登録することができないので注意しましょう。

また、LINEでブロックして消去した相手と共通の友達がLINE上にいる場合は、その共通の友達にグループトークや複数人トークを作ってもらって復元(復活)して再登録が可能です。

なので、その場合は共通の友達にお願いしてみてください。

ID、電話番号検索から復元

ここでは、LINEでブロックして消去した相手を、LINE IDや電話番号検索から復元(復活)する方法について説明していきます。

ID検索

f:id:rick1208:20200324165237p:plain
LINEでブロックして消去した友達を再登録したい場合、LINEのID検索でその友達を検索して復元(復活)させることが可能です。(通知はされません)

ですが、友達のLINEアカウントをブロックして消去してしまっているわけですから、簡単に再登録することは難しいと思います。

何かしらの形で、ブロックして消去した友達のLINE IDを入手する必要があります。仮に復元(復活)して再登録したい友達のLINE IDを入手できても、必ずしもID検索可能なわけではないので、その点についても触れていこうと思います。

まず、LINEの設定から行う「年齢チェック」が自分自身・消去した友達のどっちかが済んでいない場合、LINEのID検索を使用することが可能でせん。

なので、もしLINEでブロックして消去した友達側がLINEの設定から「年齢チェック」を行っていなかった場合は、LINEのID検索から復元(復活)させることができなくなってしまいます。

また、LINEでブロックして消去した友達が18歳未満だった場合も、LINEのID検索が使用できないので、復元(復活)して再登録ができなくなってしまいます。

他にも、LINEでブロックして消去した友達側のLINE設定で、「IDによる検索許可」をオフにしていた場合、LINEのID検索が使用できないので復元(復活)して再登録ができないです。

このように、LINEでブロックして消去した友達のLINE IDを入手してもID検索が使用できない場合があるので注意しましょう。

電話番号検索

LINEでブロックして消去した友達の電話番号が、スマホの電話帳にあるのであれば、LINEの電話番号検索を使用することで、その友達を復元(復活)して再登録が可能となります。(通知はされません)

ふるふる

LINEでブロックして消去した友達をLINEのふるふるで再登録可能なのですが、この方法はブロックして消去した友達と直接会う必要があるので、ちょっと厳しいのではないと思いますか。

友達をブロックして消去しているわけなので、直接会ってふるふるをするのは現実的ではないと思います。

ID検索できない時の対処法


LINEでブロックして消去した友達をID検索できない場合の対処法は、ID検索以外で再登録しましょう。

LINEの不具合という可能性も否定できないのですが、多くの場合ブロックして消去した友達側の設定によって、LINEのID検索ができないようになっていると考えていいと思います。

LINEのID検索以外でも、ブロックして消去した友達の復元(復活)して再登録する方法があるのでまとめてみました。

①LINEのふるふる機能
② LINEのQRコード
③LINEアカウントのURLを使用する
④招待機能を使用する
⑤友だち自動追加機能を使用する
⑥パソコン版LINEでID検索あるいは電話番号検索


パソコン版のLINE ID検索はブロックして消去した相手の年齢チェックなどが済んでいなくても検索することが可能です。通知の心配もありません。

電話番号検索できない時の対処法

f:id:rick1208:20200324165254p:plain
電話番号検索もLINEのID検索同様、LINEの設定で「友だちへの追加」がオフになっていた場合、ブロックして消去した友達を電話番号から再登録可能でせん。

なので、上で解説した別の方法を使用して、LINEでブロックして消去した相手の再登録を行うしかないです。

連絡先URLから復元

ここでは、LINEでブロックして消去した相手を、連絡先URLから再登録する方法について説明していきます。

相手からURLを受け取る

LINEには招待機能というものがあり、SNSかEmailで自分自身のLINEアカウントのURL+QRコードを送付することが可能です。

なので、LINEでブロックして消去した友達から、このURLを送ってもらい再登録しましょう。

別の友だちからURLを受け取る

自分自身のLINE上に、ブロックして消去した友達と共通の友達がいる場合は、その友達からURLを受け取ることも可能です。

LINEでブロックして消去した友達から、直接URLを送付してもらうことができない場合は、この方法を使用してブロックして消去した友達を再登録しましょう。

LINEでブロックして消去した相手を再登録したら通知されるのか

LINEでブロックして消去した相手を再登録したら、通知されるのか気になってしまう方も多いのではないと思いますか。

ですが安心してください。LINEでブロックして消去した相手を再登録しても、相手側に通知されることはないです。

逆の場合も同様で、自分自身に通知が届くことはありません。

LINEでブロックして消去した相手を再登録できないときの対処法

f:id:rick1208:20200324165317p:plain
LINEでブロックして消去した相手を再登録できない場合、その相手に直接会いに行くのが早いのではないと思いますか。

LINE上で再登録できないのであれば、直接会って再登録をする方が確実です。

まとめ

ここでは、LINEでブロックして消去した相手を再登録する方法や、通知の有無などついて説明していきました。

トーク履歴が残っていたら簡単に再登録することが可能ですが、トーク履歴を消去していた場合はちょっと面倒なことになってしまうのではないと思いますか。

また、ブロックとブロック消去は機能的には大半同じなので、消去せずにブロックまでにとどめておいた方がいいと思います。