漫画の地球儀

LINEのメンションの指名のやり方!【グループトーク、通知、タイムライン、通知オフ】

スポンサーリンク

普段LINEでは、グループトークの機能を使ったりするでしょう。「トーク内だとしても個別に聞きたい」ことも出てくるはずです。そんな時には、メンションがぴったりです。LINEの機能として、メンションをつけることで個別に話しができるのですから、うまく使っていきましょう。

LINEのメンションとは?

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
グループトークで会話していると、「人数多すぎてだれと話しているかもわからない」「特定の人だけと会話がしたい」と思うことがあると思います。

「LINEのメンション」を使うことで、この願いをかなえることができます。

メンションは、「相手を指名する」という意味です。個別にメンションをつけると、グループトークを使っていても、相手に直接発言できるようになります。スムーズな流れで相手と会話ができるようになるため、メリットのある機能です。

LINEのメンションで指名

LINEでのメンションのやり方は、難しいものではありません。どんなシチュエーションで使っていけるかも考えてみましょう。

グループトークでメンションを使う

グループトークでは、大人数で会話することがあります。だれに話しかけているのかも分からないことが出てくるでしょう。メンションを使うと、個別に会話ができるため、混乱することもなくなります。

メンションのやり方を実際に見てみましょう。

メンションをつける

コメントに「@」を記入してメンションしたい相手の名前をタップ
コメントの入力欄に「@」を記入します。

グループに所属しているメンバーの名前がコメント欄の上に表示されます。

f:id:rick1208:20190107202617p:plain


指名したい相手の名前をタップするだけで、指名した相手の名前が、これまでとは違って色付き表示になります。

色つきが表示されている状況が、「指名している」という意味を持ちます。色は自分の使用している着せ替えで変わりますので、一定ではありません。

いつも通りに使うことになりますが、相手に伝えたいことをコメントするだけでメンションを活用できます。

f:id:rick1208:20190107202903p:plain



「@相手の名前」でコメントできていれば、メンションできている状態です。


f:id:rick1208:20190107203542p:plain

メンションの通知

「メンションされた」通知
メンションで指名された人は、投稿された時点でトーク画面に「メンションされました」表示で通知がきます。

「メンションされました」と通じがあることからも、大人数になりやすいグループチャットであっても相手に気がついてもらえる機能です。

f:id:rick1208:20190107203612p:plain

タイムラインでメンション

タイムラインでも、グループトークと同様に「@」を使うことでメンションをつけられます。実際にやってみましょう。

メンションをつける

「@名前でメンションをつける」
グループトークと同じやり方で「@相手の名前」によってメンションをつけられます。

自分で好きなコメントを入れたら、「@+指名したい相手の頭文字」を書きこみましょう。下に友達が表示されるため、だれを指名するのか選びます。

f:id:rick1208:20190107205142p:plain


選択してから投稿をすれば、指名をしたい相手にメンションをつけられます。



f:id:rick1208:20190107205150p:plain

メンションの通知

タイムラインでも、相手を指名したメンションでは、タイムラインに通知がいくことになります。

タイムラインの左上にある通知欄に対して通知が飛びます。


f:id:rick1208:20190107205218p:plain


相手は、この通知によってタイムラインでのメンションに気がつきます。


f:id:rick1208:20190107205315p:plain


相手のホーム画面へ飛ぶ

タイムラインでメンションをされた場合には、相手の「@名前」をタップしてメンションされた相手のホーム画面が見れます。

注意が必要なのは、タイムラインは公開範囲が決められることです。


範囲が「全体公開」の場合には、その投稿から指名された人の名前をタップすると、ホーム画面を見れます。

ホーム画面からトークを送ったり友達になったりすることはできません。しかし、ホーム画面の投稿を知らない人が見るというのは気分が良くないこともあるはずです。

自分の公開設定を見なおして確認してから、「@名前」でメンションをつけることが大切でしょう。友達とのトラブルを考えても、無駄なことは避けるというのは大切です。


f:id:rick1208:20190107205333p:plain

注意点はこれ

メンションが使える範囲は、グループトークとタイムラインだけです。

個人のトーク画面では、メンションをつけることの意味もないため使えません。1対1でトークしているわけですし、通知も行きます。そもそも必要がない場面です。

LINEのメンションで通知ができないのはなぜ?

f:id:rick1208:20190102184235p:plain
LINEでもメンションができない状態がありますが、どんな時に使えないのかも考えてみましょう。

相手との1vs1になっている状況は、メンションをつけることはできません。いくらやろうと思ってもできない仕様です。もちろんですが、自分へのメンションをつけることも意味がないためできません。

メンションをつけていても、通知がきていないといわれることがあります。

相手の通知設定がOFFになっている可能性があるでしょう。もし、うまくメンションが届かないときには、相手に通知がOFFの設定ではないか確認することが大切です。

LINEの大量のメンションがくるなら通知OFF

f:id:rick1208:20190102184224p:plain
自分へのメンションも届くことになりますが、あまりにも量が増えてうるさいというときもあると思います。

通知をOFFにしてしまえば、トーク画面でのメンションは確認できる状態のまま、通知を鳴らさないことができます。

LINEのトーク画面で、右上にあるマークをタップしましょう。


f:id:rick1208:20190107205409p:plain

右上にある通知オフをタップすることで、通知がならなくなります。メンションが多くうるさいと思っている人は、すぐにでも対処できるます。




解除するときも同じボタンでできるため、状況に応じて使い分けすれば、便利に活用できるはずです。

f:id:rick1208:20190107205426p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
大人数のグループトークでも、メンションを理解すると、必要に応じて個人で話もできるようになるはずです。

メンションの機能は、LINE以外にもTwitterやSlackでも使われています。他のSNSやチャットツールでもいろいろとありますので、LINEから機能を理解してみてもいいと思います。

メンションを使えれば、さらにLINEを利用しやすくなりますので、もっと楽しく活用していきましょう。