漫画の地球儀

googleの検索履歴を非表示、消す方法!【検索バー、Chrome、PC、スマホ】

スポンサーリンク

googleの検索バーで検索をすれば、履歴が残ることになるでしょう。便利な機能ではありますが、他の人には見られたくないような履歴もあるはずです。困った状況になることもあるのですから、非表示にしたり、消してしまい残さない方法を使ってみましょう。

f:id:rick1208:20181231131300p:plain

googleの検索履歴を非表示に

PCのブラウザやAndroidChromeなどを使っていると、google検索した時に履歴が気になる場合もあるでしょう。



f:id:rick1208:20190105190457p:plain

過去に検索したワードが表示されるため、状況によっては便利ではなく困ることもあります。

何気なく検索した履歴が登録されたことで、何度も表示されてしまうことが面倒に感じることは少なくありません。他の人に知られたら恥ずかしいような検索ワードも履歴にあれば気分的に良くないでしょう。知られてしまったらどうしようと、無駄に不安になることも出てきます。

googleの検索バーに表示される検索履歴は、「非表示にする」「消す」「残さない」といった3つの対処方法があるため、うまく活用していきましょう。

googleの検索履歴を非表示

f:id:rick1208:20181231131250p:plain
googleの検索履歴を非表示にできますが、PCとスマホでは違いがあります。

PC

googleの検索履歴を非表示にするために、アクティビティ管理ページにログインしなければいけません。アクティビティ管理ページに移動して、googleアカウントにログインしましょう。


アクティビティ管理のメニューには、「ウェブとアプリのアクティビティ」のボタンがありますので、クリックしてオフにしましょう。これで検索履歴を非表示に設定できます。

f:id:rick1208:20190105190807p:plain


Android

Androidでは、googleアプリを起動して左上のメニューボタンから始めます。表示されたメニューの中から「設定」をタップしましょう。


f:id:rick1208:20190105190816p:plain


設定メニューを見ると「アカウントとプライバシー」がありますので、タップして開きます。



f:id:rick1208:20190105192906p:plain

アカウントとプライバシーのメニューの中から「googleアクティビティ管理」を開きましょう。


f:id:rick1208:20190105192919p:plain


アクティビティ管理メニューが表示されたら、さらに「ウェブとアプリのアクティビティ」がありますのでタップします。


f:id:rick1208:20190105193929p:plain


画面上部にある「有効」のボタンをタップしてオフにします。

f:id:rick1208:20190105193937p:plain



注意文が表示されますが、画面下部の「一時停止」をタップして停止させましょう。これで、検索バーの検索履歴を表示しないようになります。


f:id:rick1208:20190105193947p:plain


googleの検索履歴を消してしまう

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
googleの検索履歴を非表示ではなく、消してしまう方法がありますが、これもPCとスマホでやり方が異なります。

PCのChromeの場合

PCでChromeを起動したら、画面右上にメニューボタンがあります。これをクリックすると「履歴」が出ますので、マウスカーソルを合わせて表示されたメニューの中から「履歴」を選びます。



f:id:rick1208:20190105194240p:plain

履歴のメニューが表示されたら、左上にあるメニューボタンをさらにクリックして進みます。


f:id:rick1208:20190105194252p:plain



表示項目に「閲覧履歴データを削除する」がありますので、クリックしていきましょう。


f:id:rick1208:20190105195248p:plain


そのままで削除されるのではなく、「閲覧履歴データを削除する」というウィンドウが表示され期間を「全期間」に設定します。「閲覧履歴」のチェックボックスがオンなのを確認して「データを消去」をクリックすることで、これまで溜まった検索履歴がすべて削除されます。


f:id:rick1208:20190105195300p:plain


PCのgoogleアカウントから

googleのアカウントも検索履歴が残されていきます。これも消さなければ、あとで見られてしまうかもしれません。googleのマイアクティビティに移動してログインするところから始めましょう。


右上にあるメニューボタンをクリックすると、「アクティビティを削除する基準」があります。これをクリックして先に進めましょう。




f:id:rick1208:20190105195314p:plain

アクティビティの削除メニューが表示されたら、プルダウンメニューになっている期間を選びます。項目は「検索」に設定しておき、画面下部にある「削除」をクリックすることで、検索履歴を削除可能です。


f:id:rick1208:20190105195325p:plain


Android

Androidでは、まずChromeを起動しましょう。画面右上のメニューボタンをタップすると、メニューが表示されますので、その中から「履歴」をタップします。



f:id:rick1208:20190105195335p:plain


履歴のメニューが表示されたら、その中から「閲覧データを削除」を選択していきましょう。



f:id:rick1208:20190105195343p:plain

消去する期間を選んだら、「データを消去」をタップするだけで、これまでの検索履歴が削除されます。


f:id:rick1208:20190105195406p:plain


ここで終わりではなく、googleアプリを起動して、左上のメニューボタンを開き、表示されたメニューから「設定」を選びタップします。


f:id:rick1208:20190105195414p:plain


設定メニューから「アカウントとプライバシー」を選んでタップしましょう。


f:id:rick1208:20190105195426p:plain


アカウントとプライバシーメニューに「マイ アクティビティ」があります。タップするとChromeが開き、Googleマイアクティビティにログインしますので先に進みましょう。


f:id:rick1208:20190105195436p:plain


マイ アクティビティの右上にあるメニューボタンから「アクティビティを削除する基準」が表示されますのでタップします。


f:id:rick1208:20190105195446p:plain


アクティビティの削除メニューが出たら、プルダウンメニューになっている期間から必要な時間を選び、画面下部の「削除」をタップすることで、指定した期間の検索履歴を削除できます。

※プルダウンメニューで削除項目を選べる場合は「検索」を選びましょう。


f:id:rick1208:20190105195617p:plain

そもそもgoogleで検索履歴を残さない

f:id:rick1208:20181231131250p:plain
googleの検索履歴は、残さなければ消す必要もありません。方法としては「googleの検索履歴を非表示にする」と同じでアクティビティをオフにすることで履歴が残りません。問題は、注意文でも記載されてますが、一時的に検索履歴が保存される可能性が出てくる点です。

一時的でも残したくないときには、「シークレットモード」を活用するといいでしょう。

PCでシークレットモードを使う

Chromeを起動してから、右上のメニューボタンをクリックしてメニューを開きます。その中から「シークレットウィンドウを開く」を選びクリックします。


f:id:rick1208:20190105195629p:plain


通常のブラウザとは異なる仕様なのを示すのが、暗い色のシークレットモードウィンドウです。シークレットウィンドウを使うと、いくら検索したとしても、履歴は一切のこりません。安心して検索を利用できます。

f:id:rick1208:20190105195638p:plain


Androidでのシークレットウインドウ

Chromeを起動したら右上のメニューボタンをタップします。表示されるメニューの中から「新しいシークレットタブ」がありますのでタップして開きましょう。


f:id:rick1208:20190105195711p:plain

シークレットモード用のタブが表示されますが、Androidのモバイル版でもPCブラウザ版同じ仕様になっており、いくら検索しても履歴は残りません。

まとめ

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
googleの検索履歴を非表示にするだけではなく、消したり残さない方法は有効です。

googleの検索履歴自体は、過去に調べたワードの履歴から判断できることもいろいろとあるため便利なのは間違いありません。だからこそ、他の人に知られたくないことも出てくるのですから、「非表示にしたい」「消したい」「残したくない」といったことも必要になります。

検索履歴を「非表示」「消す」「残さない」といった3つの方法が有効になるのですから、覚えて活用していきましょう。