漫画の地球儀

gmailでメールが届かない時の対処法!【エラーメール、送信エラー、迷惑メールフォルダー、メールアドレス】

スポンサーリンク

gmailを送信しても、相手に届かなければメールの意味がありません。そんな経験をしたことが1度ぐらいはあるでしょう。出したメールが届かなければ、コミュニケーションをとることができず、ビジネスにも影響します。そんなgmailが届かないときにどうしたらいいのか、原因や対処法を覚えておくことが必要です。
f:id:rick1208:20190104111017p:plain

gmailが届かない状況

gmailを使ってメールを出したのにもかかわらず「相手にメールが届いていない」、そんな状況になれば大問題です。

メールを送っても受け取ってもらえなければ、それ以上のコミュニケーションが取れません。ビジネスだけではなく、プライベートでも困った状態になると思います。

メールが届かないといっても、原因は複数考えられます。エラーメールが返ってきたとしても、その内容を理解するのは難しく、英語の文面もストレスをためる原因になります。

gmailが届かないときに考えられる原因と対処法

gmailが届かない状態は、いくつかの原因が考えられます。

メールの送信自体ができていない

f:id:rick1208:20190104110946p:plain
gmailでメールを送信しようと思っても、送信エラーが出てしまい遅れないときには、送信先のメールアドレスがあっているかどうかを確認しましょう。

メールアドレスが正しくなければ、メールは送ることができません。メールアドレスがキャリアメール(ドコモやauソフトバンクといった携帯電話会社のメールアドレス)の場合、アドレスにドットが入っていることに気がつかないケースも出てきます。「○○.@docomo.ne.jp」のような例がキャリアメールにはあるのです。

本来、Eメールはルールが決められています。「@」の前には「.」を入れることはできません。ところが古いキャリアメールの場合、ルールを無視してメールアドレスが取得できました。当然ですが、現在はルールを無視して取得することはできません。

今では取得できないメールアドレス宛に送る場合には、「@」の前のアドレス部分を「""(ダブルクォーテーション)」で囲みます。

「"○○."@docomo.ne.jp」

この形にすれば送ることができますが、Web版のGmailでしか利用はできません。スマホのアプリ版は使用自体ができないため、注意が必要です。

メール送信はできても届かない

f:id:rick1208:20190104121939p:plain
送信エラーもなくメールを送信したのにかかわらず、相手に届かない場合には相手のgmail環境が原因の可能性が出てきます。

迷惑メールフォルダーに入れてしまうパターンで、相手のアドレス帳にこちらのメールアドレスが登録されておらず、迷惑メールだとgmailが独自に判断してしまうパターンです。

f:id:rick1208:20190104121812p:plain


メールに添付ファイルがある場合に、受信を拒否するケースがあります。gmailの自衛方法ですが、文章自体やリンクにも問題があって拒否してしまうことがあるのです。

届いていないことがわかったときの対処法は、メールを送った相手に確認してもらうのが一番です。迷惑メールフォルダに入っているかどうかを確認してもらい、メールアドレスをアドレス帳に登録してもらいます。

相手の電話を知らなければできない方法ですが、初めての時には必ず別の方法で届いているかどうかを確認すればいいでしょう。メールが届かないという行き違いは、確認を取らないと判断もできないからです。

メールの送信はできてもエラーメールで戻ってくる

gmailメールの場合、メールを送信してすぐに英語のメールが返ってくることがあります。これも一度は経験するところでしょう。

英語のメールの正体はエラーメールと呼ばれるもので、送信エラーで自分のところに戻ってきたメールです。エラーメールが戻ってくるケースは、大きく分けて3つあります。

メールアドレスが間違っている

メールアドレスが間違っている場合には、メール内の文章を見ると”unknown user””Host unknown”と文章が書かれています。

”unknown user”として返ってきた場合には、@より前の部分で間違いがあります。”Host unknown”では、@の後ろが間違っている可能性が出てくるため、メールアドレスを確認して修正しメールを送りなおしてみるのが大切です。

メールが受信拒否されている

自分のメールが受信拒否になっていると、相手には届くことがなく、エラーメールとして戻ってきます。

メールの送信先によって違いがありますが、携帯電話なら初期設定として、PCからのメールを受け取らないようにしている場合もあります。相手に電話など別の手段で確認して設定を受信できるように変えてもらうしか方法はありません。

容量の大きすぎる添付ファイル

gmailにも添付ファイルが使えますが、容量には上限が設定されています。送信できるファイルのサイズは最大25MBになっているのは注意しなければいけません。

容量を超えた場合、メールを送信したても”Message size exceeds fixed limit””Message size exceeds maximum value”というエラーメールで戻ってきます。

添付ファイルとしてそのままでは送れませんので、分割して容量を下げて送信するか、外部のファイル共有サービスを使ってみるといった方法になります。

まとめ

f:id:rick1208:20190104122213p:plain
gmailが届かなかったり受信できなかったりするのは、原因もありますし、適応する対処方法もはっきりとしています。

送信したメールが届かない状況は、困るだけでは済まないことも出てきます。エラーメールなどのヒントもうまく活用すれば、原因の特定はそこまで難しくありません。メールで困った状況になったときには、解説したような対処方法を試してみるといいと思います。