漫画の地球儀

Macでソフトをアンインストールする方法!【Mac App Store、アンインストーラ、AppCleaner】

スポンサーリンク

Macは、Windowsのコントロールパネルにある「プログラムと機能」に相当する機能がありません。いらなくなったソフトをアンインストールするにはどうしたらいいのか迷うことがあると思います。だからこそ、Macでソフトをアンインストールするならこんな方法があることを覚えておかなければいけません。

Macでアンインストールはどこから?

f:id:rick1208:20190105171049p:plain
Macでは、アプリやソフトをアンインストールためのWindowsなら「コントラールパネル」の「プログラムと機能」や「設定」の「アプリと機能」といった項目が存在しません。

Macでもアンインストールしたいと思ったときには、どこから捜査していいか迷ってしまうことが出てきます。

Macの場合、Mac App Storeからインストールした場合とMicrosoft officeadobe Readerdropboxといったソフトのように、Mac App Store以外からインストールする場合があります。この違いがアンインストール方法にも影響するところがポイントです。

Macでソフトをアンインストールする

f:id:rick1208:20190105171009p:plain
Mac App Storeからインストールした場合とそれ以外でアンインストールの方法が異なることは理解しておきましょう。

Mac App Storeからインストールした場合には、Launchpadからアンインストールをおこなっていきます。

他のソフトの場合には、アンインストーラがついているときには利用することになります。アンインストーラが用意されていないときは、そのままゴミ箱か削除用のソフトを使っていきましょう。

Mac App Storeからの場合には

Mac App Storeからインストールした場合、Launchpadから削除していきます。


Dockを見るとLaunchpadがありますのでクリックします。


f:id:rick1208:20190107165441p:plain


削除したい対象を長押しすると、全てのアイコンが小刻みに揺れ動き始めます。この状態まで押し続けましょう。


f:id:rick1208:20190107165458p:plain


小刻みに揺れると、左上に×印が出ていることがわかります。

この×印をクリックします。

f:id:rick1208:20190107165623p:plain



×印をクリックすると、警告文として「アプリケーション”〇〇”を削除してもよろしいですか?」ウインドウが開きます。そのまま「削除」ボタンを押せばアンインストールです。


f:id:rick1208:20190107165637p:plain


もしも、あとからもう一度入れたいと思ったら、App Storeから再インストールすれば問題ありません。

アンインストーラを使う方法

インターネットからダウンロードしたり、パッケージを購入したりしてインストールしたソフトは、アンインストーラーが付属していることがあります。そのままごみ箱に捨てたりするのではなく、利用して削除していきましょう。


フォルダ内にソフトあるときは、該当するアプリケーションのフォルダを開きます。


f:id:rick1208:20190107165658p:plain


「アンインストール.app」をダブルクリックして実行しましょう。

f:id:rick1208:20190107165730p:plain


アンインストーラは、どれも同じではないため指示に従います。
この場合は、「Uninstall」のボタンをクリックして進めていきます。


f:id:rick1208:20190107165742p:plain


アンインストールの確認でウインドウが表示されるケースでは、ログインパスワードを要求されるため入力しましょう。

パスワードを入力したら「OK」を押せば、当該PCのユーザーが判断したとしてアンインストールされます。完了するとウインドウが表示されることもあります。


f:id:rick1208:20190107170604p:plain

ゴミ箱に捨てるだけの場合

Mac App Store以外からインストールしたソフトでも、アンインストーラが付属されていないケースもよくあります。この場合には、ゴミ箱に直接捨ててしまえば、アンインストール完了です。


削除したいソフトのあるアプリケーションフォルダを開きます。


f:id:rick1208:20190107171419p:plain


該当するソフトを右クリックして、ゴミ箱に入れるを選択しましょう。

アプリケーションフォルダから、ソフトをゴミ箱にドラッグ&ドロップしてしまう直接的な方法でもOKです。

f:id:rick1208:20190107172212p:plain



削除に関する確認のウインドウが表示された場合には、ログインパスワードを入力しましょう。


f:id:rick1208:20190107172425p:plain


ゴミ箱を空にしてしまえば、完全にアンインストールされます。

f:id:rick1208:20190107172516p:plain



削除したくないと思ったときには、「ゴミ箱」を空にせず、該当するソフトを右クリックし、「戻す」を選択しましょう。

AppCleanerを使ってアンインストールする


公式サイトの右側を見ると、ソフトのダウンロードリンクがあります。

対応OSごとにバージョンがありますので、クリックしてダウンロードしましょう。


f:id:rick1208:20190107172615p:plain


ダウンロードが終わったら、zipファイルをダブルクリックします。

f:id:rick1208:20190107172726p:plain


ソフトが解凍されたら、アプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップしましょう。



f:id:rick1208:20190107172737p:plain


アプリケーションフォルダにAppCleanerが移りますので、ダブルクリックで起動します。

f:id:rick1208:20190107172915p:plain



削除したいと考えている対象をアプリケーションフォルダから選択します。


f:id:rick1208:20190107183244p:plain


AppCleanerを起動させると、アンインストールしたいソフトをドロップするよう指示が出ているはずです。
右上のアイコンで切り替えができ、アプリケーションフォルダ内のアプリを選択できます。

ドラッグ&ドロップで削除する方法をやってみましょう。


f:id:rick1208:20190107183853p:plain


アンインストールしたい対象をアプリケーションフォルダから選択します。


f:id:rick1208:20190107184318p:plain

アプリケーションフォルダからAppCleanerへドラッグ&ドロップするだけです。

f:id:rick1208:20190107184331p:plain


Appcleanerでは、関連ファイルも削除するか選択できます。不要なファイルがあるのなら、選択して「Remove」ボタンをクリックしてみましょう。

AppCleanerは関連ファイルの全削除か、関連ファイルもあとで使う可能性があるのかを選択できます。

残したいときには、チェックを外せば削除から除外されるため安心です。



f:id:rick1208:20190107184351p:plain

アンインストール方法で違いはあるのか?

f:id:rick1208:20190105171042p:plain
Mac App Storeからインストールしたのかどうか判別がつくなら、Launchpadからの削除は簡単です。ですが、実際に長押しするまで削除ができるかどうかがわからないところが問題です。

削除の専用アプリであるAppCleanerは、関連ファイルまで削除できることも便利で簡単ですし、確実です。

Mac App Storeからインストールした場合でも、AppCleanerは削除できます。

他にもアンインストール機能以外に不要ファイルが削除できるFonePaw MacMasterがあり、こちらもおすすめのアプリです。

まとめ

f:id:rick1208:20190105171009p:plain
Macでソフトをアンインストールする方法はWindowsとは少し異なります。

削除してしまうと、そのソフトで作成したファイルが参照できない場合も出てきますので、アンインストールの前には確認するくせをつけましょう。