漫画の地球儀

Amazon2段階認証のセキュリティ設定方法【プライム、SMS、安全、アカウント】

スポンサーリンク

Amazonを活用している人は多いでしょう。インターネットを使った買い物の大半をAmazonで済ませる人も珍しくありません。

Amazonプライム会員のために年会費を支払っているとアカウントを乗っ取られることはとても危険ですし、困ってしまいます。先日、Amazonがセキュリティ強化のため、2段階認証を導入しましたので、アカウント乗っ取り対策としても設定することが大切です。

Amazonの2段階認証は、携帯電話(SMS)を使いますが、簡単のようで実は手軽にできない設定です。それでもAmazonの2段階認証は、セキュリティを強化できますので、順番にやってみましょう。

Amazon2段階認証のセキュリティを設定する

f:id:rick1208:20190130020048p:plain
Amazonでアカウントの2段階認証をするために、高度なセキュリティ設定 にアクセスしていきます。
f:id:rick1208:20190130013624p:plain
2段階認証の項目の中に「設定を開始」がありますのでクリックしていきましょう。
f:id:rick1208:20190130013635p:plain
2段階認証にはSMS受信が必要になるため、受信できる携帯電話の番号を入力します。番号を入力したら、コードを送信しましょう。
f:id:rick1208:20190130013714p:plain
数分以内に携帯電話のSMS(ショートメール)宛に番号が送信されます。送られてきた番号を入力してから、「コードを確認して続行」を押します。
f:id:rick1208:20190130013722p:plain
2段階認証として使う第1手段の入力が完了です。もし第1手段が使えなかった時のために、バックアップ手段の入力が必要になってきます。

バックアップ手段の入力は必須です。
f:id:rick1208:20190130013731p:plain
携帯電話番号を2つない人が大半ですので、バックアップ手段には、認証アプリを使っていきましょう。

GoogleiOSiPhone,iPad)、Androidで使える認証アプリを無料で配布しています。これを使えば、別の電話番号なども必要ありません。

アプリにアカウントを追加したら、QRコードが発行されますので、読み込むだけでコードが生成されます。
f:id:rick1208:20190130013740p:plain
生成されたコードを入力したら、「コードを確認して続行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20190130013847p:plain
バックアップ手段を入力すると、セキュリティコードの入力ができない端末での2段階認証の使い方の表示が出ます。
f:id:rick1208:20190130014245p:plain
スクロールさせて下げていくと、設定した2段階認証を有効にするボタンがあるはずです。これをクリックしましょう。

画面に「2段階認証が有効になりました」とのメッセージが表示されます。これでAmazonのアカウントに対する2段階認証ができました。

Amazonで2段階認証の設定で安全に

f:id:rick1208:20190130011618p:plain
Amazonのアカウントに2段階認証を設定することで、アカウントの不正利用を少しでも抑制することができ、安全に使えるようになるでしょう。

Amazonのアカウントには、住所や電話番号、名前だけではなく、クレジットカード情報、購入履歴といった個人情報がたくさん入っています。不正アクセスによってアカウントが乗っ取られたりすれば、大きな被害を生み出してしまうでしょう。

最悪の事態は、セキュリティの強化で未然に防ぐこともできます。Amazonのアカウントには2段階認証を設定することで、少しでも安全にできるのですから使っていきましょう。