漫画の地球儀

フリーズしたps4を強制終了する方法!【電源を切る方法、止まる、固まった、アプリケーションを終了する、】

スポンサーリンク

フリーズしたPS4を強制終了して電源を切る方法

f:id:rick1208:20190111172746p:plain
PS4の電源を切る時は、コントローラーのPSボタンから「電源オプション」を選択します。


PS4の電源を切る」を選んで電源を切るのが正しい方法です。

何かゲームソフトを起動しているときには、「アプリケーションを終了する」を選択して進めていき、終了させてから電源オプションで切断する方が良いです。

PS4も機械ですので、本体がフリーズしてしまってPSボタンを押しても反応しないことがあります。これではクイックメニューが開けないでしょう。銅にも対応ができなくなるため、強制終了させることしか選択肢がありません。

いきなり電源ケーブル抜いてしまうのは、方法としてはやってはいけないことです。コンセントから抜くのも同じですが、その前にやれることがいろいろとあります。

PS4本体を強制終了させることができますので、まずは方法を試してみましょう。

(※強制終了は、あくまでも自己責任でお試しください。本体が壊れる可能性はゼロではありませんので、当サイトでも責任はとることができません。)

PS4本体の電源ボタンを6秒以上長押し

f:id:rick1208:20190111173022p:plain
コントローラーの操作では、全く反応がなくても、電源コードをいきなり抜くのは、絶対にやってはいけないことです。故障の原因になるため、本体の電源ボタン(ディスクを入れるところの近く)を長押ししましょう。

電源は軽く押しても落ちませんので、7秒以上は押し続けることがポイントです。本体から「ピッ!」という音が鳴りますので、そのあとに自然と電源が切れるでしょう。

電源を切る事ができる方法ですが、その後、電源を入れ直して再起動してみると状況がわかることがあります。

7秒以上押し続けても変化がないのであれば、電源コードを抜くという選択になりますが、公式にも出ている方法ですので必ず試してみましょう。

電源コードを抜くのは最終手段

f:id:rick1208:20190111172827p:plain
電源ボタンを長押しして電源が切れないときは、電源コードを抜くしかありません。


PS4は、パソコンと変わらない精密機器です。いきなり電源コードを抜くのは、壊してしまう可能性が高まります。



これ以上、対策の手段がないときだけ使う方法と考えなければいけません。


PS4本体がフリーズした時の対処方法ですが、ソニーが発表している本体の強制終了手段です。


この方法でも、本体が壊れてしまうことが起きたとしても責任はとることができません。あくまでも自己責任の範疇としておこなってください。


気のせいかもしれませんが、ある特定のゲームソフトでフリーズしやすいことも確かです。