漫画の地球儀

中古のPS4を買うより新品を買ったほうが良い!!【理由、お得、保証期間、長持ち】

スポンサーリンク

PS4を買うとき、新品か中古品のどちらにするか迷われている人もいることでしょう。
中古品には、さらに未使用・使用済みいう2つの選択肢がありますね。

ゲーム機器を購入するとき、いろいろな考え方があると思います
でも私の場合、たとえ未使用であったとしても中古品は買わないことにしています。


どうして新品のPS4を購入したほうが良いと思うのか、その理由をご説明していこうと思います♪

据置型のゲーム機器はすぐに買い替えたりはしない

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01) お好きなダウンロードソフト2本セット(配信)


ゲームソフトは買ったあとしばらくプレイして、飽きたらリサイクル店に買い取ってもらったりします。
ですので、数ヶ月で手放すことも少なくはありませんよね。


一方で、ゲーム機器自体はどうでしょうか?
1年も経たずに新しく買い替えたりすることは、あんまりしませんよね。

ゲーム機器はきちんと扱えば長く使用できる!

初代PS2が発売されたとき、私はその発売日初日に並んで買ったものです。
そのあとずっと故障といったトラブルはなく、新しく薄型が登場するまで長く遊んでいました。

PS3も同様に新しい型が登場するまで何のトラブルも起きませんでした。

これらの経験上、ゲーム機器は初期不良や落としたり埃まみれにするなどの乱暴な取り扱いをしない限りは長持ちすると、私は思います。

中古品の良し悪しは以前の持ち主の扱い方次第

f:id:rick1208:20181226115409p:plain

ちょっとやそっとで壊れないPS4も、中古品となると途端に怪しくなってしまいます。

以前の持ち主がどれくらいの間使っていたかわかりませんし、大切に扱っていなかったということだって考えられます。

PS4の以前の持ち主がどんな扱いをしていたかわからない…

自分の手元にやってくる前の中古品のPS4は、いったいどんな風に扱われていたかわかりませんよね。

保存状況が良くなかったり、うっかり本体を落としてしまって後にトラブルの原因となりかねないダメージが与えられている可能性もあります。

ですので、店頭に並ぶ前にお店側でチェック・掃除をしているにしても、今までの衝撃や埃等の積み重ねが思わぬ問題が後で発生することはありえます。


「買ったばっかりなのに、もうPS4の調子が悪い!」
…なんてことになってしまったら、もったいないですよね!

PS4についている付属品の調子が悪くなっているかも…!

本体は美品でも、電源ケーブルデュアルショック4などの付属品にダメージがあるケースだってありえます。

付属品は、案外ぞんざいな扱いを受けていることが多いものです。

トリガーやコントローラーボタンの調子が悪かったり、ヨードが汚れている…なんて嫌ですよね。
特にコントローラーに関しては消耗品のようなものなので、誰かがすでに使ったものを使ってもすぐ壊れそうで、ちょっと不安な気もします。

以前の持ち主のPS4の使い方次第では自分自身のPSNのアカウントが使えなくなる危険性も!

中古品のプレステ3を購入した人で、こんなトラブルに見舞われたこともいます。

「以前の持ち主が不正な行為を行っていたため、購入者が自分のアカウントでログインした途端にBANされてしまった…。」

ネットでも話題に登っていたので、知っている人もいるかもしれません。


もしもこのような事態が起こってアカウントが使えなくなってしまったら、過去にダウンロードしたゲーム等の情報まで消されてしまいます。
これはPS4でも起こりうる問題です。


数千円程度安い中古品を買って数万円の損害を出してしまったら、元も子もありません。

中古品は、以前の持ち主がどんな風に使っていたかわかりませんので、新品を買っておいたほうが確実に安全といえるでしょう!

未使用状態の中古品ならば問題ないのか?

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2200AB02) お好きなダウンロードソフト2本セット(配信)

誰がどんな扱いをしていたかわからない中古品は、すぐに壊れる可能性がある…。
BANされる可能性だってある…。


「じゃあ、未使用や未開封の中古品だったら問題はないんじゃないの?」
…という意見も聞こえてきそうです。

確かに、まだ使用されていないものだったら、買った時点で機器が壊れていた…なんていうトラブルはないでしょう。

でもやっぱり中古品である以上、オススメはできません!

旧型だったら、未使用・未開封でも不安要素はある

未使用の中古品でも、「旧型」は避けたておきたいものです。


私が持っているのは初期のPS4です。

これは電源ボタンやディスクの取り出しボタンが静電式となっています。
このタイプはいきなり電源がON状態になってしまったり、ディスクがプレイ中に吐き出されてしまうことがあるんです。

静電式に関する問題はカスタマーサポートに持って行って部品の交換や修理を頼むことも可能ですが、買ったばかりのゲーム機でしばらく遊べないのは困りますよね。
しかも有料の修理となると、結構出費してしまったりします。

旧型はこうしたトラブルを抱えていることもあるので、改良した新型の新品を購入することが、結局はコスト的に見てもベストと言えるでしょう。

実は未使用・未開封の中古品と新品の値段はほぼ同じ!

「バグがない比較的新型のPS4の未使用・未開封の中古品を購入すれば問題ないんじゃないの?」
…という声が聞こえてきそうです。

でも、それだと新品の新型PS4を購入するのとあまり値段は変わりません!

せいぜい1,000~2,000円くらいの差ですから、メーカー保証のある新品を買ったほうがいいと思いませんか?


ゲーム販売店の保証やメーカーの保証などがありますが、この「保証」というのは中古品と新品の大きな違いでもあります。

新品を購入する利点は「保証期間」があること!

新品を購入した時に付いてくる保証は、一定の期間内に破損をしてしまっても無料で直してもらえるので、とってもありがたいシステムですよね。

中古品には、この保証が存在しません。

つまり買ってすぐに壊れてしまっても、タダで修理してもらうことができないんです。
中には中古品でも保証期間があるゲーム販売店もありますが、それでも新品のSIE保証がダントツ優れているでしょう。

長く利用するPS4だからこそ、新しい商品を購入しよう!

高価だからこそ、新品のPS4を購入されることをオススメします。

新品と中古品の金額の差は数千円、あるいはもう少しあるかもしれませんが、長い目で見てみてください。
中古品を修理したり、買い替えを何度も繰り返していると、結局新品を購入するくらい…下手をするともっとお金がかかってしまうことだってあります。

それならば、やはり無料の保証期間が付いてくる新品のPS4を買った方が安心と思いませんか?

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01) お好きなダウンロードソフト2本セット(配信)