漫画の地球儀

LINEで通報されたらどうなる?【したらどうなる?、スパム/宣伝目的、異性交際/出会い目的、迷惑行為】

スポンサーリンク

LINEの機能のひとつとして通報があります。通報というだけでもどんな機能かわからず、どうやって使うか考えてしまうでしょう。LINEを使ううえで通報をするということの意味やそのあとどうなるのかを具体的なやり方から考えてみましょう。

LINEの通報ってなに?

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
LINEの機能には、通報が存在します。

通報というと仰々しいように聞こえますが、LINEの運営に対して、迷惑行為をおこなっているユーザーの情報を知らせ提供することを意味しています。

通報すると、迷惑行為をおこなっているユーザーとして連絡が入ります。運営側は通報を受けて調査を進め、対象のユーザーが悪質だった場合には、アカウントに一時利用停止処置をかけるのです。ひどく悪質だったユーザーの場合には、アカウントの凍結までおこなわれるといわれています。


通報機能が存在している理由は、LINEのユーザーにも、ほかのユーザーのことを考えずに利用する迷惑な人や悪質なスパムが、間違いなく存在するからです。

全く見も知らない人から意味不明なメッセージが、それも大量に届くこともあります。iTunesカードを買ってほしいという明らかに詐欺なメッセージに遭遇することも珍しくありません。知り合いでも、公序良俗に反するようなメッセージが送られてくることがありますし、どこから撮影したのかわからない写真をタイムラインにアップロードされるようなことまで起きます。実際にこうしたLINEのユーザーは一定の数いることは確かなのです。

LINEの通報機能を活用すると?

f:id:rick1208:20190102184224p:plain
悪質なユーザーと接触した場合、迷うことなく通報することがポイントです。

LINEで通報すると、対象のユーザーを通報する理由を入力しなければいけません。「スパム/宣伝目的」「異性交際/出会い目的」「迷惑行為」「その他」の4項目から選択すればいいだけになっていますので、該当する情報を送信しましょう。

送られた通報の情報を元に、LINEの運営が調査をおこないます。ユーザーのトークやタイムラインの履歴といったことが調査され、問題と判断されたときには、アカウントの一時利用停止措置から始まり、アカウントの凍結といった思い処置までおこなわれます。仮に通報したとしても、その相手に「誰が通報したのか」といった情報は絶対にバレません。

通報した側のアカウントに対する調査もおこなわれませんので、安心して利用ができます。

通報しても処置が確定しおこなわれるまで、対象のユーザーからメッセージは届きます。タイムラインも表示されますので、不快な場合には、通報と同時にブロックしてしまうのが得策です。

LINEで通報される側になったら

f:id:rick1208:20190102184235p:plain
LINEで通報されると、運営の判断によって自分のアカウントのトーク・タイムラインの履歴を調査します。悪質な行為がなければ、なんら措置は行われません。嫌がらせで通報されるようなこともありますが、安心して使えるでしょう。

だからといって、悪質行為があった場合には、アカウントの一時利用停止措置やアカウントの凍結がおこなわれる点に違いはありません。あくまでも悪質な行為が確認されて認められたらおこなわれます。

一時利用停止措置の場合、一定期間で再使用できるようになります。しかし、凍結となれば、LINEは使えなくなるほど重い処置になるのです。電話番号で登録していると、復帰することは難しいと思わなければいけません。

LINEの通報の仕方は?

LINEの各画面から、通報は行えるようになっています。各画面ごとに通報の仕方を見てみましょう。

ホーム画面から通報

一番利用する可能性が高い場面ですが、通報したい相手のホーム画面の右上のメニューボタンから始めていきましょう。


f:id:rick1208:20190104151145p:plain

画面中央に通報ボタンが表示されますので、タップします。


f:id:rick1208:20190104151335p:plain

「スパム/宣伝目的」「異性交際/出会い目的」「迷惑行為」「その他」の4項目が表示されますので、相手から受けたもので該当するものを選び、「同意して送信」をタップすればおしまいです。


f:id:rick1208:20190104151346p:plain

トーク画面から通報

悪質な行為をされやすいのがトーク画面ですが、すぐに通報ができます。右上のメニューボタンをタップしたら、メニューの中の「トーク設定」を選びましょう。


f:id:rick1208:20190104151401p:plain


トーク設定のメニューが表示されたら、画面一番下の「通報」をタップします。


f:id:rick1208:20190104151514p:plain

これまでと同様に通報理由を4項目の中から選択して、「同意して送信」をタップすれば通報できます。

f:id:rick1208:20190104151549p:plain


タイムラインから通報

タイムラインも悪質な行為を受けやすい場所ですので、通報することができます。

通報したいタイムラインの投稿を見ると、右上にあるメニューボタンがあります。タップするとメニューの中に「通報」がありますのでタップしましょう。


f:id:rick1208:20190104151600p:plain


通報理由を同じように選択して、「同意して送信」をタップすれば終わりです。

f:id:rick1208:20190104151610p:plain

仮に間違って通報したら?

LINEを使っているときに、間違って友だちを通報したということも、まったくない話しではありません。

大事な問題点として、悪質な行為がなければ、LINEの運営側は、何ら処置をすることがありませんので、心配はいらないでしょう。

通報ということ自体、だれがおこなったのかを運営は開示しません。特に気にすることはありませんし、自分が間違って通報された対象となっても心配はいらないでしょう。

ただし、通報されたら処置の対象になるようなメッセージを送っていたり、タイムライン投稿があったりするのであれば、アカウントの一時停止や凍結もありえます。

まとめ

f:id:rick1208:20190102184211p:plain
LINEで通報をすることは、いったいどんな意味があるのか、使い方も簡単だったはずです。

通報機能は、悪質なユーザーに出会ってしまったとき使う方法です。通報することで該当ユーザーを運営が調査するところが大きな意味を持つ機能となるでしょう。調査の結果によって悪質なユーザーとなればアカウントの一時利用停止か凍結といった処置がおこなわれるからです。悪質なユーザーにあってしまったら、即座に通報してブロックすることが一番安全かつ快適にLINEを使う方法になるでしょう。

仮にいたずらで自分のアカウントが通報されたとしても、利用規約に反していなければ、何も心配はいりません。調査されても何ら処置を受けることがないのですから、安心して使っていきましょう。