漫画の地球儀

Twitterのエンゲージメントの見方!【意味、ツイートアクティビティ、グラフ、SNS、インプレッション】

スポンサーリンク

Twitterのエンゲージメントは、利用しているときに使われる言葉のひとつです。自分のツイートを他のユーザーが興味を持ってくれているのかどうか、エンゲージメントを見ればわかるようになります。そんなエンゲージメントの使い方を覚えてみましょう。

f:id:rick1208:20190101095129p:plain

Twitterのエンゲージメントってなに?

Twitterfacebookを含め、SNSでエンゲージメントという言葉を良く使うようになりました。

エンゲージメントを英語にすると、engagementになります。意味は、予約・約束といったところです。

マーケディング用語としても使われますが、企業と顧客の結びつきとして使われることがあります。企業と消費者の関係性といった意味の専門用語としても使われてきた言葉です。

Twitterの場合には、関係性の部分で「つぶやきを見たユーザーがそのつぶやきに対して何のアクションをしたのか」という意味で使われます。

アクションとしては、Twitterではリプライ・いいね・リツイート・メディアをクリック・リンクのクリック・詳細のクリック・ユーザープロフィールのクリックといったところがあげられるでしょう。アクションがおこなうと、投稿に対するエンゲージメント総数が増えることになります。

総数というところからも、エンゲージメントは、つぶやきに対してどれぐらい興味を持ったのかを判断するための指標として使えることになるのです。

投稿のエンゲージメント総数が増えると、自分のつぶやきに対して、どれほどの愛着を持ってもらえたのか、ユーザー数を判断できる便利な機能になります。

エンゲージメントを調べるときはどんな状態なのか考えてみましょう。

写真を撮ってアップした時のツイートに対してエンゲージメントを調べています。インプレッション数が227に対しエンゲージメント総数が41です。反応がそれなりにあります。

f:id:rick1208:20190103185500p:plain



エンゲージメント総数をインプレッションで割ってみると、エンゲージメント率が出てきます。このツイートの場合には、エンゲージメント率が約18%です。エンゲージメント率としてみると、決して大きくはありませんが、興味を持ってくれているユーザーの割合がよくわかる数値といえます。

Twitterのエンゲージメントをどうやって見るのか

Twitterのエンゲージメントを見る方法をやっていきましょう。

Twitter上でエンゲージメントを調べたいときには、エンゲージメントを知りたいつぶやき下部のボタンの中で一番右側にある「ツイートアクティビティを表示」を押します。




ツイートアクティビティが開いたら、簡単に投稿のエンゲージメントがわかるようになったはずです。



・インプレッションは「このツイートをTwitterのユーザーが見た回数」
・エンゲージメント総数は「ツイートに対してユーザーが反応した回数」
・メディアのエンゲージメントは「ツイートの中に張られている写真やビデオに対するクリック数」
・リンクのクリック数は「ツイートの中で張ったリンクをユーザーがクリックした回数」
・いいね・リツイート・返信は「ユーザーがおこなった各アクションの回数」
・プロフィールのクリック数は「名前・@ユーザー名・プロフィール画像といったリンクに対するクリック回数」
を意味しています。

ツイートの中には、これだけの情報が記録されていることを知れば、エンゲージメントを解析するとどんなツイートが喜ばれたのかなど、面白い情報が見えてくるでしょう。

もっと詳細なエンゲージメントを知りたいときには、ホーム右上のプロフィールアイコンからメニューの「アナリティクス」を開きます。

アナリティクスが表示されますが、ここから直近のツイートの反応がわかるのです。画面下部には「全てのツイートアクティビティを表示」がありますので、クリックしましょう。

過去28日間で自分がしたツイートに対するツイートアクティビティがわかります。画面上部を見るとグラフもありますが、青いグラフがその日のインプレッション数の合計で灰色のグラフがツイート数となるため判断もしやすいです。

f:id:rick1208:20190103185721p:plain



画面下部を見ると、直近のツイートに対するインプレッション・エンゲージメント・エンゲージメント率の情報が表示されます。

左上のメニューで「トップツイート」にすれば、過去28日間で最も多くインプレッションがあった順番にツイートが表示されます。「ツイートと返信」からは、リプライを含めたツイート情報もわかるため利用しやすいです。


f:id:rick1208:20190103185749p:plain

画面の右側には、グラフとして過去28日間のエンゲージメント総数が表示さます。上からエンゲージメント率・リンクのクリック数・リツイート・いいね・返信になるため、見かたを覚えておけば視覚的に判断できます。


f:id:rick1208:20190103185804p:plain

Twitter以外のSNSにもエンゲージメントがある?

エンゲージメントの意味を考えれば、Twitter以外のSNSにおいても重要視される情報です。facebookInstagram・LINE・YouTubeでもユーザー情報としてわかるようになっています。

TwitterfacebookInstagramのエンゲージメントは、似ている項目があることから近いものとして判断できますが、YouTubeは少し異なります。チャンネル登録や再生リストに追加された動画数、共有数といったこともわかるため、ユニークなエンゲージメント項目が並んでいるのです。

まとめ

f:id:rick1208:20190101095146p:plain
Twitterのエンゲージメントはかなり大切な数値なのがわかると思います。

簡単に解説すれば「自分のツイートが他のユーザーにとってどれほど興味を覚えるものだったのか」ということです。数字として正確に表れてくるため、分かりやすいだけではなく、面白い機能です。


特に企業やビジネスに活用している場合には、かなり重要な意味を持ってくる数字です。

広告媒体としてTwitterfacebookで情報発信するときに、消費者側のアプローチがエンゲージメントになるのです。大事なマーケディング指標まのです。

エンゲージメントを見るのはワンクリックです。簡単にわかるのですから、反響を気にしない人でも、機械があれば見てみるととても興味深い数字が出てくると思います。