漫画の地球儀

『Zeetle』の使い方!!【利用方法、機能、データ交換、評判、iPhone、Android、連絡先】

スポンサーリンク

Zeetle

f:id:rick1208:20200324204633p:plain
Zeetleとは何と思いますか?Zeetleはジートルと読み、「Zee」の音を利用して写真や連絡先のデータ交換(送信・受信)が出来るアプリです。他にはお店のクーポンやお店のカードをまとめて管理する事も可能です。

ここでは、Zeetle(ジートル)の使用方法・アプリの仕組み・評判まで詳しく解説します。

連絡先を知らない人に写真などのデータを送れる

f:id:rick1208:20200324204649p:plain
Zeetle(ジートル)の魅力的な機能とは?「連絡先を知らない人にも写真などのデータが送れる」という機能があります。

仕事先や、幼稚園・小学校のママ友は顔は知っているけれど連絡先は知らない、というパターンも多いですよね。誰もがスマホを所持していて写真を撮れるからこそ、「あっ、その写真私にもちょうだい」という事があります。こんな時にZeetle(ジートル)のアプリが役立ちますよ。

LINEで送る事が増えましたが、連絡先を知らない同士わざわざ連絡先を交換するのが面倒だったり、交換したくないという人もいます。Zeetle(ジートル)はそういう方にもおススメのアプリです

PDFやWordファイルも送信可能

f:id:rick1208:20200324204700p:plain
iPhoneAndroidは容量が大きくなり、PDFやWordファイルも取り扱えるようになりました。Zeetle(ジートル)のアプリを使えば、PDFやWordファイルのデータの送信も可能になります。

iPhoneAndroidに対応

Zeetle(ジートル)はiPhoneAndroidに対応しているアプリなので、それぞれダウンロードして使うことが出来ます。

有効な使用方法として、iPhoneからAndroid携帯(もしくは逆)に機種変更・キャリア変更するときにこのアプリでデータを簡単に交換可能なのです。
iPhoneAndroidWindowsMacのように互換性がありません。なので、iPhoneAndroid間での機種変更はデータの引継ぎが大変なことがあります。

こんな時、iPhoneAndroid携帯どっちにもZeetle(ジートル)アプリをダウンロードすれば、アドレス帳などの大事なデータを簡単に引き継ぐことが出来るのです。

Zeetleの使用方法

f:id:rick1208:20200324204730p:plain
Zeetle(ジートル)とはどんなアプリか分かったところで、実ときに使用方法を見ていきましょう。難しい設定は無く、アプリをダウンロードさえしてしまえば簡単に使えます。

Zeetleの仕組み

f:id:rick1208:20200324210017p:plain
Zeetle(ジートル)アプリの仕組みとはどのようなものと思いますか?「音でデータをやりとり」と呼ばれても分かりませんよね。

実ときは、音にデータが乗って飛んでいく仕組みではありません。データは3G・4GもしくはWiFiなどの環境がないとやり取り可能でせんのでご注意ください。

特に大容量のデータを送信・受信するときは、送信・受信する側どっちもWiFiに繋がっていることをチェックしましょう。

Zeetle(ジートル)の音がパスワード代わりになる仕組みのようなので、きちんと音がチェック可能な状況で利用してみてください。遠くに離れてやり取りする使い人は出来ませんのでご注意ください。

音でデータを交換する

f:id:rick1208:20200324204749p:plain

Zeetle(ジートル)はiPhoneAndroidに音を聴かせるだけでデータ交換が可能な仕組みのアプリです。送信・受信者がお互い連絡先を交換しなくても、QRコードのピント合わせに苦労しなくても、赤外線通信の様にしばらく固まる必要もありません。

音でデータを送信するという事は、音が聞こえる範囲にいてZeetle(ジートル)のアプリを開いている人全員に、1回でデータを送信受信可能なのです。

知らない人にまでデータが送信されてしまう心配はありません。お互いZeetle(ジートル)のアプリを開いていて、音をiPhoneAndroidが感知した場合だけデータが交換されます。

アプリで送信するとき、音量に気を付けてください。音が小さすぎると受信者に聴こえませんし、大きすぎると音割れをおこしてしまうようです。中ぐらいの音量に設定すると上手くデータ交換可能なようです。

アプリでの操作手順

f:id:rick1208:20200324205819p:plain
初期設定から使用方法までご説明します。iPhoneAndroidどっちも、まず最初はZeetle(ジートル)のアプリをダウンロードします。iPhoneであれば、「App Store」で「ジートル」と検索します。

Zeetle(ジートル)は無料のアプリです。上記の使用規約を読み、問題なければ「同意する」を押します。

Zeetle(ジートル)のアプリのユーザー情報登録が出るので記入してOKを押します。名前やメールアドレスなどの個人情報は必要ないようなので、個人情報記入に抵抗のある方にも利用しやすいですね。

「位置情報に基づく配信」は、主にクーポン機能などを使う場合有効にしておけばいいと思います。電話帳や写真のデータ交換のためにこのアプリを使うという人はオフでもかまいません。

これでZeetle(ジートル)を使う用意が終了しました。

ZeetleでPDFやWordファイルを送る方法

Zeetle(ジートル)アプリで、PDFやWordファイルを送信する使用方法をご説明します。「データ交換」の画面には「写真を送る」「連絡先を送る」の2種類が表示されていて、PDFやWordファイルは送れないように見えますよね。

ちょっとしたコツですぐにこれらのファイルも送信可能ですのでご安心ください。

資料を開いた状態で共有アイコンから送信

f:id:rick1208:20200324205857p:plain
Zeetle(ジートル)のアプリでPDFファイルを送信してみます。1回Zeetle(ジートル)のアプリから離れて、iPhoneAndroidで送信したいPDFファイルを開きます。ファイルを開くと、左下に共有アイコンがあるので押します。

Zeetle(ジートル)から直接は送信できないので、まず最初は直接ファイルを開きましょう。写真はZeetle(ジートル)のアプリから送信も可能ですが、直接写真を選んで、共有アイコンを使うことも可能です。

共有アイコンを押すと、上記のようにPDFを共有(送信)出来るアプリが一覧で表示されます。Zeetle(ジートル)のアプリ「Zeetleで送信」を押します。

Zeetle(ジートル)のアプリを初めて使う場合は、Zeetle(ジートル)のアイコンが表示されていない場合があります。その場合どうしたらよいか以下でご説明します。

共有アイコンを押しても、Zeetle(ジートル)のアプリのアイコンが見つからない場合、右側にスクロールして「その他」を押します。

「その他」を押すと「アクティビティ」一覧が表示されます。この一覧内にZeetle(ジートル)のアプリのアイコンがあるはずなので、探して「オン」(緑の状態)にします。

右側の三本線でアプリの順番を変えることも出来るので、Zeetle(ジートル)のアプリをよく使うようであれば、上の方に所持してくるといいと思います。

アプリでの操作手順

「Zeetleで送信」の画面になります。音量を中程度に変更したら、送信側の用意はこれで終了です。

受信者だけアプリを起動する

受信する側はZeetleアプリを起動して、音量を中程度に変更します。送信側が「送信」を押すと「ジー」と短い音がしてファイルが受信者側に送信されます。
受信者は、ファイルをチェックして問題なければデータのやり取りは終了です。

Zeetleの評判

f:id:rick1208:20200324210104p:plain
Zeetle(ジートル)のアプリの評判とはどのようなものと思いますか?2018年11月現在、iPhoneAPP STOREでは261件の評判が寄せられていて、星3つとなっています。

評判の中で目立っていたのは、便利なアプリだけれど写真が10枚送れるのをもっと増やしてほし、という意見です。動画も送信受信可能なようにして欲しい。という評判も多く見られました。

スマホで写真が沢山撮れるので、もうちょっと多く送信受信可能なようになるとより便利かもしれません。

コツカードのアプリとしては、コツが貯まっていなかった、分かりにくい、という意見が見受けられました。またお店のレジで使うときに時間がかかってしまうので、使いづらいという面もあるようです。

使えるお店が少ないという意見もありました。Zeetle(ジートル)とは、現在クーポンやお店のカードに力を入れているようなのですが、登録店舗に関しては住んでいる場所によるようです。

不満な意見もありましたが、マイクの設定の不備や、音量の不備などでうまく送信受信が出来ない場合もあるようなので、まず最初は自分自身のiPhoneAndroidの設定を見直してみると、もっと快適に使えるかもしれません。