漫画の地球儀

Youtubeが勝手に開く時の対処方法!【Safari、アプリ、iPhone、Android、ブラウザ】

スポンサーリンク

iPhoneAndroidYoutubeを視聴することも多いでしょう。その時に使うのは、Youtube公式アプリが多いはずです。SafariGoogle ChromeといったブラウザでYouTubeを視聴する人もたくさんいます。

ブラウザでYoutubeを開いたはずなのに、いつの間にか勝手にYoutubeアプリが開いてしまうようなことも出てくるのです。

ブラウザを使ってYoutubeを楽しみたい人は、アプリが勝手に開く状態に対処できますので、いろいろと対策を打っていきましょう。

勝手に開くのはYoutube公式アプリのバージョンアップから

f:id:rick1208:20190110131432p:plain
ブラウザでYouTubeを楽しむことができていたのに、勝手にYoutubeアプリが開くようになってしまいました。

いつから開くようになったかといえば、Youtubeのアプリがバージョン12.11に変わってからです。アップデートすると、ブラウザではなくアプリが開くようになりました。iPhoneだけではなく、Androidでも同じようなアップデートがおこなわれていくため、同様の症状を示すようになりました。



f:id:rick1208:20190110131117p:plain

便利なことは確かですが、アプリで開きたくない場合もあるでしょう。強行的に開かれるようになってしまったことは、選択肢が狭まるのも確かです。アプリの自動起動をOFFにしたいときもあるのは確かだからです。

対処方法自体は、アップデート履歴にも記載されています。手順もその通りにおこなっていけば、これまでと同様にブラウザからYouTubeを利用していくことができるでしょう。

ブラウザでの利用をしたいときには、Youtubeのリンクをタップして画面上部の[youtube.com]を開きます。

実際にブラウザでYoutubeを見る方法を順を追ってやってみましょう。

Youtubeが勝手に開かないようにする

f:id:rick1208:20190110131458p:plain
iPhoneを使いSafariのブラウザでYoutubeを開きます。動画をSafariで検索していきましょう。

検索結果に表示されてきたYouTubeの動画を開きます。

流れ的には、Youtubeアプリが開いてしまうため、Safariブラウザに戻るようにしていきましょう。


f:id:rick1208:20190110131320p:plain


Youtubeアプリの上部には、「< Safariに戻る」「youtube.com >」が表示されているはずです。このどちらかをタップすれば、YouTubeSafariで再生できるように画面が戻れます。戻った状態で再生すると、これまで同様に問題なく利用ができるでしょう。

Safariに戻る or youtube.comが表示されないときには

f:id:rick1208:20190110131332p:plain

勝手にYoutubeアプリが開いても、上部にSafariに戻るやyoutube.comが表示されないときには、原因があります。Youtubeアプリが開いてから少し時間が経つと、表示は自動的に消えてしまうからです。再生画面を再度タップしてみるとまた表示されるでしょう。


f:id:rick1208:20190110131344p:plain

画面を少しずらしてみると、再生画面の裏に表示されています。表示順が入れ替わったりすると、最前面に移される画面が変わってしまうこともあるのです。

まとめ

Youtubeのアプリが勝手に開いてしまうときに対処できる方法でした。

ブラウザで開いて利用をしたいときには、感嘆ですのでこの方法を使って変更してみましょう。