漫画の地球儀

ps4にソフトが入らない場合の対処法!【ディスクが入らない、電源が落ちる、電源コード、自己責任】

スポンサーリンク

PS4でゲームをしていると、いきなり本体から「ピピピ!」という音とともにディスクが掃きだされてしまうことが出てきます。PS4本体からもウィンウィンというモーターの音が鳴り続けディスクが入らなくなってしまいます。

ネット検索で検索すると、多くの人が同じような症状に見舞われていることがわかります。

PS4からディスクが出てきてしまって、入らなくなってしまった時には、対処方法がありますので順番にやっていきましょう。

PS4にディスクが入らなくなった時には

f:id:rick1208:20190111172827p:plain
PS4にディスクが入らなくなったときには、まず焦らず対応することが大切です。

ゲームで遊んでいると、ピピピ!という音が鳴り、突然終了したかと思えば、PS4の電源が切れました。自分で再起動しているようなときと同じです。

せっかく良い気分で遊んでいても、強制終了になってしまうのは残念ですが、やり直せば済むことでしょう。こんなこともあるとゲームを再開しようとしたときに、ゲームソフトのディスクがPS4から掃きだされてしまったのです。何も操作していないのに。


これはPS4を使っている中でも驚きの現象で、ピピピ!と音は鳴りまくるし、電源は落ちてしまうし、ディスクも出てるし困ってしまいました。

本体にディスクが入らない

本体の電源は何とか入るようになったものの、ディスクを入れ直して再開しようとしたら、本体がウィンウィンとなり入らなくなってしまいました。

無理やり押し込むと壊れ走ですし、一旦PS4の電源を落とすことにしたのです。

PS4の電源を切ってもディスクを受け付けない

電源を一度切って立ち上げても、本体から音がしてディスクを受け付けてくれないままでした。

再起動では、対応方法としてはダメなようですね。

PS4本体の電源を切り電源コードも抜いて放置

f:id:rick1208:20190111173022p:plain
電源を切っただけでは効果がなかったため、電源コードも抜いてしばらく放置したのです。もう一度本体を起動してみると変な音も角成、ディスクも受け付けてくれるようになりました。

PS4本体の電源をコントローラーで切っただけではなく、電源コードも抜いたところがポイントだったかもしれません。※いきなり電源コードは抜いていません。

たまにディスクが入らない

たまに同じ症状が出ますが、同じような手順を踏んで、電源を切ってから電源コードを抜くと元に戻ってくれます。

あまりも故障の頻度が多くなったときには、ソニーに修理を依頼してみようと考えている状況です。

ディスクが入らなくなったら試す価値あり

PS4からディスクが掃きだされて入らなくなったときには、今回の方法を試してみる価値があるでしょう。

特別な方法ではありませんが、コードを抜くときには電源を切ってからが大切です。いきなりコードを抜くのは、電源が入ったままの状態になってしまい壊す可能性が出てきます。

電源が切れない状態は、PS4本体の電源ボタンを7秒以上長押しすると電源が切れます。コントローラーの反応がない場合には、この方法で電源を切ることも壊さないためにも大切な方法です。

PS4の電源コードは電源を切ってから

f:id:rick1208:20190111172746p:plain
どんな状態だろうとも、いきなりコードを抜いてはいけません。


※今回の方法は、あくまでも自己責任でおこなってください。紹介した方法でPS4が壊れたとしても、当ブログで責任を取ることはできません。心配なときには、ソニーに修理を依頼する方が安全です。