漫画の地球儀

Youtubeの画質が悪い時の対処法!【360p、720p、高画質、通信速度、Wi-Fiの接続】

スポンサーリンク

YouTubeの動画を見ているときに、「なんで画質悪いのかな?」と思うことがあります。

普段、高画質で再生している人なら、突然画質が落ちて悪くなってしまう瞬間があるはずです。


そんなYouTubeの動画の画質が悪くなってしまったときに、どんな対処をすればいいのか試してみましょう。

YouTubeの画質が悪い・悪くなってしまったとき

f:id:rick1208:20190110131458p:plain
YouTubeで動画を見ているときに、いきなり画質が落ちて悪くなる経験はだれにでもあるはずです。

動画は楽しく視聴したいところですが、画質が落ちると楽しい時間もつまらなくなってしまいます。

YouTubeは視聴しているユーザーのデバイスや通信環境を考慮して再生をおこなう機能があります。自動調整してくれるおかげで、動画がいきなり止まったりしないようにしているのです。

画質が落ちてしまう原因ですが、普段、高画質で再生している人はなおさら嫌な思いもするでしょう。

YouTubeの動画の画質が落ちてしまい悪くなったときには、対処がいろいろとあります。

YouTubeの画質が悪い・悪くなってしまったときにはこれ!

通信環境の確認

YouTubeの動画の画質が落ちて悪くなってしまったときには、通信環境を確認して見直します。

通信速度に応じてYouTubeが自動で画質設定をおこなうため、「自動」になっているときには画質も速度にあった状態が選択されます。通信環境が良くない場所だったりWi-Fiの接続が安定しなかったりすると低画質に調整するのです。

通信環境が問題の時には、良い状態の場所で動画を再生したり、Wi-Fiを切り替えてみたりするなど改善方法を取ってみましょう。

高画質で見られるなら画質設定


f:id:rick1208:20190112164906p:plain

スマホのアプリ版YouTubeで画質が悪くなったときには、画質設定の見直しが必要です。YouTubeの動画を再生し、動画をタップすると、右上にメニューボタンが表示されます。このメニューボタンをタップしていきましょう。


f:id:rick1208:20190112165437p:plain
メニューの中に「画質」がありますのでタップします。



f:id:rick1208:20190112170355p:plain
画質設定の項目がいろいろとありますが、画像を例にすると720pまで画質の選択ができます。ところが、360pに設定されている状態です。画質が落ちて選択されている状態ですが、数字が大きいほど解像度が高いのがこの数値になるため、高画質にするなら設定を変えていきましょう。

注意しなければいけないのは、高画質にすると動画のデータサイズが大きくなります。Wi-Fi環境ならば問題はほぼありませんが、データ通信の場合には通信容量を大幅に使うことになるでしょう。通信上限の設定がある場合には、いろいろと問題が出ますので、十分に注意が必要で鵜s。

アップロード側の問題

「動画の画質設定を最高にしているのにかかわらず画質が悪い」場合は、動画の画質自体が悪いことも考えられます。

YouTubeに動画をアップロードした段階で再エンコードされるため、設定が適当な場合、アップロードの段階で画質が劣化するのです。

高画質で動画をアップロードする場合には、YouTubeの動画にあった解像度やビットレートを設定して作成しなければいけません。

まとめ

f:id:rick1208:20190110131432p:plain
YouTubeの動画の画質悪い場合には、対処法がいろいろとありますが、確認して原因の切り分けが必要でしょう。

YouTubeは自動で動画の画質を調整する機能を持っています。

どんな環境のユーザーでも、快適に動画を見ることができるようにしているからです。動画の画質が落ちると見にくく楽しめなくなるので、動画の画質設定も自分でしていくようにするのがお勧めです。

通信環境の影響も強く出ますので、高画質にしたいときには、電波の状態も考えて、Wi-Fi接続に問題がないのか、確認してみましょう。大幅に変わることも珍しくありません。