漫画の地球儀

LINEのボイスメッセージで音声を送る方法!音声ファイルの保存方法!【PC、スマホ】

スポンサーリンク

LINEにはボイスメッセージ機能があります。ボイスメッセージ機能は、声で伝えられることから、文字やスタンプでは説明しにくい要件も的確に伝えることができる機能です。音声として残せるため、いろいろなメリットを生み出してくれますので、上手に活用していきましょう。

LINEのボイスメッセージって?

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
LINEのトークルームに「ボイスメッセージ」機能があります。通常のメッセージでは、文字やスタンプを使いますが、代わりにマイクで声を音声入力して送信できる機能です。

文字にするとなんだか意味が通じにくいことがありますが、内容的にも短いため電話にするほどではないこともあるはずです。ボイスメッセージならば、短時間で伝えられる内容の場合には便利に使えるでしょう。

携帯キャリアで以前使われていたプッシュトーク的な使い方もできます。

スマホでLINEのボイスメッセージを使う

f:id:rick1208:20190102184224p:plain
LINEのボイスメッセージの送り方は、難しくありません。スマホのアプリの場合からやり方を覚えてみましょう。

マイクの権限をオンにするところから

マイクの権限をLINEに与えないと、アプリで使うことができません。まずはマイクの権限を与えるための設定をしなければいけません。

設定メニューの中から「アプリ」を開いていきます。


f:id:rick1208:20190105172431p:plain

アプリ一覧が表示されたら、その中からLINEをタップします。

f:id:rick1208:20190105174003p:plain


開くとLINEのアプリ情報が表示されるはずです。そこから「権限」をタップしましょう。


f:id:rick1208:20190105174013p:plain

権限の項目がいろいろと表示されますが、「マイク」のボタンを押すとオンにできます。これでLINEのアプリ上でマイクが使えるようになりました。

f:id:rick1208:20190105174136p:plain

実際にボイスメッセージを送る

ボイスメッセージを送るときには、送信したい相手とトークルームを開かなければいけません。メッセージ入力欄の右側を見ると、マイクのボタンがありますのでタップするところからスタートです。


f:id:rick1208:20190105174151p:plain


大きなマイクのボタンが表示されているでしょう。このマイクボタンをタップしながら話しかければ、その内容を録音できます。

指を離せば録音がそこで解除されて、ボイスメッセージとしてトークルームに送信さる仕組みです。


f:id:rick1208:20190105174206p:plain

録音したボイスメッセージを再生するためには、トークの再生ボタンをタップします。これだけで、録音したボイスメッセージも再生して確認できます。


f:id:rick1208:20190105174223p:plain

ボイスメッセージの送信を中断してやめる方法。

ボイスメッセージの録音もいつでも問題なくうまくいくわけではないでしょう。どうしても失敗してしまうこともありますし、取り消したいことも出てきます。中断して辞めたいときには、マイクボタンを指で外周側にスライドさせましょう。

画面上部を見ると「指をはなすとキャンセルされます。」とメッセージが表示されたら、取り消すためには指を離します。これで、ボイスメッセージの録音を中断して取り消すことができるのです。

f:id:rick1208:20190105174301p:plain

PC版LINEのボイスメッセージ

f:id:rick1208:20190102184235p:plain
PC版のLINEは、スマホのアプリ版と同じような仕様になっており、感覚的にも近いものになっています。


PC版LINEを見てみると、まったく同じわけではなく、画像のようにトークルームにボイスメッセージ録音機能は作られていません。

録音機能はありませんが、音声ファイルは送ることができます。音声録音ソフトを別に用意して、メッセージを音声ファイルに録音したら、トークルームでドラッグ&ドロップすることで送信可能です。

f:id:rick1208:20190105174329p:plain

LINEのボイスメッセージを削除する

削除したいボイスメッセージを選び長押しすることで、メニューを表示させましょう。


f:id:rick1208:20190105174342p:plain


メニューの中に「削除」がありますので選択します。

f:id:rick1208:20190105174428p:plain


削除するメッセージを選ぶ画面になりますが、最初のボイスメッセージのほかにも選択できます。他にも削除したいボイスメッセージがあれば、対象もタップしてチェックボックスにチェックしましょう。

削除したいボイスメッセージを選び終わったら、画面下部にある「削除」をタップします。

f:id:rick1208:20190105174447p:plain


タップすると削除してしまう注意が画面に表示されます。「削除」をタップすれば、ボイスメッセージを削除して終了です。



f:id:rick1208:20190105174521p:plain
削除は終わりましたが、トーク画面から選択したものはなくなっているはずです。注意に書かれていた通り、あくまでも「自分のトーク画面のみ」で削除されただけです。相手のトーク画面からボイスメッセージが削除されるわけではない点に注意しましょう。


f:id:rick1208:20190105174536p:plain

LINEのボイスメッセージを保存

LINEのボイスメッセージは。送信して再生する以外にも、音声ファイルにもできます。端末やLINEのストレージ機能のLINE Keepへ保存して活用できるのです。

LINE Keepに保存

LINE Keepにボイスメッセージを保存するときは、対象のボイスメッセージを長押ししていきます。削除の時と同様にメニューが表示しますが、今度は「Keepに保存」をタップしましょう。



f:id:rick1208:20190105174551p:plain

これでLINE Keep内にボイスメッセージがm4a形式の音声ファイルで保存されました。

保存先をスマホ本体にする

以前のLINEでは、トーク画面から端末へ直接保存できました。現在は、この機能がなくなり、不可能になってしまいました。

スマホ本体にボイスメッセージを保存したいときには、一度LINE Keepに保存します。保存したのちに、LINE Keep内の音声ファイルをタップしましょう。


f:id:rick1208:20190105174609p:plain


画面下部にメニューが出ますので、下矢印のボタンをタップします。これがダウンロードボタンです。

ダウンロードしたのちに、保存先をスマホ本体にすると、ストレージ内ダウンロードフォルダに「LINE」フォルダが作られ保存されます。


f:id:rick1208:20190105174634p:plain

LINEのボイスメッセージが遅れなかったり聞こえにくかったりした時

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
LINEでボイスメッセージが送れないような状況は、アプリの権限がおこなわれていない可能性があるため、まずはチェックしてみることが大切です。

ボイスメッセージが聞こえにくい時には、音楽ファイルや動画を再生してみましょう。この段階で正常に再生できるのであれば、音声入力に関しての問題を考えなければいけません。ボイスメッセージに関係のない音楽や動画まで聞こえにくいなら、スピーカーの問題を考えましょう。

マイクやスピーカーの問題になると、通常の通話にも影響が出ているでしょう。この場合には、スマホ本体の修理も考えなければいけません。LINEだけであれば、アプリ自体のバージョンが古く支障が出ている可能性があります。

LINEのアプリは、古いバージョンで不具合を起こしてしまうことがあります。最新バージョンをダウンロードして使用することが大切です。

まとめ

LINEのボイスメッセージで音声を送信する方法や音声ファイルの保存方法も難しいものではないでしょう。

ボイスメッセージ機能は便利なもので、文字のメッセージやスタンプでは、うまく伝わらないこともプッシュトークのように使えば問題もクリアできます。保存もできるため、使い方はいろいろと出てくるはずです。操作的にもワンタップで簡単に使えるため、まずは試してみてはいかがでしょうか?