漫画の地球儀

Macをスリープさせない方法!【OS、アプリ、Mac mini、ディスプレイ、バッテリー】

スポンサーリンク

Macを使っているときに、少し席を離れて戻ってきたらスリープになることは珍しくありません。タスク中にスリープを回避する目的で、Macに張り付いている人もいると思います。


これでは、いろいろと面倒なことになってしまいます。「Macをスリープさせない」方法を試してみましょう。

Macのスリープとはなにか

f:id:rick1208:20190105171042p:plain
Macがスリープ状態になる状態は、使用していないときに電力消費を抑えているためです。

スリープさせると電源はそのまま入っていますが、省電力モードになります。電源が入っている状態ですから、起動するときにも電源を切ったときより、Macを短時間で立ち上げられるでしょう。

Apple側でも、数時間程度Macを使用しない状況であれば、電源を切るよりスリープで運用を推奨しています。

便利な機能ですが、Macを使って大きなサイズのファイルをダウンロードしている最中、スリープになって中断されてしまうことも起きます。Macをスリープを意図しないときには、動かないでほしいと思う場面もあるでしょう。

音楽再生中や動画再生中の時も同じです。一定時間触らなかったことで、スリープしてしまうこともMacでは出てきます。

大量の写真を書き出したり、動画の書き出しをおこなうと、処理には時間がかかります。書き出しが終了するまで、Macに張り付くというのも現実的ではありません。

ノートのMacクラムシェルモードを運用しているときや部屋を移動するだけでMacがスリープしてしまうのもわずらわしいでしょう。

Macをスリープさせたくないときは、本当に多くあるものです。

意図しないときにMacがスリープしないようにする方法を3種類試してみましょう。

・OSの設定でスリープさせない
・アプリでスリープさせない
・ディスプレイを閉じてもスリープさせない

*OSの設定でMacを勝手にスリープさせない
f:id:rick1208:20190105171009p:plain
Macがスリープしてしまう方法と解除を試していきます。

Macをスリープ状態にするためには、いくつかの操作があることを覚えておきましょう。

・メニューバーにあるAppleロゴのAppleメニューから「スリープ」を選択。

・ノート型Macは、ディスプレイを閉じる。

・ CD/DVDドライブ搭載のノート型Macは、command+option+メディア取り出しキーでもスリープ

・ディスプレイのみの場合には、control+shift+メディア取り出しキーを押すだけ

Macのスリープ状態の解除は、いずれかの操作が必要です。

・キーボードのキーのどれかを押すかマウスまたはトラックパッドのクリック

・ノート型Macはディスプレイを開く


一定時間経過したときにスリープさせる設定は、デスクトップ型、ノート型Retina非搭載と搭載モデルで画面が異なります。順番に試してみましょう。


デスクトップ型のMacを勝手にスリープさせない

Dockにある「システム環境設定」から省エネルギーを選びましょう。
f:id:rick1208:20190202052544p:plain
時間のスライダがありますので、ディスプレイをオフになるまでスライドさせます。

ディスプレイがスリープ状態になっても画面が暗くなるだけです。MacのAppはそのまま作業している状態です。
ディスプレイがオフになるだけでも、かなりの節電効果を期待できます。
f:id:rick1208:20190202052641p:plain
以下の項目も必要に応じて選択しておきましょう。

・「ディスプレイがオフのときにコンピュータを自動でスリープさせない」をチェックすることでMacは自動スリープにならない設定にします。

・「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」をチェックをいれると、ドライブにデータの読み書きがおこなわれていない、ハードディスクが書き込み動作をしていないときに当該ハードディスクをスリープ状態にできます。

電力使用量に差が出ますが、SSD以外で継続的にアクセスして読み書きをするAppを使っている場合(ビデオ編集アプリなど)、このオプションを解除すると作業効率が上昇します。

・「ネットワークアクセスによるスリープ解除」をチェックを入れると、共有プリンタなどにアクセスして場合には、自動的にコンピュータのスリープが解除されるようにできます。

・「停電後に自動的に起動」は、停電してしまったときだけではなく、電源コードが外れたときでも、電源に再接続されるだけでMacが再起動するように設定可能です。

・「Power Napを有効にする」は、Power Napの間は、ディスプレイと実行されるタスクが必要としないハードウェアの電源を節電します。スリープ中でも必要になると定期的にスリープを解除してくれる状態です。メールチェックやソフトウェアアップデートのタスクも実行する便利な状態でしょう。

このスケジュールから起動やスリープ解除、スリープ開始の時間設定もできます。
f:id:rick1208:20190202054241p:plain
上段は起動またはスリープ解除のスケジュール設定で、下段は「スリープ」、「再起動」、「システム終了」のスケジュール設定です。
f:id:rick1208:20190202054309p:plain
このスケジュールの場合、平日と週末、毎日、曜日といった設定が細かくできます。
f:id:rick1208:20190202054451p:plain
さらにスケジュールで時間の設定もできるため、休み時間など好みに合わせてみるのもいいでしょう。
f:id:rick1208:20190202054457p:plain

Mac miniで勝手にスリープさせない

Mac miniでは、設定画面がコンピュータのスリープとディスプレイのスリープで項目がわかれています。それぞれの設定がスリープするまでの時間を設定できるのが特徴です。

このスリープの場合には、ディスプレイのスリープとは異なります。コンピュータ本体だけではなく、ほかの部品も同時にスリープ状態となるため、電力供給を最小限にしているのです。
f:id:rick1208:20190202054509p:plain

ノート型Retina非搭載モデルのMacで勝手にスリープさせない

Mac miniと同様ですが、コンピュータとディスプレイのスリープが別です。

バッテリー駆動の時と電源アダプタを使用しているときでも別々の設定があるのが特徴です。
f:id:rick1208:20190202054919p:plain
バッテリー駆動のときは消費を抑えたいことから、短い時間でスリープ状態にできます。電源アダプタに接続されている状態なら、スリープモードに入らないように設定できるのです。
f:id:rick1208:20190202054957p:plain

ノート型Retina搭載モデルのMacで勝手にスリープさせない

バッテリー駆動時の設定画面になります。
f:id:rick1208:20190202055005p:plain
ノート型のMacと同様にバッテリー駆動時と電源アダプタ接続時で設定できますが、Retina搭載機の場合には、Power Napの設定もできるところが違いです。
f:id:rick1208:20190202065046p:plain

アプリを使ってMacを勝手にスリープさせない

アプリで強制的にスリープさせない方法も試していきましょう。

今回は「Theine」というアプリを使っていきます。

このアプリを起動すると、メニューバーにアイコンが表示されるためすぐにわかると思います。
f:id:rick1208:20190202065057p:plain
スリープさせない時間を強制的に設定できます。
f:id:rick1208:20190202065150p:plain
調節の項目を見ると、ログイン時に起動させる項目があり設定が可能です。
f:id:rick1208:20190202065159p:plain

閉じてもMacをスリープさせない

ノート型のMacでは、もって移動することもあるはずです。この状況でもダウンロード中やタスクが終了していないなら、スリープモードになってしまって困ることが出てくるでしょう。

おこなっていたタスクが中断されるのは、どうしても困るからです。

スリープを解除できるアプリの多くは、ディスプレイを閉じるとスリープします。「InsomniaX」の場合には、ディスプレイを閉じてもスリープしない設定を持っているのです。

起動させると、他のアプリ同様にメニューバーにアイコンが表示されます。

メニューの上段2つの「Disable Lid Sleep」と「Disable Idle Sleep」にチェックを入れて耳合しょう。
f:id:rick1208:20190202065209p:plain
「Disable Lid Sleep」を設定すると、ディスプレイを閉じた時のスリープ機能を無効にします。

「Disable Idle Sleep」はアイドル(一定時間操作がなかった)時にスリープしないように設定できます。

他にも「Disable Lid Sleep For...」という項目から、ディスプレイを閉じた時のスリープを拒否する時間の設定までできるのです。
f:id:rick1208:20190202065244p:plain
同じように「Disable Idle Sleep for...」から、アイドル時にスリープさせない時間の設定もできるため、自分の使用状況に合わせることができます。
f:id:rick1208:20190202065249p:plain
「Preferences」には、電源アダプタを使っているときだけ有効といった設定もあるので便利です。
f:id:rick1208:20190202065258p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20190105171049p:plain
かなりわずらわしいこともある「Macをスリープさせない方法」をまとめてみました。

強制的にスリープさせないと、熱こもりやすくなり、ハードウェアにも負荷をかける場合があります。解除することで便利にはなりますが、運用には十分に注意して負荷をかけ過ぎないようにするといいでしょう。