漫画の地球儀

iPhoneのボイスレコーダー機能の使用方法【ボイスメモアプリ、録音、無料、標準アプリ】

スポンサーリンク

iPhoneのボイスメモアプリの使用方法



iPhoneは多くの人に使われていますが、そのアプリには、あまり使うことのないものも多くあると思います。

iPhoneに最初から入っているアプリは使うことが少ない」という意見は、よく聞かれます。


標準アプリのうち、ライトやタイマー、電卓、カメラはコントロールセンターから使えるようになったことで、目にとまるようになりましたが、ここでは、「ボイスメモ」の使用方法をご説明します。

ボイスメモアプリとは?

ボイスメモは、ボイスレコーダー機能のアプリです。

皆さん一度は見たり聞いたりしたことがあると思いますが、取材をする記者がインタビューの時によく使うものです。


ボイスメモアプリでは、思いついたことや会議の内容を、音声として記録することができます。

質の良い音声を記録したい場合は、ステレオマイクを接続するとクリアな録音ができます。


アプリ起動後すぐに使用できますが、有料のライブや映画館での録音は禁止されており、犯罪行為となりますのでお控えください。

ボイスメモの使用方法

f:id:rick1208:20190518003127p:plain


それではボイスメモの使い方をご説明します。このアプリはiPhoneに最初から入っていますので、削除してしまった、ということはありません。
私は使用頻度の低いアプリは、まとめてフォルダに入れています。まず、ボイスメモアプリを起動してみましょう。

起動する


f:id:rick1208:20190518003146p:plain

ボイスメモアプリを起動するとこのような画面が出てきます。すべてのiPhoneには本体マイクが付いていますので、そのまま録音ができます。

通常ではモノラル録音となります。外付けマイクを接続すれば、ステレオ録音が可能となり、これは広い部屋での録音に向いています。

録音する

f:id:rick1208:20190518003209p:plain


真ん中の赤いボタンを押すと音が鳴り、すぐに録音開始となります。

録音中に先程の真ん中のボタンを押すと、録音は一時停止されます。再度ボタンを押すと、録音が再開されます。

ボタンの右にある「完了」を押すと、録音終了です。

保存する


f:id:rick1208:20190518003220p:plain

録音が終わると「ボイスメモを保存」と表示されます。録音データに名前を付けることが可能です。

一覧を確認する

f:id:rick1208:20190518003233p:plain

録音後に名前を付けると、録音したボイスメモ一覧を確認できます。

一覧の画面で、ボイスメモをタップすると、次のような項目が表示されます。

・左上の「▶️」―再生
・右の「ゴミ箱」―削除

これ以外に、左の「共有」、真ん中の「編集」もありますが、これらについては後でご説明します。

また、ここでボイスメモの名前を押すと、名前を変えることができますので、適当に付けても大丈夫です。

編集する

それでは、編集についてご説明します。先程の画面で「編集」を押すと、画面がこのように切り替わります。画面真ん中の波のようなところを左右に動かすと、再生する位置を変えられます。

トリミングする

続いてトリミングをご説明します。赤い縦の線で区切られていますが、この線を左右に動かすと、切り取りの開始、終了位置を変えられます。

位置を調節して「トリミング」を押すと、オリジナルをトリミングするか、新規録音として保存するか聞かれるので、好きな方を選択してください。

共有する

さらにもう一点、共有についてご説明します。「共有」を押すと、このような項目が出てきます。

Air Drop」を使うと、近くのiPhoneiPadiPod端末にボイスメモを送ることができます。

「メール」「メッセージ」では、EメールやiMessage/MMSでボイスメモが送信できます。

パソコンに保存する

iTunesを経由してパソコンとiPhoneを同期することで、ボイスメモをパソコンに保存することができます。

その際は、iTunesに「ボイスメモ」というプレイリストが自動作成され、その中にボイスメモが保存されます。

同期をしても、iPhoneの中の音源はなくなりません。

音源をパソコンに保存すれば、iPhoneからその音源を消しても、パソコンにデータが残っているので安心です。

ただ、パソコンに保存した音源を削除し、その状態でiPhoneと同期すると、iPhoneにある音源も消されてしまうので注意が必要です。

まとめ

説明が長くなりましたが、ボイスメモは意外と簡単で手軽な録音手段ですので、一度お試しください。