漫画の地球儀

Facebookのハッシュタグの使い方!【メリット、効果、探す方法、キーワード、商品名、ブランド名、サービス名】

スポンサーリンク

Facebookハッシュタグとは

f:id:rick1208:20200324221735p:plain

ではさっそく、Facebookハッシュタグ(#タグ)とは何のなのか、説明していきましょう。

「#」がついたキーワード

「#」とキーワードを合わせたものです。このハッシュタグとは、ツイッターなど他のSNSでも使用されます。使用方法としては、検索でこのハッシュタグを使用することで、同じハッシュタグが付与された投稿を検索結果として出しることが可能です。

ハッシュタグを付ければハッシュタグ検索の結果として表示される為、宣伝効果もあるのが特徴です。

Facebookハッシュタグの使用方法

続いてFacebookハッシュタグ(#タグ)の使用方法についてチェックしていきたいと思います。

Facebookハッシュタグをつける方法

まず最初はFacebookハッシュタグ(#タグ)をつける方法についてです。

Facebookハッシュタグ(#タグ)の使用方法ですが、「#単語」のように、「#」の後ろにハッシュタグ名を記入すれば終了です。

ハッシュタグ(#タグ)のルール

f:id:rick1208:20200324221751p:plain

続いてハッシュタグ(#タグ)のルールについてです。ハッシュタグには複数のルールがあります。
ハッシュタグのフレーズは、スペースの無い1語にしなければならない。

ハッシュタグ(#タグ)のルール一つ目は、ハッシュタグのフレーズについてです。ハッシュタグのフレーズは、スペースの無い1語にしなければいけません。スペースを入れてしまった場合、スペースを入れたその後ろの単語はハッシュタグとしての意味・効果は無くしてしまいます。

ハッシュタグには数字の使用が可能なが、句読点や特殊文字は使えない。

ハッシュタグ(#タグ)のルール二つ目は、句読点や特殊文字についてです。ハッシュタグでは数字を使用することは可能ですが、句読点や特殊文字は使用可能でせん。

ハッシュタグのルールとしては、他にも文字の認識についてがあります。ハッシュタグでは大文字や小文字の区別は感知しません。ですが、平仮名とカタカナは区別されます。また、ハッシュタグFacebookの投稿のどこに対しても記入が可能です。

これらルールにより、ハッシュタグは色々なキーワードで使用されているのです。

ハッシュタグを投稿する方法

ではさっそくハッシュタグを投稿する方法をチェックしていきたいと思います。Facebookページを開き、Facebookにログインしてみましょう。ログイン可能でしたら、投稿内のどこかに「#」とキーワードをセットで記入してみてください。

例えば「Facebook」という単語をハッシュタグにするのなら、「#Facebook」と記入して「投稿する」を押します。基本的にはこのように、Facebookの投稿内にハッシュタグを挿入して投稿するだけでハッシュタグを使用することが可能です。

ハッシュタグを表示・検索する方法

では次に、ハッシュタグを表示・検索する方法についてチェックしていきたいと思います。ハッシュタグを表示する方法は二つあります。一つ目は、Facebookの投稿内に表示されているハッシュタグをクリックする方法です。ハッシュタグをクリックするだけで、ハッシュタグを付与した投稿が検索画面に表示されます。

二つ目はFacebookの検索バーにハッシュタグを記入する方法です。一つ目の方法でハッシュタグをクリックすると、ハッシュタグの検索画面に移行します。その画面上部には、ハッシュタグを検索する為の検索ボックスが用意されています。二つ目の方法は、この検索ボックスにハッシュタグごと記入する方法です。

このように、ハッシュタグは使用方法も簡単に表示・検索が可能となっています。

ハッシュタグを探す方法

f:id:rick1208:20200324221806p:plain
本来、ハッシュタグは自由に付けることが可能です。だからこそ、たくさんの人が検索するようなハッシュタグを知っておきたいですよね。ハッシュタグを探す方法は複数あります。

一つ目は影響力のあるインフルエンサーの発言に含まれているハッシュタグを調べるという方法です。

インフルエンサーがそのハッシュタグの検索をした時、あなたの投稿もハッシュタグからチェックされるかもしれません。

そのような可能性を考えると、インフルエンサーハッシュタグは注目するべき対象です。

二つ目は関連性のあるキーワードを探すという方法です。ハッシュタグの使用方法としては、平仮名とカタカナ、英数字を区別します。要するに、同じ意味の単語を平仮名やカタカナ、英数字は検索上違いがあるので、ハッシュタグを分けて検索することが可能なということです。

Facebookの良いハッシュタグと悪いハッシュタグ


acebookのハッシュタグ(#タグ)には、良いハッシュ タグと悪いハッシュタグがあります。

可能なならたくさんの人達に見てもらえる良いハッシュタグを使用していきたいですよね。良いハッシュタグがどのようなキーワードなのか、ハッシュタグの使用方法をチェックしていきましょう。

固有名詞を使う

良いハッシュタグの使用方法一つ目とは、名詞・固有名詞を使うという方法です。名詞や固有名詞はハッシュタグの使用方法として基本的な使用方法の一つです。ハッシュタグは単語と単語の間にスペースを挿入可能でせん。要するに、ハッシュタグは一つの単語を挿入する流れになります。

ハッシュタグでは文章を記入することも可能ですが、ハッシュタグが検索ワードとして用いられる性質上、文章の記入は好ましくありません。その為、ハッシュタグを使用する人は基本的に名詞や固有名詞などを使用するのです。この点はツイッターなど他のSNSも同じです。


商品名・ブランド名・サービス名を使う

f:id:rick1208:20200324221825p:plain
良いハッシュタグの使用方法二つ目とは、商品名・ブランド名・サービス名を使うという方法です。これは一つ目の名詞・固有名詞を使用するのと同じですが、違いとしては、商品やブランド、サービス名をハッシュタグとして使用した場合、そのハッシュタグ知名度があれば注目する人が確実にいるということです。

ハッシュタグ検索に対しても明確な意思が加わる為、ハッシュタグとしての効果も高まります。ハッシュタグの使用方法として、商品名やブランド名、サービス名を挿入するというのは検索表示される為の効果も高いですし、宣伝効果もある為、とても意味のある行為となります。

ただし、後述するデメリットに記載するようにハッシュタグの乱用は嫌われる要因にもなってしまいます。嫌われることのないよう、ハッシュタグがデメリットとして扱われないよう気を付けておいてください。

季節・トレンドのワードを使う

良いハッシュタグの使用方法三つ目とは、季節・トレンドのワードを使うという方法です。世間が注目しているキーワードをハッシュタグとして用いる為、検索に対する効果は抜群です。二つ目の方法との違いは、ハッシュタグとして用いる人達が相当数いるという点ですね。

宣伝効果も高いですが、季節やトレンドのワードを用いた場合デメリットもあります。そのデメリットとは、ハッシュタグの検索結果として表示される投稿が多すぎるという点です。検索結果に表示されやすいという効果はありますが、実ときにハッシュタグを含めた投稿を検索した人が見てくれる可能性は低くなってしまいます。

このように、ハッシュタグの検索結果から実ときに自分自身の投稿を見てもらえるかどうかなど、デメリット含めて考慮する必要があるということですね。

Facebookハッシュタグの使いわけ

f:id:rick1208:20200324221836p:plain
続いては、Facebookにおけるハッシュタグの使いわけと併用方法についてです。

メリットがあることがはっきりと伝わるもの

Facebookハッシュタグを使う場合、メリットがあることがはっきりと伝わるものがキーワードとしておススメです。美容や料理のやり方など、何かを知りたいという望みを叶える為のキーワードなどを挿入することは、商品の宣伝にも使用可能なうえたくさんの人達に検索されることになると思います。

メリットをしつこく記載するようなハッシュタグの乱用は嫌われる要因になりますのでご注意ください。

クリックへの抵抗が少ないもの


Facebookハッシュタグを使う場合、クリックへの抵抗が少ないものもキーワードとしておススメです。例えば、イベントや季節などのキーワードです。特に季節系は皆抵抗なくチェックしていると思います。

場所・地域情報を入れたもの

他にもFacebookハッシュタグを使う場合のおススメのキーワードがあります。

それは、場所や地域情報を入れたキーワードです。これらのキーワードはその場所や地域情報に関心のある人達にチェックされやすいので、宣伝的な意味もあります。

ハッシュタグのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200324221854p:plain
続いてはFacebookハッシュタグ(#タグ)のメリット、デメリットについて説明していきたいと思います。

メリット

Facebookハッシュタグを使用するときのメリットは、ハッシュタグの検索によりFacebookの投稿ページの見ること者数が増えるということです。また、ブランドやキャンペーンの宣伝として注目を集めることも可能です。

とはいえ、あまり宣伝色が強いと見ること者に嫌われる可能性もありますのでその点は気を付けておいてください。

デメリット

Facebookハッシュタグを使用するときのデメリットは、あまり宣伝色が強いと見ること者に嫌われる可能性もあるという点ですね。見ること者に嫌われるということは単純に今後見ることしてもらえるチャンスが減ってしまいますので、不用意に宣伝行為はしないでおく必要があります。

また、FacebookツイッターInstagramなど、SNSの種類によってハッシュタグのメリットデメリットは違います。Facebookでは特にハッシュタグの多用で嫌われる可能性がありますので、気を付けておいてください。

Facebookハッシュタグの効果

f:id:rick1208:20200324221918p:plain
次はFacebookハッシュタグ(#タグ)の活用で期待される効果について検討していきたいと思います。

グラフ検索によるハッシュタグの普及

Facebookでは、グラフ検索機能が追加されています。このグラフ検索により、お店や友人などを色々な条件で検索可能なようになりました。ハッシュタグの活用がより普及されるようになったのです。

表示順位をアップ可能なかも

Facebookの投稿は時系列で並んでいるわけではありません。Facebook独自の表示順が決まっていますが、ハッシュタグの活用によって対象キーワードによる表示順位をアップ可能な可能性が出てきました。

ハッシュタグエッジランク

Facebookのニュースフィードには、2種類の基準があります。一つは最新情報です。最新情報は時系列による表示方法が用いられています。二つ目はハイライトです。ハイライトはFacebook独自の基準で表示順が調整されます。

表示順のデフォルトはハイライトなので、ユーザーは基本的にハイライト表示のニュースフィードになります。このハイライトは親密度や重み、経過時間を基準としていました。これをエッジランクといいます。現在ではこのエッジランクの要素が多くなって複雑化していて、アルゴリズムという言葉で表現しているようです。

ハッシュタグという機能が増えたことで、このアルゴリズムにも影響を与えています。

企業の宣伝になる

Facebookハッシュタグ(#タグ)の活用で期待される効果として、企業の宣伝を行うことが可能なのも特徴の一つです。FacebookツイッターInstagramなどSNSの種類によって使用する数に違いはありますが、集客ツールとして用いることが可能なので、ハッシュタグはとても重要な機能となっています。

ハッシュタグ使用の気を付ける点

f:id:rick1208:20200324221934p:plain
次はFacebookハッシュタグ(#タグ)使用に対する気を付ける点についてです。

ハッシュタグが多いと嫌われる

Facebookハッシュタグは便利な機能ですが、使いすぎには要注意です。ツイッターではハッシュタグ3個程度なら問題ありませんが、Facebookではハッシュタグの使用はあまり好かれる行為ではないようです。ハッシュタグが付いている投稿は拡散しずらい傾向があります。

Facebookの場合、ハッシュタグは宣伝行為として判断される傾向があり、ハッシュタグ付きの投稿をすると自分自身本位な印象を与えてしまうようです。

FacebookツイッターInstagramハッシュタグの違い

f:id:rick1208:20200324221945p:plain

続いて、FacebookツイッターInstagramハッシュタグ(#タグ) の違いと使い分けについてチェックしていきましょう。Facebook最大の特徴は独自のアルゴリズムにより、時系列で投稿が表示されないことにあります。ハッシュタグによる検索で投稿を絞ることが可能なので、時系列での表示されない分を補えるというわけですね。

次にツイッターですが、ツイッターの特徴は時系列で投稿が表示されるのが特徴です。投稿はフォロワー全部に表示され、リツイートによって不特定沢山に拡散されやすくなります。Facebookハッシュタグは多く使用すると嫌われる可能性もありますが、Facebookと違いツイッターの場合は匿名性が高い分嫌われる可能性が低いです。

Instagramの特徴はハッシュタグを使用して投稿を見る傾向があるという点にあります。また、ツイッターとは違い、ハッシュタグも複数付けることが多いです。ツイッターと違いリツイートの機能がない為、ツイッターのようには拡散されないのが難点です。

まとめ

さて、ここではFacebookハッシュタグの使用方法やメリット、その効果について説明してみました。いかがだったと思いますか。Facebookツイッターではハッシュタグの使用方法、見られ方に違いがあるのは面白いデータですよね。Facebookではハッシュタグを多用するのは嫌われる原因となりますので、気を付けていきましょう。

InstagramFacebookとは別の使用方法をしていました。違いとしては、Instagramのほうが率先してハッシュタグを使うという点と思います。

Facebookではハッシュタグの多用は嫌われる原因となりますが、Instagramでは違います。

ハッシュタグは投稿の検索のとき使用されるとても便利なシステムです。SNSによってもメリットやデメリットは違います。

デメリットを最小限に抑えて使用可能なよう、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。