漫画の地球儀

chromeの新しいタブのサムネイルを非表示にする方法!【拡張機能、New Tab Redirect】

スポンサーリンク

Chromeでは、新しいタブを開くと自動的にサムネイル形式でアクセス頻度が高いページが出てきますよね。

「普段何をネットで見ているか、他人に知られたくない!」
そんな人は、この機能にお悩みだと思います。


f:id:rick1208:20190106195203p:plain


そこで今回は、Chromeのサムネイルを表示させないやり方をお伝えしたいと思います

Chromeで表示されるよく使うサイトのサムネイルを他人に見られたくない!

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
Chromeで新しいタブを開くとき自動的に表れてしまうサムネイル、お困りの方も多いと思います。

自身のよく見るサイトのページがサムネイルで一覧表示されてしまうので、これをあまり人に見られたくないという人には悩みの種となってしまいますよね。


実は、このサムネイル表示、OFFにすることもできるんですよ。

それではさっそく、次からその手順を見ていきましょう♪

Chromeのサムネイル表示をOFFにする設定の手順

拡張機能を使えば、わずらわしいChromeのサムネイルを簡単に非表示設定することができます。

以下でご紹介する拡張機能を使った方法で、さくっとサムネイルをOFFにしてしまいましょう!

拡張機能「New Tab Redirect」

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
「New Tab Redirect」とはその名の通り、新しいタブが開かれるときにユーザーがあらかじめ指定しておいたサイトへ自動的に飛んでくれる機能(リダイレクト)を持っています。





①まず、New Tab Redirectをインストールしましょう

New Tab Redirect - Chrome ウェブストア


②New Tab Redirectのインストールが完了したら、Chromeのページ右側にNew Tab Redirectのアイコンが表示されます。
 これを選択すると、オプションの設定ページに移動します。


f:id:rick1208:20190106195232p:plain

③オプションの設定ページ内で、新しく開いたタブに表示させるサイトを指定することできます。
 Popular PagesやChrome Pagesなどで設定されているページや、自身のお気に入りのサイトを自動的表示させることもできます。

④サイトの表示設定が終わると、「Options saved!」と画面に現れます。
 これで、リダイレクトの設定作業は終了です
f:id:rick1208:20190106200503p:plain

あとは実際に新しくタブを開いてみて、設定したページ・サイトに移動するかチェックしてみてください

 
会社のPCでNew Tab Redirectを利用する場合、会社のイントラネットに飛ぶようにしておくと使いやすいと思います。
Google検索をよく使う人は、Googleトップページを設定するといいです

ちなみに、設定ページをChrome Appsにしておいて、ここに使用頻度の高いアプリケーションを入れておくとChromeがより使いやすくなります

ご自身がよく使うサイトに設定しておくと、Chromeの操作がラクラクで便利です