漫画の地球儀

LINEの個人情報流出の原因と防ぐ方法【パスコードロック、ログイン、ログアウト】

スポンサーリンク

LINEの個人情報漏洩はなぜ起こるのか?その原因と対応策

LINEを使用している人は多いでしょうから、個人情報の流出や漏洩は、自分にも起こり得る問題です。。
そこで、LINEで個人情報の漏洩が起こる原因と対応策をご紹介します。

f:id:rick1208:20190102184211p:plain


LINEでの個人情報漏洩の原因と対応策

スマホからの漏洩

LINEでの個人情報流出で最も考えられるのは、iPhoneAndroidスマートフォンからの漏洩です。

対応策① LINEにパスコードを設定する

LINEの履歴等を他人に見られないように、パスコードを設定してセキュリティを整えましょう。

f:id:rick1208:20190512231917p:plain

「設定」から「プライバシー管理」に入ると、パスコードロックを有効にできます。

f:id:rick1208:20190512231931p:plain
f:id:rick1208:20190512231939p:plain
f:id:rick1208:20190512232002p:plain


パスコードロックをかけると、iPhoneの場合、追加で「Touch ID」という指紋認証も設定可能です。

対応策② 通知設定をオフにする

スマホのロック画面に通知が表示されると、そこから情報が漏洩すると恐れがあります。

iPhoneの場合、「設定」の中の「通知」に入り、「LINE」を選ぶと設定を変えられます。

通知をオフにする、もしくはサウンドとアイコンバッジだけをオンにすると良いでしょう。

対応策③ トークを消す

人に見られたくないトークは、消しておきましょう。吹き出しを長押しすると、消すことができます。

自分のトークを削除しても、相手の端末のトークはなくなりません。それでも、自分の端末からの情報漏洩は防げます。


f:id:rick1208:20190102184235p:plain

パソコンからの漏洩

LINEをパソコンで利用している方は、パソコンからの流出に注意が必要です。

他の端末でLINEを使わない場合、他の端末からはログインできないように設定しておくと安心です。

対応策① ログアウトを確実に行う

パソコンでLINEを使うときは、席を離れる際にログアウトを行い、他人に見られないようにしましょう。

対応策② 他の端末でのログインを拒否する

スマホ以外でLINEを使用しないなら、他の端末からはログインできないように設定しておきましょう。

f:id:rick1208:20190512232035p:plain

LINEの「設定」から「アカウント」を選び、ログイン許可をオフにすると、他の端末からはLINEに入れません。

以前使用していた端末からの漏洩

LINE公式ページにおいて、古いスマホのLINEアプリから情報が漏洩する可能性が示されています。

iOSでは、古い端末のLINEアプリを消していない場合に、新しい端末にデータ移行するときに、両方の端末でLINEにログインした状態になるようです。これはとても危険な状態です。

詳しくは「第三者によるLINEアカウントへのアクセス可能性に関する当社の見解について」のページをご覧ください。

対応策① LINEアプリ削除後にデータを移行する

古い端末のLINEアプリを消してからバックアップをとり、新しい端末でデータを復元します。

このやり方ならば、端末がLINEにログインすることはありません。

データ復元後に、LINEアプリをインストールしましょう。

くれぐれも、バックアップデータは慎重に管理してください。

バックアップデータを作らない

バックアップデータを使うのは、古い端末から新しい端末にデータを移すときだけにして、基本的にはバックアップデータを消しておく方法です。

機種変更が済んだら、古い端末は初期化して、不正に使用されないようにします。

iCloudでのデータ復元はIDとパスワードが必要ですので、それらが漏洩していなければ、
別の端末でデータを復元するのは難しいです。

ただ、この方法は問題が発生したときにデータを修復するのが大変なので、おすすめはできません。

以上が、LINEにおける個人情報漏洩の対応策です。

LINEは個人情報漏洩のリスクが高い

今回はLINEにおける個人情報漏洩の原因と対応策についてご紹介しました。

ですが、LINEでやり取りしている相手がトーク内容をスクリーンショットすれば、そこから情報が流出する可能性があります。

他の人に知られなくない情報や写真は、LINEに載せないことが最も確実な情報漏洩への対策といえます。