漫画の地球儀

chromeの自作のテーマの作成の仕方!【着せ替え、テーマ配布サイト、動物系、自然系。アニメ系】

スポンサーリンク

Chromeの持っているテーマ機能を使うと、ウィンドウや新規タブの背景をカスタマイズすることができます。カスタマイズ方法だけではなく、自分の好きな色や背景に変更するのに便利なテーマの配布サイトや自作でテーマを作る方法も覚えて自分好みに変えていきましょう。

そもそもChromeのテーマとはなにか?

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
多くの人が活用しているブラウザである「Google Chrome」には、テーマ機能があります。

テーマ機能を活用すると、Chromeを利用しているときのウィンドウや文字といったことの色を変更したり、背景を新しいタブに表示したりできます。

Chromeの初期設定を見ると、ウィンドウはグレーで背景は白になっているでしょう。シンプルな状態なのは確かですが、面白みには掛ける状態です。特別感は全くない状態で、カッコよさも可愛らしさもありません。

味気ない状態ですが、テーマ機能を使うことで好きなようにカスタマイズできるようになり、カッコよくも可愛らしくもChromeを変えていくことができます。自分の好きな色合いなどにChromeを着せ替えるところから始めましょう。

スマホChromeでもテーマは変えられる?

f:id:rick1208:20181231131250p:plain
Chromeスマホでも使えますが、テーマ機能に関してはPC用のブラウザ限定の機能になっています。まだスマホでは使うことができませんが、将来的にはできるかもしれません。

実際にChromeのテーマを変更する!

実際にPCのChromeのテーマを順番に見ながら変更してみましょう。

Chromeのテーマを変更してみる

簡単にできるのがChromeのテーマ変更です。いろいろなテーマも存在するため、Chromeウェブストアやテーマ配布サイトで見つけることができれば、好きなものをダウンロードして変更することができます。


いろいろなサイトがありますが、テーマ配布サイトの中でもおすすめなのは「ThemeBeta」です。

このサイトには、他のユーザーが作ったテーマがいろいろとありますので、好きなものをダウンロードすることで、自分のChromeのテーマを変更できます。

f:id:rick1208:20181231132724p:plain


テーマになるカテゴリーもいろいろとあり、動物系や自然系・アニメ系といった中から公開されているものを探してみると、こんなものもあるのかと思ってしまいます。


カテゴリーの中からテーマを探せるようになっているのが便利なところです。左のメニューのカテゴリーから探すことができますが、画面上部にも検索フォームがあるため、テーマ名を入力すると見つけられるようになっています。

自分のChromeに使いたいテーマがあったら、クリックすることで詳細ページに移動できます。テーマタイトルを見ると、右側には「Apply theme」のボタンがあるはずです。これをクリックすることで、ダウンロードしてインストールもスタートします。

f:id:rick1208:20181231132943p:plain


インストールが終われば、自分のChromeが適用したテーマに変更されているはずです。

新しいテーマと壁紙も、新しいタブを開くと適用されている状態を確認できるでしょう。


f:id:rick1208:20181231132957p:plain

Chromeに入れたテーマを削除する

インストールしたテーマがいつまでも使い続けたいと思うとは限りません。削除してデフォルトに戻したいと思うときもあるでしょう。この方法も簡単です。Chromeの画面右上にあるメニューボタンをクリックするとメニューが表示されたら「設定」をクリックします。


f:id:rick1208:20181231133032p:plain

設定の中にある「デザイン」の項目を見ると、現在使っているテーマ名が表示されているはずです。

テーマ名の右側には「デフォルトに戻す」ボタンが表示されているはずですので、クリックするだけです。

f:id:rick1208:20181231133305p:plain


インストールより簡単にChromeのテーマをデフォルトに戻すことができます。


f:id:rick1208:20181231133440p:plain

自作したテーマを使ってChromeをカスタマイズ!

配布サイトやウェブストアでChromeのテーマを見つけようと思っても、自分には合わないと思うことも、もっと違うものが欲しいと感じることもあるでしょう。自分で好きなようにカスタマイズして使っていくこともChromeのテーマではできます。

Chromeに備わっている拡張機能やテーマ配布サイトで作成機能が公開されているため、うまく使っていけば自作テーマも難しくありません。

配布サイトである「ThemeBeta」にもテーマ作成ができるようにサービスが展開されていますので、自作してみましょう。

THEME CREATORを利用する

ThemeBetaの左メニューの一番上を見てみると「THEME CREATOR」を見つけることができるでしょう。まずはこのボタンをクリックします。

f:id:rick1208:20181231133505p:plain

THEME CREATORのページに移動したら、左のメニューに背景や配色があることがわかります。右側にはプレビューがあるため、自分で選んだものを確認できる配置です。

f:id:rick1208:20181231133542p:plain

背景を選択

メニューの中の「Upload an Image」ボタンをクリックすれば、ファイルをアップロードできるようになっています。PC内のファイルが表示されたら、画像や写真をアップロードすることで背景に指定できるのです。

f:id:rick1208:20181231133602p:plain


アップロードした画像も配置がどのようになるのか、プレビューが見られるようになっているため、イメージをつかむことができるでしょう。

配置の方法も画面下部にメニューがあるため、ここからいろいろな方法を選択できます。自分の好みの配置を見つけて調整していくといいでしょう。

f:id:rick1208:20181231133654p:plain

配色も大切

テーマでは色が大切ですが、「Generate Colors」ボタンをクリックするだけでアップロードした画像などを判別して、ステータスバーやタブに自動的に色が配色されるようになっています。

この配色も気に入らないことがあるでしょう。そんな時には、自分で色を決めるために、「Colors」タブから選んでいきましょう。これで色を決められます。


f:id:rick1208:20181231133704p:plain
自分で作ったテーマのインストール

色をどうするか決まったら「Basic」タブに戻ります。「Pack and Install」ボタンがありますので、クリックしてインストールしていきましょう。これで自作のテーマを適用できます。

アカウントをThemeBetaに登録しておくと、他の作品と同様に「Save Online」で配布できます。自分でお気に入りのテーマをデザインできたときには、公開してみるのもいいと思います。

f:id:rick1208:20181231133716p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20181231131300p:plain
Chromeのテーマを着せ替えしてみると、自作のテーマを含め、かなり感じが変わってくるのを実感できたのではないでしょうか。

Chromeのデフォルトテーマは、味気ないグレー&ホワイトなのが面白みのない点です。テーマの着せ替えがわかると、どんどんと自分好みの配色にしながら、お気に入りのブラウザに変更できる。好きなテーマを探すのも楽しいですし、オリジナルのテーマを作ってカスタマイズしてみるのもいいと思います。