漫画の地球儀

Twitterの文字数オーバーしたらどうなるのか?【140文字、理由、アプリ、PCブラウザ版】

スポンサーリンク

140文字で制限されていることは、Twitterでは有名なことでしょう。年々仕様も変化してきたTwitterですが、文字数制限の140文字は相変わらず変わっていません。文字数制限がかかっているわけやオーバーした時にどうなるのかは、Twitterを利用するなら知っておきたいところ。

f:id:rick1208:20190101095129p:plain

Twitterで掛けられ続ける文字数制限

Twitterでつぶやくときに、「文字数オーバー」にかかるのは、だれでも経験するところです。このエラーメッセージは定番です。

文字数オーバーのエラーの原因は、Twitterに課せられた文字数制限があるからです。

Twitterがスタートしたときには、文字数制限はなかったといわれています。文字数制限が掛けられるようになったのには、Twitterの生まれた場所も理由のひとつです。

140文字の根拠はどこにあるのか

f:id:rick1208:20190101095146p:plain
ツイートに140文字の制限が掛けられたのは理由がありました。

Twitterのサービスは、御存じのようにアメリカで生まれて世界に広がっていきました。このアメリカが重要なキーワードになってきます。

アメリカも含めてですが、Twitterがスタートした当時、利用者の多かった国ではSMS(ショートメッセージサービス )でTwitterが利用されていたのです。SMSがポイントですが、実は160文字の文字数制限がありました。


当然ですが、SMSでTwitterのつぶやきを受信すれば、160文字の制限までしか1回に使えません。超えた分は分割するしかなかったのです。長文はとても読みにくくなるのは容易に想像がつきます。

SMSの大きな問題は、文字数で使用料金がかかっていたことです。Twitterでもヘビーな使い方をするユーザーは、SMS使用料金が高騰してしまうことも珍しくなく、運営トラブルも発生していました。

ここで問題になるのは、SMSの文字数制限が160文字だったことです。

テキスト・メッセージの生みの親と呼ばれている「Friedhelm Hillebrand」が画像の人物ですが、160文字あれば意味が通じる文章を送れることを発見しました。当時のSMS規格委員会が実際に調査すると葉書も150文字程度であるのが判明したのです。

多くのSMSが160文字の文字数制限を掛けたのも当然の流れです。

Twitterも160文字制限に合わせていきます。その中でも20文字はユーザー名に使い、140文字をつぶやきとして領域を確保しているのが特徴です。

なんでこんな少ないのかと思うかもしれませんが、140文字は理想的な文字数として考えられたといえるでしょう。もちろん、英語での文字数制限が現在のTwitterで生きているわけですが、日本語でも1文字扱いになっているところも重要です。

漢字まで使える日本語は、少ない文字でも多くの意味を伝えることができるため、あまり窮屈な思いもしていないと思います。

Twitterで文字数オーバーしたらどうなるのか?

f:id:rick1208:20190101095129p:plain
Twitterでつぶやくときには、140文字をオーバーするのは、そうそうないでしょう。それでも、実際に140文字制限にぶつかることはゼロではありません。140文字を超えた場合にはどうなるのか、実際にPCブラウザ版で長文を打ちました。

画像の通りの答えですが、ツイートボタンの左を見ると、表示されている入力可能文字数が赤文字でわかりやすくマイナスになります。

入力欄の文章を見てみると、140文字の制限を超えたところからわかりやすく赤くマーキングされていきます。オーバーしたことがよりわかりやすく表示されているため、判断がしやすい。


f:id:rick1208:20190101100524p:plain

当然ですが、ツイートボタンはクリックできません。そのままでは投稿ができないようにブロックされています。

制限を超えて文字数を増やす方法はあるのか

Twitterの公式からも140文字制限は緩和する方向になっていることがわかります。

f:id:rick1208:20190101100812p:plain

ツイートには画像及び動画のリンクもつけられるようになっていますし、リプライの時のユーザー名やハッシュタグも140文字の対象になっていません。

つまり、ツイートの140文字制限をさらに拡大してきているということです。

使っていると140文字じゃきついというユーザーもいるのは確かです。

制限がかかる中でも、つぶやきの文字数を増やす方法も考えていかなければいけない。

解決方法のひとつは略語を利用することです。「今、ファミレスで昼ごはんを食べています」なら、略語を使うとかなり短くなります。「ファミレスで昼食なう」で通じてしまうのですから、かなり短い。

「なう」は、英語の「now(今)」からきていますが、以前からSNSで使われてきたことから、ひらがなでも十分に通じます。

なうを使わない前者と比べると、半分近くに抑えることができます。略語を入れて文章を作るだけでも、かなり多くの文字を利用できるようになるのですから、Twitterを使うために重要なテクニックです。

略語を使えないときや、使いにくい長文も出てくることもあると思います。

そんな時には、「Twitterの文字数制限以上に長文をつぶやきたい時に使うアプリ」がおすすめです。このサービスを利用すると、140文字以上の長文を打てるようになるからです。ツイートボタンを押すと、文章へのリンクが載ったツイートがつぶやかれるため、直接ツイートされませんが、長文を打つことができます。

どうしても長文にしなければいけないときには、アプリとして利用してみてもいいとおもいます。

まとめ

Twitterに140文字制限がある理由を知ってみると、これまでとは違った見方ができるはずです。

SMS文化のアメリカで生まれたTwitterが影響を受けていったのは当然のことで、それも合理的な理由で制限がかかったことがわかれば、140文字制限に納得がいくはず。

それでも140文字以上欲しいというヘビーな人たちには、いろいろな工夫を凝らして利用してみるといいでしょう。Twitterは独自文化として発展したところもあるため、工夫してみるのも楽しい。