漫画の地球儀

Twitterでバレないように検索する方法!【ログインせずに検索、サブアカウント、シークレットモード、足跡機能】

スポンサーリンク

Twitterを利用していると他のユーザーを検索することがあります。こうした行動が、相手にわかってしまうのか、自分のアカウントまで漏れるのか気になるところでしょう。相手にわかってしまう行動や安全に検索する方法を考えてみましょう。

Twitterで検索する相手にばれてしまうのか?

f:id:rick1208:20190101095129p:plain
Twitterで他の人を検索するのは何も珍しいことではありません。フォローしていない友達や気になる人を検索するのは当然のことでしょう。だれでもユーザーページやタイムラインを見たいと思うはずです。

問題は特定のユーザーを検索していると「相手に見ていることがわかるのかどうか」を考え、不安になる人もいると思います。

気になる人がいるのであれば、フォローすれば自分のタイムラインでわかるようになります。フォローするだけの話ですが、相手にアカウントの情報を知られたくないといったことも出てくるのがTwitterです。フォローしたくないというときに、バレるのかどうか不安です。

結論は、検索するという行動だけで、足跡がついてしまいアカウントの情報が相手にバレることはありえません。ところが特定の行動をおこなうとバレる可能性が出てきます。

Twitterで検索しているのがばれるときは?

f:id:rick1208:20190101095146p:plain
Twitterで検索しているとわかってしまう行動はこれらです。

ユーザーページを何度も繰り返し閲覧を続ける

Twitterアカウントでログインしているときに、特定のユーザーページの訪問を繰り返すと、相手の「おすすめユーザー」で自分のアカウントが表示される可能性が出てきます。


f:id:rick1208:20190107013246p:plain


見ている、関心を持っていることが、相手にわかってしまう可能性が出てくる状態です。

Twitter側の仕組みのひとつで「AはBのユーザーページを繰り返し閲覧しているため、知り合いの可能性がある」と判断したことで、相手のおすすめユーザー一覧に表示しています。

アカウントのフォロー

当たり前のことですが、フォローしたことで、自分のアカウントは相手のフォロワー一覧に表示されます。載ってしまうのですから、調べたらすぐにわかる状態です。

フォローしたことで通知が届くため、フォローを取り消しても相手にはわかってしまいます。「見られている!」と思われるのは当然の行動ですので注意しましょう。

いいねやリツイート

ツイートに対して「いいね」や「リツイート」をすれば、相手には通知が届きます。その時には、通知欄に自分の名前が表示されるでしょう。自分からアクションをしている以上、相手に簡単にバレてしまう行動です。

間違ってしてしまったときすぐに取り消したとしても、通知が届く以上、確認されたらバレます。

Twitterにも足跡機能が存在する?

mixiでは、「足跡」機能があることが有名です。同じような機能がTwitterにもあると不安に思う人もいますが、足跡機能は実装されていません。もしも、隠れてあったとしたら、大きな問題です。

相手の「おすすめユーザー」に載ってしまうというのは、ある意味で足あと機能に近い働きがあるともいえます。Twitterにログインした状態のまま、同じユーザーのページを何度も閲覧することは、バレる可能性を高めてしまいます。

Twitterの検索でバレない安全な方法があるのか?

f:id:rick1208:20190101095129p:plain
Twitterで検索しても相手にバレたくないなら、より安全に検索する方法があります。

ログインせずに検索

ログインしている状態だからこそ、検索を繰り返すことでTwitter側に機械的に関心があると判断されて、おすすめユーザーに表示される可能性が出てきます。Twitterの検索はログアウトしていても使える点が重要です。

ログアウトしていれば、検索したとしても機械的に判断できる材料がありません。フォローやいいね、リツイートに関してもログアウトしていれば事故も防げます。


サブアカウント

メインのアカウントだからこそ、いろいろと不都合が出てきます。閲覧用のサブアカウントを作れば、いくら検索しても安全です。

相手のおすすめユーザー一覧にサブアカウントが表示されることも出てきますが、サブアカウントメインアカウントにつながることがなければ、相手にはだれだか判別つきません。

シークレットモードで

ブラウザには、シークレットモードがあります。閲覧履歴などの情報を残さないことから、ログアウト以上に安心して使えるようになります。

f:id:rick1208:20190107014122p:plain


まとめ

f:id:rick1208:20190101095129p:plain
Twitterで検索したとしても、基本的にはバレたりはしません。

事情もそれぞれあって、気になるユーザーをフォローすることなく検索して見続けることもあるでしょう。足跡機能がないTwitterである以上、検索でバレてしまうことは、基本的にありえないのです。

ただし、おすすめユーザー一覧の機能の存在は気をつけておかなければいけません。何度も閲覧していれば、関係性が高まり、機械的に表示してしまいますし、フォローやリツイート、いいねも自ら情報をばらしてしまう行動です。知られたくないのであれば、注意しなければいけません。

心配なときには、Twitterはログアウトしてからという癖をつけることが必要です。さらに閲覧用のサブアカウントを作り、シークレットモードで検索するなど万全の体制も整えるべきです。