漫画の地球儀

ライティングがはかどらない時の対処法【心理学、側坐核、やる気、ブログ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20191024145239p:plain


気分が乗らない日はどんな人でもあります。

自分もライティングがぜんぜん、はかどらない時は、しょっちゅうありますが、以下のやり方で対処しています。

1.気分転換をする

気分が上がらず、タイピングが進まない時は、気分転換が大事です

僕がやっている気分転換を挙げてみます

・体を動かす 運動する。(自分はスクワットなどしてますw)

・家事や雑用をする

・シャワーを軽く浴びる

・映画やアニメを見る

・読書する


とにかく何でもいいから違うことをやるのがお勧めです。

時間がもったいないと思うかもしれませんがそのようにプレッシャーがかかると余計に書けなくなってしまうので気分転換は大事です

僕のおすすめはスクワットです。短時間でいい感じに息切れして気分爽快になります。


2.ライティング

上記などの方法で気分が良くなると「よし書こうかなと」いう気分になってくると思います

そうすると、しめたものです。その気分のまま一気に書いていきましょう。

そしてまた気分が乱れてきたら、また気分転換しましょう。

僕はこれの繰り返しで1日1万文字を目標に頑張ってます。



3.作業興奮


人は手を動かしたり、身体を動かしたりすると脳の側坐核という所が活性化して、自然にやる気が出てくるようになっています。

心理学用語で作業興奮と呼ばれているものです

手を動かしてタイピングしているうちに、側坐核が活性化して、書けば書くほど気分が乗ってきます


気分転換→タイピングを続ける→側坐核が活性化→ライティングの気分が乗って来る

こういうシステムを知っておけば、やる気が出ない時でも、どうにかなるなと思えるようになります

まとめ

やる気の出ない日は誰だってあります、そういうときにいきなり諦めるのではなく、こういった方法を試してみてください。

僕はこのやり方で頑張ってます。