漫画の地球儀

Macのメモリ不足の解消方法!【メモリ解放、メモリ使用量、アクティビティモニタ、MemoryClearner】

スポンサーリンク

Macのメモリ解放は、覚えておくべき方法です。メモリ解放をしないまま使い続ければ、やがてメモリが不足することになり、動作が重くなるといった問題を生じます。無料のアプリを使った方法もありますが、普段からメモリの空き容量を空けるためのポイントも覚えておきましょう。

Macのメモリ解放ってどんな意味?

f:id:rick1208:20190105171049p:plain
Macだけではなく、パソコンやスマホを使っていて、「メモリの解放」を意識している人は意外と多くありません。

どんなパソコンのソフトであっても、スマホのアプリであっても、立ち上げることで内部にあるメモリを使って動作します。使用量が多くなれば、さまざまな問題が発生することになるのは、使用できる量には限界があるからです。

パソコンでもメモリの使用量を減らすことが必要ですし、空き容量から調整もしていかなければいけません。

Macでメモリ不足はなにがおきる?

f:id:rick1208:20190105171042p:plain
Macでもメモリ不足に陥ったときに、どんなことが起きるのかを知っておくのがお勧めです。

アプリケーションが立ち上がらない

アプリケーションは、起動させればメモリを使います。新規で立ち上げるときでも、メモリが十分になければ、立ち上げることができません。アラートやエラーが出る可能性があるため、立ち上がらないときには原因を考える必要があるでしょう。その中でもメモリ不足は簡単に起きやすい問題です。

動作が重くなる

メモリ不足になって起きやすく嫌な状態なのが、動作が重くなることです。仕事の時などは、本当に大きな問題になってしまいます。

画像や動画編集といったメモリ負担が大きなソフトを利用していると、症状は顕著に表れてきます。

フリーズする

動作が重くなった結果、フリーズすることが出てきます。フリーズしてしまえば、動作ができなくなり、なにも受け付けてもらえずに困ったことになります。

しばらく待っても動かない場合には、強制再起動も考えていかなければいけない状態です。

Macのスペック情報を見るためには

自分のMacにメモリがどれぐらい積まれているのか殻確認していかなければいけません。


Macの左上には、リンゴマークがあるはずです。ここからスペック情報を簡単に見れます。

f:id:rick1208:20190107213348p:plain

Macのメモリ使用量を見る

f:id:rick1208:20190105171009p:plain
現在のメモリ使用量を確認してみるところからスタートです。


アクティビティモニタを使えば、現在のメモリの使用量は簡単に確認できます。

Launchpadを開いたら、その他からアクティビティモニタを選択しましょう。

f:id:rick1208:20190107213359p:plain


立ち上げると、現在のCPUやメモリ使用量、ディスク、ネットワーク状況といった情報をリアルタイムのかたちで確認できます。

その中のメモリを選択すると、デフォルトでメモリ消費順にプロセスが表示されるようになっているはずです。

f:id:rick1208:20190107213417p:plain



kernel_taskといったプロセス名も出てきますが、Dropboxなどアプリケーションの名前がプロセス名でわかることも少なくありません。


アプリケーションの中でもメモリを食ってしまっているものは判ると思います。

アクティビティモニタなら、反応しなくなったアプリケーションのプロセスも判別がつき、killすることができます。アプリケーションの動作がおかしい時には、この機能を使ってプロセスを整理する方法も大切です。

Macのメモリ解放をおこなう

Macのメモリ解放をおこなう方法は、覚えておく必要があるでしょう。いくつかの方法がありますが、再起動と無料で出されているMacのアプリを使う方法でやってみます。

再起動する

Macを再起動するのは、確実にメモリを解放できる方法です。開いているアプリケーションが閉じることになるため、メモリが解放されます。立ち上げが重い場合や手間がかかるといった問題も出てきます。作業条件から気軽に出来ないという人もいると思います。

アプリケーションを使ってメモリ解放

Memory Cleaner

https://itunes.apple.com/jp/app/memory-cleaner-x-free-up-memory/id518830108?mt=12


Macの無料のアプリでメモリの解放をしましょう。

アプリを立ち上げたら、右上にMemoryClearnerのメニューが出るようになります。クリックするだけで、現在のメモリ使用量とメモリを圧迫しているアプリケーションがわかるアプリです。


f:id:rick1208:20190107213433p:plain

パソコンで立ち上げた状態ですが、Google Chromeが問題を起こし始めていることがわかります。


f:id:rick1208:20190107213705p:plain

Cleanupボタンを押すだけで、自動でメモリ解放をしてくれるのは手軽でしょう。実行後のメモリの状況を見ると一目瞭然です。


リフレッシュされたことで、改善されていることがわかります。


f:id:rick1208:20190107213719p:plain

Macのメモリ使用量を減らにはどうするか

f:id:rick1208:20190105171049p:plain
Macのメモリに空きを作り余裕を持たせるためには、普段から注意しておかなければいけないことがいろいろあります。

デスクトップは整理!

デスクトップ画面に表示されているアプリやファイル、フォルダは、立ち上げたときに読み込まれてしまいメモリを消費していきます。デスクトップ画面にファイルを置かないことが重要ですが、デスクトップに保存する人は定期的な整理が必要です。

インターネットから取得したファイルの保存先をデスクトップにしているような人は、Downloadsフォルダを作ったり、自分で作成したフォルダを指定するなど別の方法を使っていく必要があります。

ゴミ箱は空にする

ゴミ箱にあるファイルは、定期的に削除してからにします。ごみ箱に入れたとしても、削除されてしまうわけではありません。ディスク容量をあけるためにも、ゴミ箱内のファイルは定期的に削除することが重要です。

使わないアプリケーションは整理する

インストールしただけで使わないアプリケーションはアンインストールします。たちあげなければメモリを使わないのは確かです。ですが、自動起動するようなアプリケーションは、なにもしないでもメモリを消費します。いらないアプリケーションは削除して潜在的な問題を解決するべきです。

Macのスペックをあげるために買い換える

最終手段ですが、現在よりもスペックのいいMacにすることは、単純に問題を解決できます。

メモリが倍、4倍と増えていけば、動作は軽快になるのが当たり前の話です。コストの問題も出てくるため、慎重な検討も必要になります。

セーフモードの起動から動作を試す

Macの起動時から問題があるようであれば、不安定な状態の可能性があります。一度セーフモードで立ち上げてみることは、問題の切り分けにも必要なことです。

セーフモードで立ち上げると、最小限動作するパッケージで起動するためで、他に問題があるかどうかがわかります。

セーフモードの起動は、一度Macの電源を切って立ち上げでロゴマークが表示されるまでに「Shiftキー」を押しっぱなしにするだけです。

セーフブートの時にキャッシュされたファイルも削除できます。