漫画の地球儀

LINEで友達一覧に出てこない時の対処法!【友達になりました、通知、相手が名前を変更した、アカウントを削除】

スポンサーリンク

LINEの通知で「友達になりました」ときたのにもかかわらず、友だちリストにみあたらない経験をしたことがある人もいるはずです。LINEから通知が来たのにも関わらず、リストに上がらない場合に考えられる理由を考えて対策してみましょう。

LINEの通知のひとつ「友達になりました」

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
LINEからの通知として「○○が友だちになりました」と表示されたのにもかかわらず、友達リストに見当たらないといったことが出てきます。

通知がきたのに友だちリストに見当たらなかったり、トークを開いてもメンバーがいませんと表示したりする状況は、困ったことも出てきます。

不安にもなる現象ですが、原因はそこまで難しいものではありません。考えられる原因から対策を施していきましょう。

LINEの通知で「友達になりました」とくるのはどんな状況か

f:id:rick1208:20190102184235p:plain
「○○が友だちになりました」の通知は、LINEの設定で「友だちへの追加を許可」をオンにしている条件の時にくるようになっています。

設定がオンの状況で、自分の電話番号を電話帳に登録している人が、LINEを始めて、「友だち自動追加」機能をオンにしたとき登録されます。その相手が友だちリストに登録されることで「○○が友だちになりました」という通知が発信される仕組みです。

友達一覧に出ないのはどんな状況か

友達一覧にも出ない状況も考えて切り分けしてみましょう。

LINEを始めてすぐ友だちを解除したりブロックされたりした


LINE公式の見解では、「すぐに友だちを解除した可能性が考えられます」としています。
実際の状況を考えてみると、追加した相手がすぐに友だちリストから削除した状況でも、自分の友だちリストでは相手が残っているはずです。

ここからも、友だちを解除したとことが原因と考えにくいのは間違いありません。ブロックされた状況は通知が発信されなくなるだけのため、自分の友だちリストには表示が残るはずです。

相手が名前を変更した可能性

相手が「友だち自動追加」機能をオンにして友だち追加をした直後に、「本名ではなくあだ名にする」とします。こうした名前の変更は珍しいことではありませんし、ありえる話です。


通知では「○○」という名前だったはずなのに、友だちリストでは「××」という別の名前になったことで、友だちリストに表示されない可能性が出てきます。

相手がアカウントを削除したケース

「友だち自動追加」をオンにして友達や勤め先の同僚や上司など、のべつ幕なしに一斉追加したことが問題として捉えることもあるでしょう。「LINEは友達だけでいい」と思ったときには、アカウントをいったん削除するケースも考えられます。


通知を発信してから確認するまでの時間でアカウント削除がおこなわれた場合には、友だちリストには出てきません。

まとめ

f:id:rick1208:20190102184224p:plain
LINEの通知で「友達になりました」ときたときに、友達一覧に出てこない可能性はいろいろとあります。

通知が届いているのにもかかわらず、友だちリストにない原因は、名前を変えたりアカウントをすぐに消去したりといった行動が問題となるのがほとんどです。

怪奇現象やウイルスではありませんので、安心して利用することができますが、なぜそういったことをしたのかという部分では、要注意です。