漫画の地球儀

Twitterのおすすめユーザーを非表示にする方法!【ブロック、足跡、IPアドレス、ツイート】

スポンサーリンク

Twitterには、「おすすめユーザー」の表示機能があります。

この機能は自分にぴったり合うユーザーが見つけやすい反面、画面が見づらくなるからいらないものと思われていることもあるようです。

そこで、今回はおすすめユーザーを非表示設定にする方法があるのか、また表示数を増やすことができるのかを調べてみました。
これらを知って、よりTwitterを楽しく有意義に使いましょう

そもそもTwitterの「おすすめユーザー」機能って何なの?

f:id:rick1208:20190101095129p:plain
Twitterにはいろいろな機能があります。

その中のひとつの「おすすめユーザー機能」とは、各ユーザーのTwitter内での情報をベースにして、そのユーザーに合いそうな他ユーザーを自動的に紹介するというものです。

この機能の便利な点は、わざわざ検索をしなくても自分に合うフォロワーがみつかりやすいというところです。


f:id:rick1208:20190102185149p:plain

しかし、このおすすめユーザー表示はTwitterプロフィール欄の下に大きく場所を取ってしまうので、画面が見づらくなって不便と思う人も中にはいます。

表示されるおすすめユーザーの判断基準やそのシステムってどうなっているの?

Twitterのおすすめユーザーは、各ユーザーによって表示されるタイプが全く異なります。

「人によって違うおすすめユーザーって、いったいどんな風に選ばれているの?」という疑問を持ったことがある人も、少なくはないでしょう。


おすすめユーザーを選ぶ基準やシステムは、きちんとしたベースがあります。
各ユーザーのTwitterの利用方法によって、表示されるおすすめユーザーのパターンは決まっているんですよ。

ツイートの中によく出てくる言葉を判断基準にしている

Twitterでつぶやかれたツイートは、いろいろな内容があると思います。

各ユーザーのツイートの中でよく使われる言葉を集計して、そこからその言葉にちなむユーザーを「おすすめ」として表示しているケースが多いんです。


例えば、カフェ関係のツイートが多い場合は、最近話題のカフェのアカウントが表示されます。
また、もし趣味関係でつながっているフォロワーが多い場合は、その同じ趣味を持つユーザーがおすすめとして表示されます。

プロフィール欄で趣味を表記しているユーザーはたくさんいますし、同じ趣味のつながりを探している人たちにとって、おすすめユーザー機能は役立つものでしょう♪

足跡を残したユーザーが表示されることもある!

f:id:rick1208:20190101095146p:plain
mixiに代表されるような閲覧記録・「足跡機能」によって、おすすめユーザーが選ばれていることもあります。

Twitterではユーザー側からは足跡は見ることができませんが、運営側のサーバーには足跡情報があります。

ですので、一度でもそのユーザーのページを見たときには足跡として情報が残っており、おすすめユーザーの一覧に表示されることがあるんです。

IPアドレスが同じユーザーも表示されてしまう?!

利用しているインターネット回線ごとに付けられる番号のことを、「IPアドレス」と呼びます。

オフィスなどでインターネットを使用するときは、みんな同じIPアドレスを使っているということになります。

実は、IPアドレスをオフィスや家などで複数人で共有している時には、その同じIPアドレスを利用している人がおすすめユーザーとして表示される事があるんです。


プライベートでTwitterを使っている時に、自分の同僚などとはつながりを持ちたくないものですので、これはどうにかして欲しいですね。

もしその人たちのページを覗いてしまうと足跡が残ってしまい、向こうにもおすすめユーザーとしてこちらの情報が表示されてしまう心配もあります。

おすすめユーザー情報の表示を消す方法って?

Twitter上のおすすめユーザーは、タイムライン内ではなく自身のプロフィール欄の下に表示されます。

誰でも必ずこれは表示されているものですが、画面上で邪魔なので表示を消したいと思う人も少なくはありません。


しかし、おすすめユーザー情報を完全に非表示にする方法は、今のところないんです…。


面倒ですが、おすすめユーザーひとりひとりのプロフィールページにいき、「ブロック」する方法しか今のところないようです。

そのユーザーのプロフィールページの歯車のアイコンを押し、「(名前)さんをブロックする」を選択すればブロック設定はできますが、よく考えて行ってくださいね。
f:id:rick1208:20190102185408p:plain



ブロックしてしまえば、そのユーザーは鍵アカウントとなってしまうので、一切あなたとつながりを持てなくなります。

ブロックしたユーザーは、おすすめユーザーには表示されなくなっています。
しかしまた別のユーザーが表示されてしまうので、結局またブロック設定の繰り返しとなってしまいます。


もしブロック設定をやめたくなった時には、歯車アイコンから同じページに飛びますので、「取り消す」を選択してください。

f:id:rick1208:20190102185432p:plain


Twitterのおすすめユーザーをもっとたくさん見たい時には?

f:id:rick1208:20181217080216p:plain
最後に、今までご紹介した内容とは反対に、おすすめユーザーをもっと知ってつながりを広げたい人たちのために、おすすめユーザーを見る方法をご紹介しましょう


プロフィール画面の下に表示されているおすすめユーザーは、Twitter側が判断したあなたにぴったり合うユーザーの上位3人となっています。

もっと他にどんなおすすめユーザーがいるのか知りたい場合、「おすすめをもっと見る」という項目を選択してくださいね。

この項目を選ぶことで、より多くのユーザー情報が一覧で現れます。
ユーザーは17人までページに表示され、ページ上部分に行けば行くほどおすすめ度が高いです。


この機能をうまく利用して、Twitterの交流の輪を広げていくのも良いですよね♪

まとめ

f:id:rick1208:20181217081050p:plain
Twitterのおすすめユーザーの情報は、現段階では完全に消去することはできません。

もし表示させたくないユーザーがいる場合はブロックするということが、現在できる唯一の対応です。
ブロックして良い相手かどうかをしっかり考えてから、この措置をとってくださいね。
ただしひとりをブロックしても、別のユーザーがおすすめ表示されていまいますよ!


画面上は邪魔にもなりうるおすすめユーザー機能ですが、使い方次第ではよりTwitterを有益に使うこともできますので、上手に使うことも考えてみてください